FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
まわる、まわる・・・循環の話
今はカラッとしていて、そして花粉の季節も終わり、風もさわやかで
本当に気持ちいい季節!!

もうすぐしたら、あのジメっとした梅雨の時期が訪れると思えば、
本当に今のこの気持ちいい季節を堪能しようと思ってしまいます。

がしかし、G.W.の疲れなのか、口内炎ができていたり、眠くて仕方がないのです。
年に何回が異常に眠たいという状態の時期があります。
何かの自分の体の内や、魂レベルでの、転換期なのでしょうか?

または月の満ち欠けも関係あるのでしょうか?

今月は15日が満月ですね。
今までコツコツと積み上げてきたものが「満ちる」のが満月。

昨日ふとテレビから、中島みゆきさんの「時代」が流れてきました。

「今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて
もう二度と笑顔にはなれそうもないけど

そんな時代もあったねと、いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるわ

だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ時代は回る 喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも 生まれ変わってめぐり逢うよ

旅を続ける人々は いつか故郷に出逢う日を
たとえ今夜は倒れても きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく 冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ時代は巡る 別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩きだすよ

まわるまわるよ時代は回る 別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩きだすよ

まわるまわるよ 時代はまわる 別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩きだすよ
今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩きだすよ」

なんだか始まりが終わりであり、終わりが始まりであり、
失ったと思っていたら、自分の手のひらを開いたらあったり、
否定していたはずのものが、自分に戻ってきたり、
相手や集団を否定して、「個」として一人で立ち上がったところで、
結局は「自分」ではなく「他人」や「相手」に視点が向いたり・・・

本当に、人生とは直線ではなく、
らせん状にくるくる、くるくると巡り巡っているような
そんな気がします。

これで終わり!と思ったところから始まったり、
あれ?これって前にもあったような感覚?というような
一回転らせんを回って、よく似た風景をみるような気がしたり、
なんだかその循環の中で、生きているのだと思います。

月の満ち欠けと同じように
、本当はあるものがただ見えたり見えなかったり、
表と裏、肯定と否定などを繰り返しながら、
実はそれって同じところから出ていたり、本質は同じものだったと知るために
循環を繰り返しているのかもしれませんね。


読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |