FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
夏の色は赤?の話
暑いですね~。

今日は私が住む町では、雨が降ってもう湿度が半端なく高く、
じとーーーっとした暑さがまとわりつくような感じです。

太陽は黄色で表現されますが、
私は夏は「赤」のイメージが強いです。

やはりこの暑さ、熱のせいでしょうか?
でも夏は赤の色のエネルギーもやはり強いと感じます。

夏になると、外出が増えたり、またアバンチュールの恋を求めたり、
また人によっては暑さからイライラしたり、疲れやすくなったり
する事はありませんか?

それこそ「赤」のエネルギーだな~と思うわけです。

基本的に本能と強く関わる色と言われ、
地(現実)に一番近いチャクラである赤は、
生理的な欲求も強く、エネルギッシュで活動的な色でもあります。

生理的な欲求は、肉体的な心地よさと満たしたいという衝動にもつながります。
下半身のエネルギーステーションと関わりがあるので、
性的な面でもエネルギッシュになります。ですから、
夏に性的犯罪が増えたり、開放的な気分になり
アバンチュールの恋を求めたりするのもうなづけます。

また喜怒哀楽をストレートに感情をあらわにしてしまう色でもあり、
夏は感情の起伏が激しくなるという人もいるのではないでしょうか?

赤の補色は緑色です。
赤はアドレナリン(攻撃・闘争心などを煽る)を出し、交感神経を活発にさせ
緑色はセロトニン(リラックス効果)を出し、
副交感神経を活発にさせるといわれます。

赤は体力・気力・生命力の色ですが、フルにその赤のエネルギーを使うと
やはり疲れも出てしまったり、興奮状態が続いて落ち着きがなくなる時は、
この緑色を上手に使うといいでしょう。

緑は心に安らぎやゆとりをもたらし、穏やかでくつろいだ気分にさせてくれます。
また、バランスをとってくれるので、不安や焦り、怒りや苛立ちにも効果的です。
疲れもどれるといわれ、心身をリラックスさせる色なのです。

まだ暑い日が続きます。
上手に緑色(グリーン)を用いながら、この暑い夏を乗り切りましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | 赤:RED | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |