FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
今日から7月、新しい時間の話
今日から7月です。
今年半分が過ぎたという事です。

何だか、今日を境に「変化」が起こり、
今までと違った時間が始まったような気がします。

私の周りにも、色々な変化が起こった一日でした。
私の思いとは一切関係なく、周りの人やものが変わっていく様を目にしたり、
自分が思い切って動くという行動を起こした日でもありました。

「相手が変わる」
「時間と運命が変えてくれる」
という事に期待せず、待たずに、自分で動きました。

ある問題に対して、私が思い切り石を投げ込みました。
予想外に、その石によって出来た波紋は広がり、
私が想像していた以上、というかはるかにその想像の域を超えていきました。

私はその投げた石により、責任を問われるような事があれば取る覚悟もありましたが、状況は私の思っていたものとは全く違う方向へ、大きな波紋となって動いていき、その状況を想像していなかった私は、その現実についていくのが必死という状態でした。

これは嬉しい悲鳴といったものです。

まだプロセスの途中ですが、これからどういう結果になろうとも、受け入れようと思い、動いた事で心がスキッと晴れ渡りました。

「何がどうなろうが、大したことじゃありゃあせん」
父の言葉ですが、本当に明日の事は分かりませんし、どんなに心配しても、叶えたい夢をイメージしても、現実は自分の思い通りにならない事がほとんどで、自分が投げた球がどこにどんな状態で飛んでいくかは、投げてみないと分からないということも多いです・

でもどんな結果になろうとも、自分で受け入れる受け皿さえつくっておけば、本当に何も大したことじゃないと思えます。

自分に必要な出来事が、自分に必要な時に起こっている。
そして、自分の感情が自分の学びのヒントを与えてくれている。
のだと思います。

人生は無限ではなく、有限であり、
誰もが、今生の人生を終えなければいけません。

その人生を与えられている事こそに喜びがあり、
感謝することであり、
色んな悩みや出来事などは、形を変えた自分に与えられた愛の証と
いうべきものなのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |