FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
マゼンタの話
週末に、宝飾の展示会のイベントでカラーセラピーをしていました。
やはりそういう展示会には、美意識が高い方が来られるのでしょう。
オレンジを選ぶ人がとても多かったです。
(オレンジは外見の美意識が高いのです)

そんな中、とても印象的な方がいらっしゃっいました。
マゼンタを選ばれたので、色の意味のお話をしていたら、ご苦労が多かったのか
感動されたのか、聞かなかったので定かではありませんが、涙されていました。

マゼンタはナイチンゲールの色とも言われています。
今まで私がカラーセラピーをして、マゼンタを選ばれたり好まれる方の中で
看護婦さんや介護の関係のお仕事につかれている人が多いのですが、
昨日の方も、体に障害をもつ状態になった後も、定年まで看護婦としてお勤めになられた方でした。

マゼンタは慈愛や無償の愛という意味もあります。
無償の愛というと、母の愛を思い出します。
誰もが今生きているという事は、愛された証拠なのです。
人間ほど、一人で自分の事が色々できるまでに時間がかかる動物は珍しいと思います。
その間、誰かが衣食住を補い、あなたを育んでくれたのです。
幼いあなたに、見返りも求めずしてくれた誰かがいるのです。
誰もが無償の愛を与えられているのです。

また「神は小さきものに宿る」と言われます。
私は凡人なので、何かとてもスペシャルな事や、目立って嬉しいことがある事が
幸せだと思ってしまいますが、毎日の何気ない瞬間瞬間に幸せは潜んでいると教えてくれるのが
このマゼンタのエネルギーです。

毎日の普段と変わらなく見えるその生活の中で、その事を気づける人が
本当の意味で幸せな人なのでしょう。

なくなって分かるということも多いですが、なくならない前に気づけると
もっと素敵な幸せな事なのだと思います。

また、幸せというのは自分の主観的なもので、
「○○からこういう事をしてもらえたら、私は幸せ」とか、
「○○が手に入ったら、私は幸せ」とか
決めてしまいがちですが、
天からはいつも愛のシャワーが降り注いでいます。

それを、こうだったら幸せ、でもそうじゃないものは違うからいらないと
その愛のシャワーに当たらないように、傘を差してよけている人も
いるのではないでしょうか?

ちょっと傘を閉じて、フラッとな気持ちで、周りを見渡してみると、
あー私はこんな幸せなんだ!とか、
あー私は愛されているな~!とか
気づける事があるかもしれません。

でもこの世に生まれ、今生きていること自体、今存在している事自体、
大きな愛を受けていることなんでしょうけどね。
その上に五体満足で生まれ、教育を受け、仕事も得ていたり、家族を得ていたり
友達を得ていたり、恋人を得ていたり、その事だけでとても恵まれているのでしょう。

「喜怒哀楽」の「喜び」と「楽しさ」の体験も体験の一つであれば、
「怒り」や「哀しみ」の体験も同じく体験の一つであり、
自分の中の世界にとっては、同じく大切な体験なのだろうと思います。

その体験をできるということ自体、この世に生まれてきた理由なのかもしれません。
だから、いろんな体験をして、自分の世界を広げたり、新たな自分を見つけたり、
自分を信じることができるようになりたいものだと思います。

愛というと、特に女子は相手から愛されたいと思ってしまいますが、
自分がその愛というものを感じたい、愛を知りたいと思うのであれば、
自分が誰かを愛する体験をする事しかないのだろうと思います。
いくら相手に「愛してる」と言われても、その心は感じる事はできないのです。
自分の愛しか、愛を心で感じる事はできないのです。

その自分から発する愛の体験の中で、愛の中に「喜怒哀楽」全てが含まれていることを知り、
その全てを○として、自分の中で肯定し受け入れることが出来るようになると、
もっと深い無償の愛を自分の中から放出でき、その愛をダイレクトに自分自身が
体感できるのかもしれません。

その愛はきっと至福のエネルギーを帯びて、自分から外に対して出していると同時に
自分自身を深く愛する事につながるような気もします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
スポンサーサイト



別窓 | マゼンタ:MAGENTA | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マゼンタの話(part2) | 色とこころとわたしの話 | パステルアートの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |