色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
心のデトックスの話
私はたまに「心」のデトックス効果なのか、
感情が噴き出して、コントロールできなくなります。
何年ぶりかに、久々にやってきました。
3年か4年ぶり位かな?

コントロールできなくなると言っても、
仕事はいつも通りしますし、他人に感情的になるわけでもなく
できるだけ、自分ひとりになれる状況を作り出してする、
自分一人の世界での話です。

私は石井ゆかりさんの占いが好きで、筋トレを読むのですが、
自分も宇宙の中の流れにのっているんだな~と感じることがあります。

今回も、星の逆行にぴったり合うように、
自分の意志とは関係なく
いきなり心が開いて、
全く意識になかった感情が次々飛び出してきて、
どれだけ自分の心をおざなりにしていたかと
はっと気づかされ、驚かされる・・・
本来のあるがままの自分を見せつけられました。

でも、こうなると・・・本当にしんどい。

崩壊して、再度組み立てなおす・・・感じ・・・

①最初は、いや私はそんな事ないと抗い、
 自分は大丈夫と言い聞かせる。
②崩れて涙が止まんなくなり、
 他人のせいにして怒りが爆発する。
③その後は孤独を実感し、
 自分が悪いんだと自分を責める。
④絶望的、厭世的な気持ちにはなり、
 自分が壊れる恐怖感に襲われる。
⑤混乱が落ち着いてきて、仕方ない、自分がどう思おうが、
 「なるようになる、ならないものはならない」と
 だったら今を生きるしかないと思う

以前ブログに書いた、悲しみの五段階で再生していくのですが、
以前経験があって絶望後必ず抜ける日がくると知っていても
「しんどいものはしんどい」「辛いものは辛い」です。

今は完全に抜けてはないので、
まだこの心境にはなってないのですが、抜けて忘れた頃
「雨上がり、晴れわたる」心境になっていることに気づきます。

でも、自分の思考や意識で、普段色んな感情を閉じ込めて
無視して、ないものにしているんだな~と痛感しました。

自分の生きる上での一番の「道しるべ」は、
きっと自分の心の内にあるのに、
こんなに心に蓋してたら、道に迷うよな~と思いました。

頭で考えて、するものではないので、
しようと思ってできるものではないですが、
もし、心が開こうとしていたら、怖いし辛いけど(笑)
登山じゃないけど、そのあとの景色は変わるので
デトックスできたらした方がいいですよ~と思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
生きる上で大切なことの話
真面目で良い人だとは思うけど、
思いやりや、誠意が感じられず、
心が籠ってないというか、気が利かないな~という人がいる。

仕事は、真面目で指示されたことはするんだけど・・・
友達づきあいでも、楽しいし、悪い人ではないんだけど・・・

真面目な良い人でも、周りから敬遠される人はいる。

相手の心に寄り添えず、空気がよめず、おせっかいな人。
結局は、相手への思いやりや気遣いの心がない自分本位な人。

他人に好かれる、評価される事は、別に重要なことではないし、
それよりも自分がどういう風に生きるのかが大切と思うが、
一生懸命好かれたいと努力しているのに、嫌われる人がいる。

きっと行動や言動の全ての焦点が自分にあって、
相手の事を慮ったり、相手の声を聞くこともなく
自分がしたい事をするから、押し付けがましいと思われ
有難がられないんだろうと思う。

この世は、自分が出したものが、まわり回って
自分に返ってくる世界だと私は思っている。
因果応報という言葉もあるが、
自分の起こる全ての現象の原因は、自分にある。

同じ行動をしても、どのような思いを籠めたかによって
返ってくるものは全く変わってくる。

そう単純でもないけど、そっくりそのまま返ってくるとしたら、
相手に心を籠めてしたら、人の優しさに触れる嬉しい出来事があったり、
自分の虚栄心を満たす為にしたら、誰かの虚栄心を満たすために
自分が利用されるような出来事が、今後起きるかもしれない。

喜怒哀楽の感情の中、
怒(怒り)と哀〔哀しみ)はネガティブと捉えられることが多く、
喜〔喜び)や楽(楽しさ)をポジティブで良いと思われることが多い。

でも人の一生は色んな出来事があり、いい時もあれば悪い事もあり、
ミスや失敗、後悔をするようなことをしてしまったりする。

私が他人からされて一番嬉しかったのは、怒ってもらった事だ。
私の事を思い、真摯に向き合い、怒ってくれる姿に、
深い愛情を感じて感動したことがある。

心の籠っていることは、どんなことでも相手に伝わり、
怒りはネガティブな感情ではないことを知ることにもなる。

先日テレビを見ていて、欧米の犯罪者の幼少期を調査した結果
ネグレクト(育児放棄)やDV(暴力や虐待)を受けていた人より、
甘やかされ続けて育った人の方が、圧倒的に多いという話をしていた。

「いいよ」「いいよ」とずっと言われ続け、思うがままだと
心が発達することなく、善悪の判断も出来なくなるのかと思った。
何をしても自分は許されると勘違いするのかもしれない。

大切なことを知ることは、とても重要なことだ。

人はどのような事をしたかという上辺の事柄や
どの位時間をかけたかという事を気にするが
本当は、どの位心を籠めたかが大切なことだと思う。

その心(気持ち)があれば、自ずと色んなことに気づき
気が利くようになるのではないかと思うし、
自分が求めなくとも、人からの評価はあがり、好かれると思う。

もし、相手がそれに気づかず、受け止めなかったとしても
それは陰徳となり、まわり回って自分に返ってくるだけ。

相手を思うちょっとした優しさが、気が利くことなんだと思う。

毎日の日常での、ちょっとした思いやりの積み重ね・・・
それが生きる上で、とても大切なことだと思う。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
終戦の日の話
今日は終戦の日ですね。

72年前に、戦争していたなんて・・・・
戦後50年の時も思いましたが、実感がわきません。

それでも、それが事実であり、多くの方が亡くなりました。
心よりご冥福をお祈り致します。

12日に全日空の羽田発、伊丹行きの飛行機が
緊急で引き返すという事態が起きました。

奇しくも1985年8月12日に起きた
日本航空123便墜落事故と同じ時間、同じルートで
その時間、遺族や関係者が33回忌の法要をされていたそうです。
「上を向いて歩こう」の坂本九さんも123便に搭乗されていました。

お盆は霊が帰ってくる時期です。
また霊界だけでなく、地獄の釜の蓋開けで、
お盆の時だけ地獄に落ちた亡者も帰ることを許されます。

此の世とあの世の距離が近くなる特殊な時期ともいえます。

毎年、海や川での事故やの報道もよくでますが、
水の近くにいくことや、交通に関しては注意が必要と思います。

終戦の日、戦争について考えます。
今世界情勢を見ると、危機を感じます。

72年前に戦争の中、多くの貴重な命を亡くし、
そして大きな犠牲を払い、大きな傷を受けたことを
経験していない平和ボケしている私たちは
もう一度真剣に考えて、平和が続くように、
この終戦の日に心より祈りたいと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
外見ばかりだと・・・・の話
外見ばかりを気にする人がいる。

10代の頃は男女とも、外見がいい人に心惹かれる事が多い。
20代の頃も、外見について気になる年頃だと思う。
30代は?
40代は?
50代は?
それ以上は?

何年か前に「美魔女」という言葉が作られ
そう呼ばれたい女性が、「アンチエイジング」に精を出していたが、
外見が美しくても中身がない人は、本当につまらない。

外見ばかりを見て、自分の性格や中身を見ようとせず
自分の才能を磨こうとか、何か学ぼうとかの努力もせず
他人への思いやりや、相手の為に役立ちたいという思いもなく
自分の生き方、考え方をしっかり持たず、周りに流され
他人から自分を認められたいと、自分の事ばかりで
他人の事などなんにも考えられない生き方をして
外見ばかりカッコつけてる、カッコ悪い人がいる。

若い時は、モテたり、チヤホヤされたり楽しく生きられても
ある程度の年齢を超えると、残念な人、痛い人と思われ
常識がないとか、頭悪いとか、いい歳して外見の事ばかりで
ダメな大人とバカにされてしまう

評価してもらいたくても、中身がないから評価は低く
特に聡明な人や、魅力のある人と仲良くなりたいと思っても
そういう人には相手にされない

20代に見える30代より、
20代に見える20代の方がいいに決まってるし、
外見ばかり気にして若作りして若い世代を意識している30代より、
思いやりがあって心豊かで、才能があったり
知性的でユーモアセンスのある30代の方が魅力的だと思う。

もちろん外見を保とうと努力することはいいけれど
そればかりだと、年を重ねるごとに
メッキがはがれるように、中身がないことがばれ
みっともないことになっていく。

また、年を重ねると顔に内面がにじみ出てくる
やさしい人は、やさしい顔に、
文句の多い人は、文句言いの顔に、
性格のいい人は、性格のいい顔に
意地悪な人は、意地悪な顔に・・・

顔の造作よりも、そのにじみ出る味に
魅力を感じるようにもなってくる。

でも外見ばかりを気にして、カッコつけてきた人は
その味がないけど、それは「自業自得」

今まで、真摯にその時その時の問題を受け止め
まじめに考えて、内面を磨く努力を怠ってきたから・・・

でも、外見ばかりを気にしている人の中で
自分の容姿だけでなく、自分の持ち物だったり、肩書きや
家族(夫や子供)も、外側ばかりを気にする人がいる。

家族の会社や学校の名前や肩書きなどは立派で、お金があっても、
内情はひどいもので、外と内に大きな差がある人もいる。

カッコばかりつけて、自分のことばかり考えて、
本質をないがしろにするから、うまくいかないし
相手から愛情も優しさももらえないし、運気も下がる。

私がそういう外側の事に興味ないからか
人には言えないと、内情や本音を吐露されることがあるが、
「周りからいくら幸せと思われていても、
本人が幸せを感じてないなら、それは不幸だろ~
だったら、幸せを感じたいなら変わる努力すればいいのに。」
と思うことがままある。

でも手放せないものがあるらしい。
色々あれやこれやとそういう時は理由を言ってるのを聞いても、
結局は自分のエゴと、カッコつけたい虚栄心と
楽して生きたいっていう「ずるさ」にしか思えない事が多い。

自分の人生、他人にどう思われるかなんか関係ない。
本当の事を知っているのは自分だけ。
マイナス貯金をすると、マイナスの出来事が返ってくるし
プラス貯金をすると、プラスの事が起こる。
自分をどれだけごまかしても、恐ろしいほどにきちんと精算される。

外ばかりを気にして、中身が薄い人ほどつまらないものはない。
メッキを塗り固めても、中身がないとほころびが出る。

どう生きるかは本人次第だから、好きなようにすればいい。

ただ、最近肉体年齢を聞いて話すと、あまりに幼稚な事を言われたり
若々しくいたい気持ちは別にいいけれど、
まだ10代、20代の方がしっかりしてるのでは?と思うほど
自分勝手で我儘な、中身が薄い大人がいて驚くことがある。

この肉体から離れ、違う世界にいく時に
魂や心が全然豊かになっていないのであれば、
幸せを感じることよりも、他人に評価されることを選んだ結果
何が自分に残っているかをまざまざと感じた時、
スカしてカッコつけるより、他人の評価に躍起になるより、
大切な事があったと、後悔しなければいいなと思う。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
価値観の話
昔、「1年生になったら、友達百人できるかな」の唄を聞いて、
学校に行く事が憂鬱になった事があります。

「友達」
その感じ方や数え方、その価値観や欲求などは、人それぞれだと思います。

友達の数が多いことを誇る人もいれば、
質を求め、数は要らないと思う人もいるし、
友達に価値を感じず、必要としないという人もいます。

「皆と仲良くしなさい。」って言葉は、本当に嫌いでした。
そんなことできるわけないじゃん!って思ってました。

人それぞれ合う合わないがあって当たり前なのに
皆と仲良くしなければならない・・・なんて・・・
それがストレスになり、その歪みが「いじめ」だったり、「劣等感」だったり、
自分の内の苦しみという形につながると思います。

必要以上に友達が欲っしている人に限って、
自分を押し殺して、他人に合わせようと媚びたり、承認欲求が強かったり、
相手への依存心が滲み出てしまい、相手に「重い」と思われて距離を置かれたり
自分の価値観や欲望を押し付けてしまい、辟易されて敬遠されることもあります。

そうなると、「媚びたり」「怒ったり」「すがったり」気を引くことに必死になり、
どんどん悪循環になっていき、孤独をもっと感じることにもなりかねません。

SNSを一生懸命している人の中に、友達の多さを誇る人もいますが
他人から、「それを友達と呼ぶ?」と失笑されてる人もいます。

反対に周りからは、多くの友達に囲まれているように見えるのに
本人は「友達が少ない」と言う人もいます。

他人が「正しい」「正しくない」と決めることでもなく
人によって、感じ方や価値観はそれぞれだと思います。

私は表面的にしか付き合えない人は、友達にはカウントしないし、
年を重ねるごとにどんどん切っていってます(笑)

時間には限りがあるから、本当に自分が腹を割って話せて居心地がいい人
自分が理解しようとしたり、理解してもらいたいと努力できる人、
本当に自分の好きな人じゃないと、大切な時間使えないよって思ってます。

「友達がいないことは悲しいこと、恥ずかしいこと」と思ってた頃より
「友達はいなくてもいい。」と知ってから、
ずっと人生が楽しく自由になったっていう人もいます。

何年も「笑っていいとも」の番組で「友達の輪」をつないだタモリさんが
引退後「友達なんていなくていいんだよ」と言われていました。
この言葉で助けられる人もいるだろうな~と何か思いました。

無意識に押し付けられてる価値観ってありますよね。
・友達は必要。
・お金は必要。
(多ければ多いほどよくて、優れているような風潮。)
・結婚をしなければいけない
・女なんだから~できなければいけない(母親は~であるべき)
・男は~でなければいけない(父親は~であるべき)
・働かなければならない
(できる人は〇、できない人は×っていう価値観)

でも、お金がたくさんあっても幸せじゃない人も
結婚や仕事をしていて、文句や不満ばかりの人もいます。

どれだけ人に羨ましがられたり、褒められても
自分の本当の価値観や欲望と
押し付けられている価値観が違っていたら
苦しくて、幸せを感じることはありません。

誰もが認められたい、愛されたいという気持ちはありますが、
自分が誰も認めてない、愛してないのに、
いくら求めても、ただの乞食で誰も与えてくれません。
自分の内に、それが満ち溢れる泉がある事に気づくしかありません。

自分にとっての幸せって何だろう
自分が気持ちいい、楽しいと思えることは何だろう
自分の好きなことは何だろう
どうなれば自分は満足なんだろう
ってことを改めて考えることは大切なことだと思います。

何歳であろうが、どんな状況であろうが・・・

他人の事を、ゴチャゴチャ考えたり責めたりする前に
もっと貪欲に、自分の心がどうなったら満足かを考えて
自分の心に向き合って、そして今何ができるかを考えて
一歩踏み出してみる勇気をもって、行動をしてみる。

情けは人の為ならずという言葉がありますが、
情けは他人ではなく、結局自分に跳ね返って自分の為になるように、
うらみや妬み、憎しみなどの負の思いを他人に向けると
結局自分に跳ね返って、誰よりも自分が苦しみます。

他人を不幸にしてやろうという思いの上に
自分の幸せはないということだけを間違えないように
自分の価値観を見直すことはとても大切なことです。

自分の幸せが、他人の幸せにつながっていく事になれば
本当にこんなにHAPPYな価値観と欲求はないと思いますが、
それまでに紆余曲折しながら、間違いながらも
自分の価値観に気づいていく過程は幸せなことです。

あなたがあなたらしく生きていたら、
誰がなんといおうと、それはとても幸せなことです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。




別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 | NEXT