FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
不幸の後には笑いありの話
私は、不幸に見舞われた時、人に話せなくなりました。
それを乗り越えた時、カラッと笑えるようになりました。

中途半端だったり、自業自得だったり、甘えがあった時は
「悲劇のヒロイン」ばりに、暗~く、うじうじ、メソメソと、
しつこく友人知人に聞いてもらってました。

私の場合、不幸に見舞われた時は、
息つく暇もない位、次々と色々な事が起こりました。

家族の問題や病気、金銭的な事や恋愛、
人間関係などのトラブルが立て続き、
当時は自分が原因ではないのに、
「なぜこんな目に合わないといけないのか。
こんなに辛い思いをするほど、今生で私は悪いことをしていない。」
と思っていました。

でも、自分の気持ちなど考えることより、
日々することが増えていき
目の前の出来事に対して、自分が何ができるか
家族の為に今自分が役立てることを考えるようになり
それにエネルギーを使っていくうちに、どんどん無私の状態になり、
自分ではどうしようもない事の中で、自分の無力さを痛感して、
自我や依存心もどんどん消えていったような気がします。

結果は自分の思い通りのハッピーエンドにはならず、
自分の愛する人や、家族が次々と此の世を去り、
金銭が自分の元から消え去り、仕事も辞め、
友達を含む人間関係は整理して、
プライベートで会う人の数は一気に減りました。

それらの出来事の時期から数年、
自分の中に飲み込んで、消化吸収して
経験値にするまでは時間も必要でしたし、
流した涙や、苦しみもありました。

自分から、色んなものがなくなって
さぁどうやって生きていこうかと思った時、
笑ってしまった事があります。

不幸の後はこんな風に笑えるんだと思いました。

自分ができることは全部やり切ったし、
こんなに努力をしたことないというほど頑張ったから
結果は自分の想い通りではなかったけど、悔いはなく
その時の経験から、自分の内側にどっしりとあった
「自己防衛」「私利私欲」「承認欲求」「自己顕示欲」etc..も
手放さざるを得ず、笑うしかなかったのかもしれません

人生は大変な事も多いし、辛いこともあるけど、
だからたまに起こるご褒美みたいな出来事に感動するし
目線を変えると、日々の小さな事でも笑えることが多いものです。

本当の不幸に直面すると、
その反対の幸せがわかって
それを感じやすい体質になり、
笑える事が増えるのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
自尊心の話
「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあります。
才能や実力のある優れた人は、ひけらかさず謙虚です。

反対に、「弱い犬ほどよく吠える」ということわざもあります。
虚勢をはったり、大声を出したり、威嚇をしたりします。
自分をよく見せようとすればするほど
劣等感が強い人なんだろうと思います。

自尊心は必要です。
自尊心:自分を尊ぶ心と書きます。
     自分を肯定する心、自分を信じる心、自分に価値があると思える心。

「自尊心」は、自分で自分をどう思うか、感じるかということで
他人から評価されることでも、
外に求めるものでも、
人に与える印象でもありません。

自尊心が強い人は、自分を受け入れているので
誰かに評価をされるために、必要以上に頑張ることもないし
比較や競争で自分を図り、一喜一憂することもありません。

自尊心が弱い人は、不安や鬱から、他人に補ってもらうべく
「かまってちゃん」になったり、高圧的になったりするか、依存症になるか、
どうせ私なんか・・・と、自分を卑下し軽く扱ったり、傷めることもあります。

私はきっと幼いころは、とても自尊心の低い子だったと思います。

周りの大人から否定されることも多かったし、
男尊女卑の強い家庭だったので、
女である自分の価値は低いと思ってました。

兄や近所の子と比較され、できない残念な子のレッテルを貼られ
「人と同じように生きていくためには、人の3倍やって一人前だ」と
よく言われていました。

私が自尊心を育めたのは、やはり色んな体験を通じて
自分で選択をして、その結果を自分で受け止めていき
何度も逃げ出したり、受け入れられない事もありながらも
現実や、自分の内面の色々な面を受け入れたからかなと思います。

他人や世間など関係ない、自分にとっての美徳とは何かを考え、
どういう行動や価値観が美しいのかという目標を決めて
それに沿って生きるようになってから、自尊心が強くなった気がします。

私のパートナーも、幼少期すさまじい虐待を受けていて
お父さんの気分で、ボコボコに殴られ、蹴られ、
車で事故にあい、大けがをしています。

自尊心を育むには、幼少期の体験が大きいとも言います。
「大人から尊重され、価値を認められ、励まされる」

そんな体験は、私も彼もしていませんが、
私は彼ほど自尊心の強い人を知りません。

ありのままの自分を受け入れていて、
目の前の現実も受け入れていて、
芯が強く、どんな状態でも「ブレ」が少ないのです。

話を聞くと、自分自身で育んできた人でした。
青年期までは本当に苦労が多い状況で、
よく一人で耐え、その上に自信と自尊を生み出したと思います。

他人の噂や評価は気にせず、
自分のことは自分で決め、どんな結果も負う覚悟で
どんな状況でも、声を荒げることや威嚇することなく
ものすごい殺気を出していることはありますが(苦笑)
自分が何をしてあげれるかという心遣いが強く
弱い立場の人、特にお年寄りには本当に優しくて、
聞いても名前が憶えれないほど、
色んなおばあちゃんから電話があります。

今の現実の問題を、自分で受け止めず
幼少期のせいにするのは簡単な逃げ道だけど、、、

きっと、自分で自分は育てられる。

というか、他人ではなく、
自分でしか自分は育てることも、救うこともできない。

それはいつからでも、始めれる。
善悪ではなく、事実を事実として、
自分の感情もわけることなくすべてを受け入れ
肯定していき、理由を自分の内から見つけ、
もうしないと決意していく・・・

その時は受け入れられないことも、今だと受け入れられて
当時の自分はそれが精一杯だったと肯定して
その出来事を経験値として昇華させてあげることも
自分しかできないこと・・・

そうすることを繰り返すことで、
自分で自分を安定して生きていけるようになり、
他者からの評価に頼ることが必要なくなるかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「人の振り見て我が振り直せ」の話
「クソッ」「ちくしょ~」というのが口癖の人がいる。

自分の思い通りにいかないと、
意識的か、無意識かは不明だけど、
「くそっ」
「ちくしょー」
を連発している。

私から見るとその人の仕事を始め全てがとても「雑」で
良かれと思って言うと、逆切れするか、笑ってごまかすか、
場合によってはセクハラ発言をされるので、言わなくなった。

50代のいわゆる「バブル世代」の男性だけど、
自分の能力以上に、とてもプライドが高く
基本的に短気で、人を追い込むような話し方をしたり
イライラと相手を責めるような話し方をするので、
誰もその人に対して注意や指摘をしなくなった。

実際に、叱責や指摘をされても、他人のせいにしたり
裏で、ずっとその人の悪口を言いまわったりするので
周りは完全に見放しているという状態なのだが、
本人一人そのことに気づいていない。

その人を見ると「裸の王様」を思い出す。

自分を振り返らず、反省せず、
自分の問題を相手の問題にすり替えて
自分の気持ちのコントロールもできず、
周りに見放されていることにも気づかず
運が離れていき、苦労が続く・・・

「気づきなさい」というメッセージに気づかないから
気づくまで、出来事は色んな方向からやってくるけど
気づかず「クソっ」「ちくしょ~」が続く・・・

関わりあいたくはないが、
かわいそうな人だな~とつくづく思う。

大した壁にもぶつかることなく、
無能でも、仕事に困ることなく、
大きく注意されることもなく、
成長せずとも、誰かのせいにして
今までの人生送れてきたのだな。

自分の人生の責任は結局自分が負うもの
今までのマイナスが、自分に跳ね返ってきてないなら
それはそれは怖いこと。

結局はすべて自分と思わないと
前には進まないし、成長もないんだな~と
その人に教えてもらっている気がする。

肉体の年齢で、人を測る人がいるけれど。
実際は肉体より、精神年齢や、内面の成長の度合いと思う。

その人をみるたびに
「みっともない」
「恥ずかしい」
と思えることで
自分は
「みっともなくないか」
「恥ずかしくないか」
と振り返るきっかけをくれるので、
それはそれで「感謝」なのかもしれない。

こんな「愚かな人」にはなりたくないと
心の底から思える(笑)反面教師。

「人の振り見て我が振り直せ」
昔の人はいい事言う。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。




別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |