FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
正食の話
もう9月なのに、暑い日が続きますね~。
暑い寒いも彼岸までと言いますが、来週お彼岸が過ぎたら秋らしくなるのでしょうか。

ここ数年貧血がひどくて、病院に通い鉄分を飲んでいて、
昨年からその原因の子宮筋腫の治療をはじめて
生理を止めるホルモン治療を1クールの半年間していました。

半年の治療後にMRIをとると、想像以上に子宮が肥大していて
筋腫の数も多く、また筋腫が出来ている場所も悪いため
生理の時に大出血して貧血になるということでオペをすすめられ
紹介状を書いてもらい総合病院を受診しました。

テレビでも紹介されるような婦人科が有名な病院だったのですが、
「子宮全摘のオペしかない。それも早期にした方がいい。」との所見でした。

今まで扁桃腺、盲腸のオペと、卵巣嚢腫で腹腔鏡のオペをした事があります。
扁桃腺と盲腸のオペは昔だったので、切除しても何の支障もないと言われましたが
その後その臓器の機能についての発見があり、不要な臓器はないと思いました。

友人知人でも子宮筋腫でオペした人がいて、楽になったという人もいて
生理の時の痛みとあまりの出血の多さ、その後の貧血の辛さを考えると
オペしかないのかな~と思っていた矢先に、知人と10年ぶり位に会った時に
食に関しての勉強会と料理実習を開催するという事で誘われたのです。

行ってみると、マクロビオティックの故大森英櫻先生に
師事されて40年の伊藤誠先生の勉強会でした。

正直私はマクロビオティックに対して不信感が強く、
昔知人がしていて、玄米さえ食べていたらOKの玄米信者で
その教え以外の食べ物は悪で、少し宗教的な感じを受けたのと
玄米食は私は合わなくて、言うと私に問題があるように言われ
窮屈な考え方で型にはめられそうで怖いと思ったのと
玄米以外にもすすめられたお茶や味噌なども全然美味しくなくて、
私には本当に合わないと思って二度とゴメンだと思っていました。

また、マクロビをしている人の独特な顔色や、
ガリガリに痩せた体も苦手で、自分はなりたくないという気持ちもありました。

伊藤先生の勉強会で、人には陽性、陰性の人がいてどちらも偏りはよくない
中庸が一番いい状態だから、中庸になるような正しい食事をすると
血液がきれいになり、その血液が全身の細胞に栄養を届けて健康になる。
正しい食事によって細胞に溜まった老廃物を排除して体質改善ができる、
病院は病気になるとその症状がでた臓器のみを切るが対処療法ではなく
体は全部つながっているのだからその原因を突き止めて根治治療が必要で
その人の体質によって正しい食事をすれば病気は改善されて健康になる話を聞き
料理実習のメニューはお好み焼きと野菜の天ぷらで、それがとても美味しく
えっ?玄米じゃなくてこれ食べていいの?と今までの観念が覆りました。

また伊藤先生の話の中で昔はなかった病気や人が増えたという話から
発達障害の話が出て、食事療法で改善された話をされていて
仕事でこの10年ほど発達障害の人がとても多く、その人達は
甘いカフェオレやミルクティーなどのペットボトル飲料をよく飲み
ファストフードが大好きで、会社の食事会では驚くほどに
好き嫌いが多く野菜はほぼ食べないという共通点があったので
発達障害の人の傾向や改善への変化の話が面白かったのです。

個人的に伊藤先生に相談してみたら?と言われて
マクロビは「玄米食べろ!」と言われると思ったけど
この先生は違うかも??と思い、相談したら
「あなたは玄米は食べたらダメだよ」って(笑)

私の病気と症状の話をして何を食べたらいいか聞くと
食べ物はお好み焼きやうどんや素麺などの麺類等、
お茶は飲むなら麦茶やウーロン茶、コーヒーもたまにはOK等
食べていい食事を詳細に教えてもらい、自分の想像とは全く違いました。

面白かったのが私にとって不要なものは「美味しくないでしょ」
必要な食べ物は「食べておいしく感じるでしょ」と言われたことです。

とりあえず3ヵ月は薦められた食事のみで生活してみようと思い
また手当の方法を教えてもらい(里芋とショウガを使った里芋パスタとか、
大根の葉っぱを干したものを煎じて腰湯に入る等)をして
今3ヵ月目ですが、体重は5キロほど落ちて何年も苦しんだ貧血もありません。

食べるものが限られて辛いかと思っていたのですが、
正しい製法で作られた塩や味噌は美味しくて、
レシピに沿って作る料理はどれも美味しくて食べすぎる位で
正しい食事は体にいいのだと実感してます。

1ヵ月目は、話を聞いた次の日から生理になり
かなりの出血と痛みがありましたが貧血の症状が出ず、
2カ月目も生理の量は多かったですが1ヵ月目ほどはなく
貧血の症状も出ませんでした。

ただ、今は病気の改善の為に食事の制限が多いので
会社の食事会や懇親会などにも出席できず
またお酒も飲めず外食できない為友達とも会う事が激減しました。

マクロビオティックをずっと長期間真剣にしている人達は
一体色々なお付き合いの食事や旅行などはどうしているんでしょう?

食べる事は生きる事。
食べ物が体を創っている。
という事を実感できる体験ができて感謝です。

子宮が肥大してぽっこり出ていた下っ腹も落ち着き
今月病院に行きますが、病院でどう言われるかが楽しみです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
変化の話☆
最近カラーセラピーをしていて、変化の人が多いな~と感じます。
特にこの8月を機に、風が変わったという感じがあります。

実際に現実に仕事の変化、家庭の変化、
また自分の内側で押し込めていたものや我慢などが取っ払われて
「さぁこれからだ!!」と前に進んでいくような、
何だか自分の気持ちに正直にいくぞっていう元気で明るい感じ。

自分が我慢さえすればうまくいくと思ってたけど、
自分の好きなようにすればよかったのかって気づけるような、、、
自分の我慢で他人を幸せにできると思ってたけど
皆が好きなようにするのが本当の幸せなのか
我慢が美徳ってわけじゃなかったってわかるような、、、
そんな時期の気がします。

また、今までの自分の尺度に現実が合わなくなって
一生懸命押し込めようとしてたけど
何だ!自分の尺度を新しくする手があったか!って
明るく前向きなターニングポイントの時期到来!
って感じがします。

暑い日が続きますが、その熱が変化を後押ししてくれるかも?

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
愛②の話
先日、つたない言葉で自分が思う愛の事を書きました。
愛は、外にはなく心にあるものです。
相手の愛や心は見えませんし、手に取ることもできません。
自分の愛も感じることはできても、それを頭で気づいていない事もあります。

人は自分の見たいものだけを見たいように主観的に見ています。
客観的にみようと思っても、必ず残念ながら自分の色眼鏡が入っています。

同じ出来事を一緒に体験しても、人によって違う思い出になっている事もあります。
一方はとても楽しかった、一方はとても辛かったという事もあります。

「自分さえガマンすれば丸く収まるのだ」と考える人は
なにかのきっかけで反転すると
「相手さえガマンすれば丸く収まるのに」と考えがちなのだそうです。

謙虚で辛抱強く耐える事は美徳と捉えられがちですが、
このような性質の強い人は、無意識に周りの人にもこれを要求していて、
本人は気づいていないですが、見ているととても無神経で自分勝手にうつります。

私もあまり得意ではないですが、甘えるのが苦手な人は
人という字のように、甘え甘えられて成り立つ関係がつくれず
「人に迷惑をかけない」ばかりを見つめていて
相手の想いや努力や苦労が見えなくなります。

でも人は必ず誰かにお世話になって生きているもので
迷惑をかけず生きている人はいません。
私は誰にも迷惑をかけずに生きているという人こそ
本当はとても傲慢な利己主義なのではないかと思います。

恋愛でも家族関係、仕事や友人関係、、、
色んな場面でこのことは現れます。

愛や慈愛の発露は、
相手の強さや豊かさ、または成功や美しさに対してよりも
相手の悲しみや苦しみ、または孤独や辛さなどに対して
出るものではないかと思います。

手を差し伸べられた時に拒絶するのは謙虚なのでしょうか。

反対に、自分は迷惑をかけると思っていても、
自分が頼り甘えた事で相手が喜び、
相手が自分の価値を高める場合もあります。

幼い頃から私は母に、徹底的に次の事を言われていました。
「人に迷惑をかけるな」
「自分の事は自分でする。甘えてはいけない。」
「自分がどう思うかより、他人からどう思われるかを考えろ」

私の母は晩年うつ病でした。
ALSという難病という事が分かる数年前から毎日顔を合わせる度
「死にたい、こう思うのは〇〇(私の名前)のせいだ。
産まなければ良かった。」
と毎日毎日、何年も言われていました。

私自身が母がうつ病ということを受け入れることができず
何かに憑依されているのでは、認知症なのではと
拝み手にお祓いをしてもらったり、認知症の検査を受けたりと
うつ病ということに向き合えない時期が長く続きました。

母親に存在価値を毎日否定され続けているうちに
自己肯定感が持てず、その頃は予定を埋め、動き回り、
いつも誰かに評価される事を期待していました。
今から思うと目の前にお盆を置き、承認欲求を求める乞食でした(苦笑)

そうやって逃げていた私に、とうとう向き合わざる負えない時がきて
母のうつ病を受け入れ、また自分自身の心と対峙しました。

体でも傷付いた所を修復するには、治療と時間とリハビリが必要なように
心も同じように時間と努力と繰り返しが必要です。

「自分から逃げてばかりいる人は 一人でじっとしていることができない」

先日、本を読んでいた時にこの言葉を見つけ、本当にそうだなと思いました。
逃げずに本質的な問題と向き合ってから、一人でじっとするようになりましたから、、、
また、その当時動き回っていた時は、とても多くの出会いがありましたが
一切彼氏はできず、反対にじっとしていても彼氏はできました。

逃げているときはきっと心の蓋を無意識に閉めているのでしょう。
それは怖いから。
傷付くことや、否定している自分の性質を認める事や
傷付いた心が大声で助けを呼び感情を揺さぶられる事などなど、、
人は分からない事に恐怖を覚えます。
どうなるかわからないと思って恐怖を覚えていても
意外にやってみたら大したことなかったってことは多いもんです。

大した事あっても(苦笑)向き合った後は驚くほど楽になります。

人はないもの探しが得意です。
自分の事も人と比較して、ないものばかりを探します。
それをやめて自分にあるものを探し、
毎日自分を好きになる努力をしているうちに
唯一無二の存在になり、輝きが増すのだと思います。

物でも何でも、自分が想いをかけたものはエネルギーが増すと言います。
自分自身にそれをすれば、おのずとエネルギーが増し、
それに呼応して人や物事を呼び込むだろうと思えるのです。

自分への愛がない時には、人からの愛も受け入れられないのかもしれません。

喜怒哀楽、すべては心の中にあります。
怒や哀を怖がって、喜や楽を感じられない、
また心にある愛も感じられないのは、もったいない事です。

また、人を好きになるということは、自分の心の蓋を開けて
その中にあるものを外に出し、相手に差し出す行為です。
相手も心を開かないとそれは受け取れません。
反対に相手に好きになってもらっても、同じです。

誰かを好きな時、それを伝えるかどうか悩む場面はあります。
拒否された時の恐怖や、今の良い関係さえ壊れる恐怖、
または相手が断る際の罪悪感を持たせる事への抵抗感など。

でも、誰でも自分を好きと言ってくれた人は、
受け入れる受け入れないは別として、覚えているのではないかと思います。
自分を好きになってくれた、評価してくれた特別な人として記憶に残り、
辛い事があった時や自分の価値が一切ないと思える時など
好きと言われた事実に救われるような気持ちになることもあります。

拒否されたり、もしかしたら皆に言われて恥ずかしい思いをしたり、
相手が困るのではと思っていても、伝えた方がいいと思います。
どう対応するかは人それぞれでも、
心の中では誰でも好きと言われる事は素直に嬉しく、
自分を好きになってくれた特別な人になれるのですから。
その人が傷付いた時に心の拠り所になる可能性だってあります。

本当に相手の事を好きなら、
その「好き」の贈り物は、その時にどんな対応されようとも、
きっと相手にとって人生の「宝物」になると思います。

人は自分の姿を自分で見る事はできません。
相手という鏡に映った自分を見ています。
その体験の中で、色んな自分を発見し、色んな感情を味わい
色んな想いや考えに至ります。
実際には相手を見ているようで、
相手に映った自分を見ている場合もあります。

きっと天はその時その時の自分に見合った体験を用意し
与えてくれています。
本当は潜在的には、その時に向き合えて気づく事はでき、
受け入れたり、乗り越えたりできる能力はあるのだと思います。

タイムラグがあったとしても、その時の体験を通して感じたものは
無駄な事は一つもなく、自分自身の糧になります。
深い悲しみを知った人は、深い喜びを感じる心が出来上がります。
深い苦しみを知った人は、深い慈愛を持てる人になります。

焦る事はありません。
もう行き止まりと思っていた所に、実は抜け穴があって
抜け穴を出たら、太陽が降り注ぐ広い草原があるかもしれません。

または行き止まりと思っていた場所をよく見ると、
快適で居心地のいい自分の居場所と思えるかもしれません。

終わりと思った所が、後からふりかえると始まりの時もあります。

自分の弱さを認めた時に強くなれる事や、
状況に変化がないように見えても、
自分の心が変わった時から変化は始まってることもあります。

明日新しい元号が発表されます。
明日から現実的な変化の時を迎える人もいると思います。

さあ一歩前へ。
新しい「スタート」です。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
幸せって?愛って?の話
あけましておめでとうございます。
お正月も、旧正月も、全部含めて・・・(苦笑)

また、3月6日(奇しくも私の誕生日でした)に、
7年ぶりに天王星が移動して、新しい時代の幕開けです。

詳しくはこちら→筋トレ

同じ読みの天皇(天王星の天王ね)陛下も今年退位され
皇太子様が新天皇に即位され、元号も変わります。

今年は大きな時代の節目を迎えるのだな~と感じます。

個人的にも、仕事や人間関係も変わり、
無意識のうちに流れに沿ってた・・・と思っています。

昨日時間潰しに本屋さんに立ち寄り、パラパラっと
樹木希林さんの本を見ました。
 ↓↓↓
『樹木希林 120の遺言』(宝島社、2019年1月28日刊)

パラパラっとめくっただけですが、その感想は

結局は自分の事はしっかり自分が向き合い自分で考え決める事。

どうせしんどい思いするのであれば、その中から
自分が何か気が付かなきゃもったいない。

これは〇、これは×って決めつけずに、すべての感情や
出来事をそのまま受け止めて、俯瞰から自分を面白がれたらいいな。
って思いました。

それから年の重ね方について、考え方が似てるなって嬉しかったです。

先日誕生日を迎えたんですけど、体力は落ちるし
どんどん体もガタはくるし、外見も老けていくんだけど
年を重ねていく事が嬉しくて、どんどん楽になっていって
幸福感が年と共にどんどん増えていくって感覚なんです。

年とともに欲が減ってきて、在るものを有難いって思えて
周りの友達は皆結婚してる中で一人シングルなので
全然周りと比較もしなくなったら、自分を見つめるようになって
自分らしくいられるようになっていってるからかもしれません。

孤独って大切ですよ。
雑音がない中で自分と対峙できますから。

一人で寂しくないかって聞かれる事がありましたけど、
一人でも二人でも何人一緒にいようが寂しいものは寂しいですから。

それに幸せなんて人によってそれぞれですから。

昔カウンセリングしていた時、
お金持ちのご主人と可愛い子供、素敵なマイホームがあり
傍から見たら不自由もなく何が不満なんだろうと思っても、
本人は辛いと思っていたり、
反対に、親の事業失敗で生活が一変して、両親が離婚して
母親に問題があり、職場もひどく、さぞ辛かろうと思ったら
私の手料理を食べながら「美味しい。幸せ。」って
いい笑顔で自分の好きな事や夢を楽しそうに話していて
幸せって本当なんなんだろうって思いました。

私自身も、きっと周りの評価と、自分の内の幸せ感は全然違って、
違うどころか状況的には反比例してるんじゃないかと思います。

「幸せ」は他人に決めてもらうものじゃないって事ですね。
また見つけるものでもなく、感じるものなんですよね。

年を重ねると、自分の思い通りにできない事があっても
大きな力というか自分の魂の願いというか
そういうものに沿っていないんだな~と流れに逆らわないようになりました。

大きな力というか自分の魂にはいつもつながっているのに、
こちらの状況で、曇っていたら見えなかったり感じられなくて
こっちがクリアにしたら見えたり感じるようになるんだって思います。

今までの人生の中で、今から振り返ると回り道したなとか
本当何やってたんだって思う事もありますが、後悔はないんですよね。
だって、その時の自分が一生懸命考えて選択した事だから。
その経験や流れがあって、今の自分がいると思えば
全ての経験や、その時その時の自分を抱きしめて愛でたくなります。

でも一つ法則があるとすると、自分がアウトプットしたものが返ってきてる。
それは言葉や行動だけじゃなく、その時の想いや願いや全部。
その時の想いが、恐怖と愛のどちらから出たものかによっても
その後返ってくる事は違うって思います。

また、変化って蛹から蝶になるように
目に見えない世界や自分の中で、無意識にでも準備したり溜めたものが、
ある日突然パッと現実の変化として起こるって感じがします。

人生の変化も、人の成長も、出来事もすべて、坂道じゃなく階段方式(笑)
一生変わんないって思ってたら、ある日突然ヒョイって変わる。

だから、流れに沿って、目の前の事を一生懸命して、自然体で
他人じゃなく自分を見て、面白がりながら今を見て生きていこう。

またせっかくの人生だから、
自分のしたい事はした方がいい。
伝えたい事は伝えた方がいい。
何もなければ目の前にきた事はした方がいい。
って思います。

頭で考えるのとしてみるのは全然違うから。
体験することは大切。

失敗したら、「さぁこれからだ」ってまた始めればいいだけだし。
失敗した事ない人は魅力がないし。

好かれたい気持ちって誰でもあると思うけど、
私は愛されるより、自分が愛す方が絶対に幸せって思います。

よく女の人で「愛される方が幸せ」っていう人がいるけど、
それってどうやって感じるんだろ?
だって自分の中の「愛」はダイレクトに自分が感じれるわけでしょ。

感情を言葉に現すのは難しいから、
「愛」って言葉はひとくくりに色んな感情のワードとして使われるけど
きっと勘違いの「愛」も多いんじゃないかって思うんです。

基本「愛」って求めるものではなく、アウトプットだと私は思うんです。
「愛」って、ある意味自分という存在はなくなって、対象の幸せを願う事。

自己満足の世界でもあり、深ければ深いほど喜怒哀楽の感情も伴うもので
基本的に自分が対象の為に何ができるか、何を想うかということ。

対象の喜びを共に喜びたい。
辛い悲しい事があれば癒したい。
対象の為に出来ることをしたい。
でも出来る事って所詮限りがあるもので
できない無力感を感じながら、せめてその時は祈りたい。支えたい。
というような事だと思うんですよ。

綺麗事って思われるかもしれないけど、純粋に対象を愛すると、
自分の内が何ともいえない幸福感で満たされるんですよね。
あー感覚の事を言葉にできない事が辛い(苦笑)

その愛が相手に受け入れられなかったとしても、
そのアウトプットしたものは、巡りめぐって自分に返ってきます。

愛って崇高な所ばかりじゃなく、ドロドロしたもっと人間臭い
愛ゆえの色んな感情が蠢いて、愛憎入り交じる事もあると思うのですが、
押し付けたり、求めたり、束縛したり、見返りを期待したり
自分の思い通りにしたいって気持ちは、対象への愛ではなく、
きっと自分への愛だったり、承認欲求だったり
「愛」と勘違いしているだけの別の感情だと思います。

愛って頭で考えるものではなく、内から湧き上がるものですしね。

愛する対象がいる人は、それこそが幸せな事です。
もし、そのような対象がいなければ、他の事を一生懸命しながら
心をクリアにしていると「ときめき」と共に訪れると思います。

色んな意味で、スタートの今年。
新たなスタートをきる人も、変化がある人も
状況が変わらなくても、自分の中の変化がある人も、
色々だと思いますが、幸せで愛の溢れる年になればいいなと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
転職しますの話
すっかり・・・ご無沙汰になってしまいました。

実は転職をしました。いや、します(苦笑)
来月から新しい職場です。

どんな会社でも、会社の方針に???と思うことや、嫌な人はいます。
会社にもよるのかもしれませんが、セクハラ、パワハラもまだまだあります。
好景気、売手市場と言われていても、地方はその実感がありません。

が、どうしてもこのままずっとこの人達と一緒に仕事をしたくない!!という思いが
MAXになり、5月頃に辞めたいと伝えて、やっと今月末で辞めることができました。
次の仕事も探してなくて、なかったらちょっとゆっくりしようと思っていたのですが
ご縁とはこんなものなのでしょうね(笑)
今月オファーがあり応募した会社にとんとん拍子で決まり、
10月から出社することになりました。

私は基本的に理屈っぽいのですが(苦笑)
自分のターニングポイントになるような大きな選択は、感覚で決める事が多いです。

今月末までの仕事は違いました。
今月までお世話になった会社の第一印象は「すっごい嫌な会社」でした(笑)
でもその時は他の選択肢がなくて、条件や会社のネームバリューで
自分の感覚を理論で押し込みました(苦笑)
5年お世話になりましたが、最初と最後全く一緒の感想でした。

来月からの仕事は、「いーなーこの会社。私のままでいていい会社っぽい」でした。
採用担当の方とも合う気がしたら、相手の方も同じ波長だったのでしょう。
即決まりました。それも正社員で。
また当初の内容とは違う、本社での中枢に近い部署での採用でした。

人生とは不思議なものです。
流れってありますよね。
やっぱり自分の感覚や感情に沿う方が、流れに沿えるのかなと思います。
また何が功を奏するかもわかりませんね。

今回、何故か自分でも説明できないけど9月末で辞めたくて
また5月頃、仕事の契約関係の方から有り得ない酷い対応をされ
あまりの意地悪さに悲しくて泣いたり、落ち込んだりしたのですが
そのことがあって回りまわって次の会社との出会いになりました。

いつも辞める時は後ろ髪を引かれる気持ちがわくのですが、
今回は最終日に近づくにつれ、一人ひとりの嫌な面を存分に見せつけられ
本当にこんなに清々しい気持ちで去れる事は初めてでした。

20代までは、流れを逆らうように自我を押し通す生き方をしていましたが
逆らわず流れにのる生き方をしだして、楽になった気がします。

20代は岐路にたつと、他人の言葉に一喜一憂したり占いに頼ったりしていましたが
自分の事は自分が一番分かっていて、自分の感覚に沿うことが
自分の内の声にフォーカスすることなのかなと思うようになりました。

きっと、これからも大変な事や、嫌な事、悔しい事、辛い事もあると思うけど
それを自分という木を育てる為の年輪のようにしていけたらいいな
そして、それら全部飲み込み、優しく穏やかで楽しみながら
人が喜ぶ事ができる人になれればいいな、と思っています。

これからの時代、派手にパフォーマンスしても金メッキは剥がれ
地味でも本当の金は輝く時代になると思います。
ホンモノになる為に、自分を創造していきたいな~と思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。

別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 | NEXT