FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
マゼンタの話(part2)
風邪が治ったかな~と思って、ここで一気にデトックスだ~!と、
数年前に行っていた岩盤浴のチケットが出てきて使えたので、
行ってきたのはいいのですが、やはりまだ時期尚早だったようで、
ちょっと負荷がかかったのか、ちょっと却ってしんどくなりました。トホホ

マゼンタの色の説明をしたのですが、
マゼンタは力強く生きる女神のエネルギーを感じさせてくれます。

赤と青が混ざったこの色は、赤の行動力が強く作用して、
自分の青写真を実現できる可能性、無限の可能性を感じさせてくれます。

私達の記憶にある、今生での過去の経験や知識で
「これはこういうものだ!」
「世の中はこんなもんだ!」
という決め付けや思い込みで考えてしまいがちですが、
数年前には予想もしなかった事が、今の現実の当たり前になっていたり、
自分の人生においても、自分で「こうすればこうなるから」と思ってした事の
結果が、全く違う事になっている事もあります。

自分の縛りによって、自分の人生を限定してしまったり、
過去のデータから恐怖や不安を増幅させてしまい、
自分の可能性を小さくしてしまったりする事は、もったいない事です。

「大丈夫!
自分に必要なものは与えられるようになっています。」
信頼できたら、今の不安や心配に与えているエネルギーを、自分の為に使えます。

マゼンタの気をつける面も書き添えておきます。
私の母はこのマゼンタが大好きで、衣服や小物など、本当にこの色を好んで身につけていました。
いい意味でも悪い意味でも、母はやはりマゼンタの人だったのだと思います。

愛情深く、子育てや家族の面倒、そして親の介護も辛抱強く明るくしていました。
家族はもちろん、ご近所でも困っている人や弱っている人に対して、
相手に気を使わせないように、本当に見事な位自然にケアをしていましたし
また動物が大好きで捨て猫を拾ってきては世話をするといった、心優しい人でした。

自分のことは、二の次、三の次といった感じで、人のお世話をしたり、
自分が役立つ事に喜びを感じて、本当によく働く人でした
人の痛みや気持ちがよく分かる聡明な人で、決して前面には出ず、
人に対しても押し付けるような雰囲気は出さず、上手にケアをしていました。
自分を犠牲にして頑張っているといった感じに子供も私も見えましたが、
明るく、楽しそうに毎日忙しく本当に人の世話をしていました。

それが晩年、体を壊して、自分が人にケアするどころか、ケアをしてもらう立場になります。
体が原因で長年勤めた会社も辞め、そこで一気に気力を失くしてしまいます。
自分の思い通りにいかないのであればと、最初から手をつけなくなります。

「ないもの」ばかりを見て、被害者妄想が激しくなってしまいます。
「みじめな私」、「不幸な私」、「誰からも愛されない私」
その時の母の口癖でした。
変化が訪れる事は怖い事ではありません。
天からの愛を受け、自分の毎日は自分自身が創っていけることはできるのです。

自分で自分の事は自分の思うようにしたい!というエゴなのか、
サポートを受ける事を望まず、してくれた事に対しても文句しか言わないという状況になります。
欲しいものは、自分の望む形で望んだ通り望むときに手に入らないかもしれません。
でも、必ず天はサポートしてくれているのだから、自分をゆだねた方がいいのです。
どんなに愛が周りにあったとしても、自分が受け取る用意がなければ受け取ることができません。

天、宇宙、神、サムシンググレート・・・
言い方は色々あると思いますが、人智を超えた目に見えない大いなる何かは
私達一人ひとりに愛を注ぎ、必ずケアしているのです。
必要なものは必要な時に自分に与えられると信頼して、大いなる可能性を生きましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
スポンサーサイト
別窓 | マゼンタ:MAGENTA | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マゼンタの話
週末に、宝飾の展示会のイベントでカラーセラピーをしていました。
やはりそういう展示会には、美意識が高い方が来られるのでしょう。
オレンジを選ぶ人がとても多かったです。
(オレンジは外見の美意識が高いのです)

そんな中、とても印象的な方がいらっしゃっいました。
マゼンタを選ばれたので、色の意味のお話をしていたら、ご苦労が多かったのか
感動されたのか、聞かなかったので定かではありませんが、涙されていました。

マゼンタはナイチンゲールの色とも言われています。
今まで私がカラーセラピーをして、マゼンタを選ばれたり好まれる方の中で
看護婦さんや介護の関係のお仕事につかれている人が多いのですが、
昨日の方も、体に障害をもつ状態になった後も、定年まで看護婦としてお勤めになられた方でした。

マゼンタは慈愛や無償の愛という意味もあります。
無償の愛というと、母の愛を思い出します。
誰もが今生きているという事は、愛された証拠なのです。
人間ほど、一人で自分の事が色々できるまでに時間がかかる動物は珍しいと思います。
その間、誰かが衣食住を補い、あなたを育んでくれたのです。
幼いあなたに、見返りも求めずしてくれた誰かがいるのです。
誰もが無償の愛を与えられているのです。

また「神は小さきものに宿る」と言われます。
私は凡人なので、何かとてもスペシャルな事や、目立って嬉しいことがある事が
幸せだと思ってしまいますが、毎日の何気ない瞬間瞬間に幸せは潜んでいると教えてくれるのが
このマゼンタのエネルギーです。

毎日の普段と変わらなく見えるその生活の中で、その事を気づける人が
本当の意味で幸せな人なのでしょう。

なくなって分かるということも多いですが、なくならない前に気づけると
もっと素敵な幸せな事なのだと思います。

また、幸せというのは自分の主観的なもので、
「○○からこういう事をしてもらえたら、私は幸せ」とか、
「○○が手に入ったら、私は幸せ」とか
決めてしまいがちですが、
天からはいつも愛のシャワーが降り注いでいます。

それを、こうだったら幸せ、でもそうじゃないものは違うからいらないと
その愛のシャワーに当たらないように、傘を差してよけている人も
いるのではないでしょうか?

ちょっと傘を閉じて、フラッとな気持ちで、周りを見渡してみると、
あー私はこんな幸せなんだ!とか、
あー私は愛されているな~!とか
気づける事があるかもしれません。

でもこの世に生まれ、今生きていること自体、今存在している事自体、
大きな愛を受けていることなんでしょうけどね。
その上に五体満足で生まれ、教育を受け、仕事も得ていたり、家族を得ていたり
友達を得ていたり、恋人を得ていたり、その事だけでとても恵まれているのでしょう。

「喜怒哀楽」の「喜び」と「楽しさ」の体験も体験の一つであれば、
「怒り」や「哀しみ」の体験も同じく体験の一つであり、
自分の中の世界にとっては、同じく大切な体験なのだろうと思います。

その体験をできるということ自体、この世に生まれてきた理由なのかもしれません。
だから、いろんな体験をして、自分の世界を広げたり、新たな自分を見つけたり、
自分を信じることができるようになりたいものだと思います。

愛というと、特に女子は相手から愛されたいと思ってしまいますが、
自分がその愛というものを感じたい、愛を知りたいと思うのであれば、
自分が誰かを愛する体験をする事しかないのだろうと思います。
いくら相手に「愛してる」と言われても、その心は感じる事はできないのです。
自分の愛しか、愛を心で感じる事はできないのです。

その自分から発する愛の体験の中で、愛の中に「喜怒哀楽」全てが含まれていることを知り、
その全てを○として、自分の中で肯定し受け入れることが出来るようになると、
もっと深い無償の愛を自分の中から放出でき、その愛をダイレクトに自分自身が
体感できるのかもしれません。

その愛はきっと至福のエネルギーを帯びて、自分から外に対して出していると同時に
自分自身を深く愛する事につながるような気もします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
別窓 | マゼンタ:MAGENTA | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |