FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
見える世界と見えない世界の関係の話
以前こんな話を聞いたことがあります。
私たちは、霊体でもあり、肉体でもあります。

霊体である私たちの世界は見えない世界で、
肉体である私たちの世界は見える世界です。

まずは、見えない世界で起こったことが、
ホログラムのように目の見える世界で起こるというのです。

目の見えない世界が、収録するテレビ局で、そこで起こったことが
テレビに映されるというような、そんな感じでしょうか。

いややはり、ホログラムの方が正確なような気がします。
宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる (サンマーク文庫)宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる (サンマーク文庫)
(2002/01)
天外 伺朗

商品詳細を見る

この本だったと思うのですが、そのあたりの事が詳しく説明してあったと思います。

「鶏が先か卵が先か」という話にも似ていますが、
私たちは五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)の中でも
約80%視覚に頼って情報を得ていると言われていますから、
やはり目に見えるもの、目に映ったものを重要視してしまい、
自分の人生においても、そうだと思いがちですが、
実は、目に見えない自分の思いや心が、
この世の目に映る世界を創り出しているということになります。

量子力学の話だったと思うのですが、実験をするときに、
その場にいる人が全員できると思っていると成功するが
一人でも失敗するのではないかと疑っていると、成功しないという話も
聞いたことがあります。

私の人生においても、何の根拠もなく自信たっぷりに
「絶対できる。できるに決まっている」と思った時は本当にできますが、
「大丈夫かな。できるかな?」と不安に思うとうまくいかないことが
ありました。

これがいわゆる「引き寄せの法則」とか「潜在意識を活用しよう」ということに
つながるのでしょうが、それも心の奥から思わないと、それは現実にはなりません。

自分がどんな心なのかを見直してみると、
自分の今後の人生の見える世界が変わるかもしれませんね。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |