FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
変わるということだけが変わらないこの世界の話


春の嵐とともに、私の中にも風が吹き込み、風邪をひいてしまいました・・・
が、復活いたしました。
プチデトックスだったのかな~?

ちょっとフライングですが、明日はおひつじ座の新月ですね~。
おひつじ座は「はじまり」の星座で、新月も「はじまり」のタイミング。
4月は年度のはじまりで、「新しいこと」がはじまったりします。

なんか「はじまり」が重なっているのを見ると、
この世には
「変わらない事はないという事だけが、変わらない」
という事を思います。

自分の力では絶対変えることなんて出来ないと思っていることも、
「もしかしたら、硬そうに思うものも、もろい事があるよ」とも思えるし、
反対に保守的に、この状況を守ろうと萎縮している人には、
変化は恐ろしいもののように映ることもあるかもしれません。

慣れたものや、依存しているものが、ババーンと変わってしまうと
恐怖や不安を感じる事は、もちろんあると思いますが、
そのエネルギーの矛先を、後ろではなく、前に向かわせると
新たな力を手に入れられる事や、自分の世界が広がる事になるのではないかと思います。

マゼンタの色の説明の中で、
「いつでも天からの愛は自分に降りかかってきているのに、
自分がこの人からこの方法の愛しか受け取らないと決めてしまって、
せっかく降り注いでいる愛の下で、それを避けるように傘を差してしまっている。
避けずに選り好みしないで受けようとするだけで、
その瞬間から自分に降り注いでいる愛を感じる事ができるのだ。」
というような、意味のことがあります。

私たちは、ただ感じず、見ようとせず、受けてないと思っているだけで、
本当はいつも天からの愛を受けているのでしょう。

本当に私達を想い、愛してくれる天は、
私たちの才能(GIFT)の気づかせてくれるために、
自分の青写真を自分で体験できるようにする為に、
何も言わず、私たちが自分の力で獲得したり達成する喜びを味わうようにと
無償の愛を与え続けてくれているのでしょう。

だからどんな状態であっても、私達は愛はふりそそいでいるのです。
誰の上にも、いつも・・・
だから安心して、その状況を冷静に俯瞰から見てみると、
抜けだせないと思っていた問題にも、解決法が見つかったり、
変化を恐れる心とは裏腹に、まだ見ぬ今後の新たな展開を楽しみに思えるかもしれません。

「ずっとこのままが続く」
ことはこの世では絶対ない事なのですから、
どうせ変わる状況であれば、その状況を面白がって楽しんだ方が
全く同じ状況であっても、自分の中はおもしろい人生になります。
この春は、変化を楽しみましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
スポンサーサイト



別窓 | アートセラピー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<パステルアートの話 | 色とこころとわたしの話 | 体験する事は素晴らしい話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |