FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
夢は幽冥?の話
いよいよ伊勢神宮での式年遷宮が行われています。
平成二十五年十月二日(内宮)・五日(外宮)遷御の儀です。

既に皇大神宮(内宮)の遷御は執り行われ、テレビでも報道されていました。
臨時祭主は黒田清子様で、以前の柔らかいお顔に凛とした雰囲気が
プラスされたように思えます。

この時代に今生かしていただいていることがとても幸せと感じます。

やはり時代の変わり目を感じてしまいます。
昨日から眠くて眠くて、眠ってばかりいます(苦笑)

ブログにも書きましたが、9月末には夢ばかりを見ていたので
ちょっと眠りが浅く、寝不足だったのかもしれません。
夢は昔「幽冥」と書いていたと聞いたことがあります。

この世に生まれて死ぬまでが一つのクールで、
死んだあとが幽霊になり冥土に行くというイメージですが、
毎日夜眠ることが短いクールになっていて「幽冥」に帰り
魂の充電をしているのかもしれません。

よく眠った方が朝起きた時に「あー疲れた」と思うこともありますが・・・

やはり変わり目には、目に見えたり、意識していることだけではなく
目に見えないことや無意識が変化していることが多いのだと思います。

あるいはその方が、先に起こり、現実に転写されているだけだったり、
目に見えたり意識していることなどは、氷山の一角だけなのではないかと
思ったりしてしまいます。

いわゆる「引き寄せの法則」とかもこのことを応用しているのでしょう。

最近、私が過敏なのかもしれませんが、気になることがあります。
「心=波動」
「言動」
「行動」
の3点があまりにずれている人に対して、すごい違和感を感じて気持ち悪さを感じるのです。

もちろん、仕事をしている時などは社交辞令や、仕事上での営業スマイルなど
本音をそのまま言動や行動にのせるわけにもいかないし、それは社会人としてマナーです。

それをわかった上でも、波動と、言動、行動がとてもずれている人がいるのです。
そんな人に会うと、違和感を感じ、一緒にいると頭痛や吐き気を覚えたりします。
そのズレをそのままにしていたり、無理をしていると、本人にしわ寄せはやってきます。

無理に言動や行動を頑張って心を抑えている人が、自分の中のある一線を越えて
症状が出てしまい、仕事に行けなくなってしまった人がいます。

またとても心の波動が荒くて、まがまがしささえ感じる人が、作り笑顔やぶりっこで
人に好かれたり評価されたいと、頑張って言動や行動をしていた人がいます。
やればやるほど、その人と接する人は嫌悪感を増して、驚くほどに嫌われている人がいます。

以前は、心の波動を言動や行動で隠せていたのに、最近では伝わりやすくなっていると思います。
左脳の理論や計算のロジカルな脳だけでなく、右脳の感性や感受性が高まっていると思うのです。
まぁ、それも敏感な人もいれば、鈍感な人もいますし、表面しか見えない人もいるので
人それぞれの所はありますが、それでも右脳の機能が向上して
心に敏感な感性の人が増えている気がします

また、その人の脳波なのかオーラなのか、その波動の周りへの影響力も増している気がします。

社会では波動の低い人が強くて、言ったもん勝ち、やったもん勝ちという所が強く
会社でもそういう人がいいポジションについていたりするので、そういう人に会うと
その波動にあてられて、疲れてしまいます。

眠るということは、細胞を修復してくれるように、疲れた心を修復してくれ、
自分の波動の充電にもなるのかもしれません。
秋の夜長、睡眠の秋はいかがですか?

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |