FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
「はじまり」の話
桜の開花宣言も報道され、春がやってきた実感が持てるようになりました。
桜、さくら、SAKURA・・・の題名の唄もとても多いですし、
日本人は桜が好きですね。

私も桜は好きです。
きっとパッと美しく可憐に咲いて、潔くパッと散る姿が、
人間の人生のようでもあり、満開に咲いた時の美しさと、
あの潔い散り方のはかなげだからこその美とかが、心をつかむのかもしれません。

春になると、お日様の光も変わってきますね。
日照時間も長くなりますが、やはり冬に比べて、お日様の力が強くなります。

そして春になると、桜をはじめ色とりどりの花も咲きます。
その色もとてもはっきりときれいに見えるような、明るさがあります。

花粉症の人は、春は苦しい季節かもしれませんが、
温かくなっていき、開放され、花は咲き、鳥は唄い、日は明るさを増し、
四季の中で一番天国に近いような気候のような気もします。

ただ、雨がとても多い季節ですが・・・

今日は私の住む町は暖かかったです。
もう高齢になる(推定20歳)の我が家の猫は寒がりがすごくて、
冬はフリースの服を着てご満悦なのですが、
今日帰ると脱ぎ捨てて走り回ってました。
春だな~(笑)

何か「はじまり」を感じますよね。
実際に進学、就職、転職、異動などなど・・・はじまる人もいるでしょうが、
そんな外側の状況に大きな変化がない人でも、「はじまり」を感じますね。

まぁ、日々変化は起こってますからね~。
毎日がおわりではじまりでもあるのですが、
その中でも、はじまり感が強いような感じがします。

派手な出来事や、大きな転機など、スペシャルな事やパンチのきいた事が起きることを
変化を思いやすいですし、そういう事はとても大きな転換期にもなったりしますが、
実は日々の何の変哲もない、何も変わっていないような普通の毎日の中にこそ
色んな貴重な経験であり、自分というものを創り出していると思います。

誰もが「・・・なりたい」「・・・・だったら」という理想を追いますが、
実は足元をしっかりつけて、毎日を精いっぱいその時の自分で生きていると、
流れが良い方向へ向いていくような気がします。

誰もが「・・・なりたい」という理想を掲げますが、その理想の器に
その時の自分の努力というエネルギーを精いっぱいずっと注いでいく人が
やはりその器が形になっていくような気がします。

毎日はその器にエネルギーを入れている状態で、
それが器にいっぱいになった時、ポンと階段を一段あがるような出来事が起きたり、
反対に器の中にあったエネルギーが0になってしまい、
ある日突然ストンと落ちるような出来事が起こるような気がします。

まぁ、その出来事がきっかけになって、腰をかがめることになり、
そのあと大きくジャンプできる事もありますから、
その出来事自体は○でも×でもなく、ただの自分に必要な経験の種なのだとは
思いますが・・・・

外が変われば内が変わるように、
内が変われば外も変わります。

さぁ、あなたの「はじまり」はどのような春一番が吹くでしょうか?

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |