FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
センセーション10の色ざっくり説明の話
センセーション・カラーセラピーで用いる10色の色の説明を簡単にします。
自分の好きな色、または最近気になる色とか、洋服や小物、文房具とかで
ふと見るとよく購入している色などがあれば、今のあなたの心理をその色を通して
見つめることができるかもしれません。

参考にしてみてください。

■Red(レッド) 
第1チャクラ(ベース・チャクラ)(エネルギー・生命力)

肉体の物理的欲望の強く、物質主義の上位に立とうとする、競争心や支配欲が強い色
仲間意識、家族愛、兄弟愛が強く、義理人情に厚い、勇気と力のある色

○指導性を発揮する個人的強さと力(勇気)を持っていて、
 向きにエネルギッシュに行動する。
 男性的で情熱的。リーダーシップや指導力をもっている。
 物質や金銭の豊かさを目指す。

×お金や物、権力への執着心が強く、反抗的で衝動的になりやすい。
 支配的で暴力的な面がある。
 性的エネルギーが高く、がさつで大雑把。
 強引に考えず行動を起こす。オーバーワーク

■Orange(オレンジ) 
第2チャクラ(スプレーン・チャクラ)(交流、社交)

社交家で楽天家。外交的で遊び心があり、華やかな世界を好む外見の美意識が高い色
依存・相互依存しやすく、ショックとトラウマの意味をもつ色、食欲に関する色

○明るく楽しい、楽観的でまわりの人を楽しませる。食への関心、美意識が高い
 美意識が高く、ステイタス、ブランド好きで、名声や地位を得たい要求が強い

×他人への依存や甘えが強く、他人からの評価がないと自信を失い、
 一人になるとおとなしい。
 ショックやトラウマから恐怖心を抱いている。
 虚栄心に囚われがちで、エゴが強い。摂食障害。

■Yellow(イエロー) 
第3チャクラ(ソーラー・プレクサス・チャクラ)(個の確立)

サンシャインイエロー・喜劇の色ともよばれる、
明るくユーモアがあり楽しい陽気な幸福の色
情報収集し、分析し、吸収していく知性と、
自立した強い意志と、自分自身のコンセプトを持つ

○集中力や論理的な思考力、判断力を高め、ポジティブシンキングを導いてくれる色。
 頭脳明晰で知識欲、探究心、研究心が旺盛。理解力、
 冷静な判断力に優れ、勤勉で理知的。

×神経質でわがまま。自分に対する信頼または自信の欠如、
 臆病、神経過敏、落ち込み。
 不正や詐欺をはたらく。支離滅裂、自己意志のセンスがない、批判的で皮肉屋

■Green(グリーン) 
第4チャクラ(ハートチャクラ)(調和・バランス・ヒーリング)

自然(誕生、再誕生、成長)、調和、バランス、ヒーリングの色
和を大切にして、協調性と慈愛があり、前に向かって進む変化・ターニングポイントの色

○レッドとブルーの間の中間地点、イエローとブルーの間の色。
 バランス感覚に優れ、広い視野を持つ。
 自由で自然を愛する。自分のスペースが必要。
 家族など絆で結ばれた集団の中でのびのびする
 慈愛、協調性があり、寛大で心の豊かさを持つ。
 進むべき道のためにポジティブに努力し、成長する。

×他人を妬んだり、裏切る。変化に対して不安定になり迷う。 
 自分の感情を抑える。束縛されて萎縮する。 
 自分本位になったり、自ら課した制限で苦しむ。
 中途半端な発言や態度、責任逃れの言動をとる。
 ノーと言えず何でも引き受けてしまう。
 友人、家族、仲間の輪から外れたくないという強い欲求。

■Blue(ブルー) 
第5チャクラ(スロートチャクラ)(自己表現・コミュニケーション)

聖母マリアのローブの色でもあり、聖なる守護を与えることができる平和の色
自分の心の言葉を伝える喉のチャクラから、言葉でのコミュニケーションの色

○女性性の色でもあり、女性感覚や母性に満ちていたり、母親との関係が良好である。
 平和的で、包容力があり、誠実で正直。信頼される。内省的で落ち着きがある。
 自分が考えている事を率直に伝えることができ、
 他人の意見も楽な気持ちで聞くことができる。

×うつ(ブルー) と呼ばれるように憂鬱な孤独感を感じる。 
 権威を軽蔑し冷淡でよそよそしくなる。
 母親との関係に何か問題があったり、女性を軽視する父親や男性の問題を抱える。
 自分の言葉で相手に伝えることができず、偽りの表現をしたり、無口になる。

■Purple(パープル) 
第6チャクラ(アジナチャクラ)(「第三の目」道を探す)

「自分がここにいる理由を知っている」、「誰かまたは何かを通じて正しく解る」色
真の潜在能力と第六感の世界を開き、
透視能力、透聴能力、透感覚へのアクセスが可能になる色

○自分の内なる声への潜在可能性を目覚めさせ、
 鍛錬する事により潜在能力と第六感の感覚に到達できる。
 直感的に全体像を把握し、多くの異なる断片から完全な理解を生み出すことができる。
 どうして解かるのか解からないけど解かる。
 ISP(Intra Sensory Perception:内部感覚的知覚)

×厳しい孤独感や分離感で苦しみ、意気消沈し精神を悩ませ、
 優柔不断になり自己不信になる。
 非現実的な理想主義になり、孤立感を深め、良心の呵責、
 後悔などを生み、自惚れてしまう。

■Violet(ヴァイオレット) 
第7チャクラ(クラウンチャクラ)(生きる目標・自己実現)

霊的自己のブルーと身体的自己のレッドがまざった明と暗、
陰と陽、動と静の共存している色
自分が肉体に生まれたのかの理由(自分の人生の目的)を認識し、
実現しようとしている色

○ヒーリングのエネルギーを持つので、
 心の病んだ人を癒していく分野でも貢献できる。
 最も精神性に関わる色で、色自体の周波数が最も高く、
 精神性、癒しの力や直感的な能力が高い。
 豊かな想像性や発明性を持ち、芸術活動にも向いている。

×現実逃避の傾向が強くなり、自分の世界に固執する。
 空想、瞑想の世界で生きる。
 深く悩み。憂鬱に苦しみ、悲観的になる。
 物質的、世俗的問題で、困難な状況や不調にある。

■Rose(ローズ) 
すべてのチャクラ(無条件の愛・同情心)

無条件の愛と慈愛深さを象徴する、女性的な直感的なエネルギーの優しさの色
同情心が強く、思いやりがあり人のケアに喜びを見出す献身的な色

○子宮内壁の色。母性本能のような無条件の愛と、
 慈悲深さがあり、優しさにあふれている。
 先行投資などでの能力に長け、お金の使い方がうまく、 大きな収益を得る。

×愛されたい為に、自己犠牲を払う。無条件の愛の裏で、
 感謝や信頼を得たいという欲望。
 メサイアコンプレックスにはまりやすい

■Spring Green(スプリンググリーン)(
新たなる出発・古代の知恵、芸術)

芸術やその他のあらゆる種類の創造的表現によるコミュニケーションの色
インナーティーチャーとして、答えは自分の中と教えてくれ、正しい方向に進める色。

○子供のような純粋さと感受性を持ち、
 想像力や創造性が豊かで自己表現(文章、絵画、音楽)する。
 若々しく、今を楽しみ自由に行動する。過去と決別して、
 新たな目標に向かってスタートしている。

×自由に気ままになりやすく、成長のチャンスがつかめず伸び悩む。
 人間関係に問題があり、重荷を感じやすい。ダメージが体に出やすい。
 バランスを崩し、神経質、不安、心配に陥り、自分の方向が見出せず迷走する。
 
■Gold(ゴールド)
(神としての完全さ・神聖)

あらゆるレベルにおける豊かさ、知性の限界をはるかに超える知識をあらわす色
個性的な独自の価値観を持っているタイプで外に向かう色。

○知恵を持ち、自分の価値を高く評価している。豊かさを求める上昇志向。
 成功・名声・権力に喜びを見出し、賞賛を浴びたい。
 知性、知識欲が強く努力家で、それを応用して成功できる。
 本当の幸せについて考える時期、自分が持っているものを生かす方法を考える時期

×ぜいたくで無駄遣いをする浪費家。自己中心的なエゴイスト。うぬぼれる。独善的。
 深い混乱と自己不信に陥る。表面的で、他人やものに対して批判的。
 深い不安や恐怖を感じ、妄想を抱く。欲求不満。
 憎しみや妬みの感情を持つ。偽りの謙遜。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | カラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
好きな色と性格と適職の話
あなたの好きな色は何ですか?
今してる仕事はなんですか?

赤:RED
<性格>
情熱的で行動的。大きな声でよくしゃべり活発。
負けず嫌い。頑張り屋。細かいことは気にしない。
心の温かい人。食欲旺盛。
<適職>
起業家、経営者、指導者、政治家、建設業、スポーツマン、
ドライバー、肉体的労働、リーダー的な仕事

オレンジ:ORANGE
<性格>
明るく目立ちたがり屋。人を楽しませる。
ざっくばらんで親しみやすい。楽天的でくよくよしない。
社交的。開放的。
<適職>
デザイナー、芸能人、美容師、エステティシャン、
メイクアップアーティスト、スポーツ関連、ブライダル関連、料理人

黄:YELLOW
<性格>
明るくかわいい。知的で子どもっぽい、
大胆で繊細、というような二面性を持つ。
合理的で前向き。個人主義。分析的で探究心旺盛。
<適職>
自営業、コンサルタント、弁護士、税理士、ジャーナリスト、
デザイナー、プログラマー、プランナー、先生、研究家

緑:GREEN
<性格>
やさしく家庭的。おだやか。何事もほどほどを好む。
自然を愛する。落ち着いた心の広い人。協調性がある。適切な判断力。
<適職>
コーディネーター、自然にかかわる仕事、フローリスト、
アロマセラピスト、農業、教育者、医療関連、レジャー関連

青:BLUE
<性格>
誠実で控えめ。慎重に、きちんと物事に対処する。
客観的で冷静。母性的な愛情を持つ。きれい好き。コツコツとねばり強い。
<適職>
公務員、銀行家、司会、ハウスキーパー、コンサルタント、
カウンセラー、作家、詩人、教育関係、行政書士

紫:PERPUL
<適職>
美意識が高い。自分に自信がある。
引っ込み思案な感じか、神秘的で威厳に満ちた印象がある。
直観力に優れた芸術家タイプ。個性的。
<適職>
アーティスト、ヒーラー、コンサルタント、カラーコーディネーター、
芸術家、音楽家、伝統工芸の指導者、宗教家

ピンク:PINK
<性格>
ロマンチストでやさしい。気配りが細かい。思いやりがある。
愛情豊かで人を助ける。ソフトで女性的だが、隠れた意志の強さを持つ。
<適職>
ボランティア、福祉関係、お稽古事の先生、料理・美容関係、
手芸家、保育士、看護士、ケアワーカー、サービス業

白:WHITE
<性格>
素直で正直。まじめ。良心的で全体を見通す。
純粋で創造性が高い。理想主義でテキパキと物事をこなす。
徳や神仏を大切にする。
<適職>
実業家、宗教家、発明家、クリエーター、マルチタレント、
作家、国際的な仕事、人を導く仕事、美容家

黒:BLACK
<性格>
意志が強く独立心がある。芸術性、創造性に優れる。
自分の感性に自信を持っている。傷つきやすく敏感。
自分を隠そうとする。威厳。
<適職>
デザイナー、クリエーター、芸術家、音楽家、画家、
カラーデザイナー、芸能人、職人、美容関係

茶:BROWN
<性格>
保守的。堅実な生き方を大切にする。安定感のある落ち着いた人。
自分の感情にふりまわされず、責任感が強い。信頼される。
<適職>
公務員、福祉関係、園芸、陶芸家、保育士、医療関係、販売士、銀行家、弁護士

いかがでしょうか?
自分の好きな色と、性格、適職を見て、
「そうそう!」と思う人もいれば、
「んーそうかな~?」って思う人もいると思います。

でもそれは潜在的にあるあなたの性格や適職なのかもしれません。
自分で意識してみると、新たな扉や、自分の世界がひろがるかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます  
別窓 | カラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
色を見る目の話(盲点)
人間の目には視野の欠けた場所、盲点があります。

下の図を見てください。
左目を閉じて(手で隠してもOK)
右目で+印を見ながら、スクリーンに近づいていくと、
ある所で右の●が消えるところがあります。
大体スクリーンから30センチ位離れたところだと思います。
その場所より近づくとまた見えます。


このように私たちは、世界の一部が文字通り見えていないのです。
そしてその実際には目で見えていない世界を、きっとこんな感じと
つなぎ合わせて、脳が補っているのです。

これは目だけではなく、私たちの心もしている事だと思います。

きっと見えていないものを、自分の解釈できっとこうだろうと思っていたり、
それを確実にそうだと思い込み、思い出の大切な引き出しにしまってる場合もあります。
この解釈に自分というものが大きく入り込み、その自分特有の解釈や判断基準で
きっとこうだろうと考えたものを真実として、自分の中に収めてしまったりします。

今の自分の目の前の世界も、盲点のおかげで、すっかり見落としていることがあるかもしれません。
そこに答えがあったり、そこに自分の問題点があったり、
今こそそこに目を向けるべきものがあるのに、見えていなかったりするかもしれません。

知っておきましょう。
私たちの見ている世界に盲点があるということを・・・
その盲点に自分の勝手な解釈や価値判断を差し込んでいることを・・・

でも神様はなぜ盲点を作ったのだろう。

身の回りの起きていることや、世間で起きている色々な事柄をその目で見ようと、
そのつど首を突っ込んでいると、自分が空っぽで空虚になるということかもしれない。

盲点の中の自分の解釈や価値判断を、見つめるほしいのかもしれない。

また、もしかしたら盲点のおかげで明るく元気にいられる事もあるのかもしれない。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
別窓 | カラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
心理補色の話
白い紙を用意して、左側に赤のマジックで直径5センチほどの●を書き、
2~3分視点をずらさず、ずっとその●を見つめてください。
その後、右側の真っ白な紙の部分を見てください。

そうすると、ある色が同じ大きさでぼんやりと見えます。
その色とは青緑です。
これを心理補色と言います。

医療系のドラマを見ていると、いつもは白衣を着ているお医者さんが
手術のシーンの場面では、青緑の手術着を着ています。
これは、ずっと赤の血を見ていると、白のシーツだとこの心理補色がチラつくので
最初から、その心理補色の青緑のシーツや衣服を身に着けるのです。

これは色の刺激が網膜に刻みつけられ、その色の刺激に網膜が順応した結果、
もとの色と反転した残像が見えている現象です。
が、私たちは目で見ていますが、実際に色を識別しているのは視覚野という
脳の後頭部の部分です。

この心理補色を最初知った時、私はすごーいと感動しました。
偏らないようバランスをとろうと、私たちの脳がその反対の色を見せるんですよ。
人間には偏らないように、バランスをとろうとする能力がある証拠です。

夫婦や親子でも、全く性格が違っていて「合うのかな?」とか
「親子なのに何で正反対の性質なんだろう?」って思ったことありませんか?

人間は片面だけではなく、ある面があるとその反対の面の両面を持っていると思うのです。
これは私が勝手に思うだけで、本当のことかどうかは分かりませんが、
その人の表面に出ている部分と、正反対の潜在的な部分があって、
その潜在的な部分と惹かれあって結婚したり、
遺伝で親が持っている潜在的な部分が、子供には表面的に出ている事があると思うのです。

例えば、
「リーダータイプの、イケイケゴーゴーの行動派で、ごり押しでもやり遂げ
ちょっと怒りっぽいが、一本気で、真っ直ぐで人情派の豪快な人」
の奥さんが
「自分は目立たず、協調性があり、皆に合わせ、いつもナチュラルな自然体で、
優しく、皆仲良くできるよう心遣いをしている人」
だとします。

表面に出ている部分だけを見ると、全く違うのによく合うな~と思いますが、
お互いに潜在的な所を補い合っているように思えるのです。
お互いに相手の表面的な部分を潜在的に持っていて、根底の部分は一緒なので合うのです。

親子でも真面目なお父さんなのに、息子は不真面目で遊び人という場合がありますが、
これもお互いに潜在的に持っている部分があり、その一面づつが表面に出ているのだと思います。
夫婦や親子は霊線が強いので、その影響もあるとは思うのですが・・・

赤色の補色は青緑です。
赤が好きという人には、緑や青の性質も潜在的に持っているということです。
また、おいおい、各色の説明はしていこうと思いますので、自分の好きな色と
その補色の色をチェックすると、色んな自分を発見できるかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 

別窓 | カラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
色の話(光編)
色は光の一部で、私たちの目に見える光の部分です。
英語で人間の事をHumanと言いますが、Hue=色 man=人が語源と言います。
実際に私たちは電磁波を発しており、その電磁波の波長によって、
人それぞれに色んな色でオーラは彩られています。
という事は、私たちも光の一部ということになるのかもしれません。

実際に光は私たちに大きな影響を与えます。
太陽の日射量や日射時間は、人間の性格や性質にも影響を与えます。
赤道直下の国と北欧などの日照時間の少ない国では気性や性格が違います。

北極圏を越えると丸一日太陽が昇らず、この時期多くのアラスカ人は
SAD(Seasonal Affective Disorder)季節性情動障害になる人が多いと言われます。
最近では日本でも発症されるらしく、「冬季うつ病」とも言われ、ある季節にのみ、
体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込み、不安、神経症、気力喪失、過剰睡眠、
うつ病に似た症状が出るものです。

その原因は分かっていませんが、体内時計をつかさどるメラトニンが、
日照時間が短くなることで体内時計が狂ってしまう。
光の刺激が減ることで神経伝達物質の セロトニンが減り、脳の活動が低下してしまう。
という説があるそうです。

その治療方法は、明るい色彩と光の照射を毎日2~6時間する事で
改善されるケースも多いと聞きます。

また世界規模でなくても、日本の小さな地理の上であっても、沖縄の人と
東北の人は性格や生活のリズムなどの傾向が違っていますし、
もっと近くても、山陰と山陽の地区に住む人の性格の傾向も違うように思います。

それほどに光によって私たちは大きな影響を受けているのです。

天照大御神様は太陽神ですが、一度伊勢神宮に御参りに行かせていただいた時
その日は雪も散っていて雲が空を覆っていたのですが、鎮座されますその神宮には
シャンパンゴールドの光の筒がたっていて、やはりすごい神様なんだなと思いました。
昨年天皇皇后両陛下の長女・黒田清子さんが「臨時祭主」になられましたが、
私たち日本国民にとって、本当に尊い神様だと思います。

また元伊勢籠神社という神社があるのですが、この神社の気も私は大好きです。

最近では太陽フレア(太陽面爆発)の影響を私たちは受けています。
活発な太陽の活動による光の強さによる影響です。

(Wikipediaより抜粋、太陽フレアとは
多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。
特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。
太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多い。
フレアが発生すると、多くのX線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子が発生する。
またフレアに伴い、太陽コロナ中の物質が惑星間空間に放出される
(コロナル・マス・エジェクション (CME))ことが多い。
高エネルギー荷電粒子が地球に到達すると、デリンジャー現象、
磁気嵐、オーロラ発生の要因となる。
また地球磁気圏外では、フレア時のX線、ガンマ線による被曝により、
人の致死量を超えることもある。
太陽嵐が起こると、8分程度で電磁波が到達して電波障害が生じ、数時間で放射線が到達。数日後にはコロナからの質量放出が地球に届き、誘導電流が送電線に混入し、電力系統がおかしくなる。
ただ単に停電するのではなく、電機・電子系統に瞬断やEMP(電磁パルス)被害が出る。)
のだそうです。

でも目に見えない影響も出ていて、それこそ光が強くなり、今までは闇に隠されていたものが
光を浴びて浮き彫りになってきているような気がします。
最近の報道の、体罰問題や、女子柔道の告発や、芸能人のペニオク騒動などにしても
今までは表に出にくく隠せていたものが、光を浴びて表に出てきているような気がします。

人間の心へ対してもそうなのではないかと思います。
光を浴びて、今まで闇に隠れていたものが浮き彫りになってきています。
今まで自分を見つめ、迷いながらも良心に沿って生きてきた人はいいと思いますが、
良心を殺し、私利私欲の為に他人を苦しめてきた人や、
自分を「~ねばならない」という枠に閉じ込めてきた人は、
一時的に膿だしのような苦しさを味わうかもしれません。

でもその膿だしをしっかりした後は、絶対に楽になるので、
一時期は苦しくても浄化をした方がいいと思います。

この世でその膿だしができる事はとても幸せな事なのだと思うのです。
浄化した後はすっきりと自分の世界が広がり、
光に満ち溢れた心で生きていけるのだと思います。

あなたの心の闇に光があたり浄化され、光あふれる人生になりますように
。.。:+♫+ ゜ ゜゜ *+:。.。:+♥+ ゜ ゜*+:。.。.。:+♫+ ゜ ゜゜*+:。.。:+♥+ ゜ ゜゜

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 

別窓 | カラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 | NEXT