FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
パーソナルカラーの話
パーソナルカラーをご存知でしょうか?

一言で言えば自分に似合う色。

カラーセラピーが色彩心理を応用して、色に投影した自分の心を見るのに対照的に、
外見の自分の肌に似合う色を探して見つけていくのがパーソナルカラー診断です。

服の販売を長くしてた私は、そんなの診断してもらわなくても、
服でもメイクでも合わせてみれば分かるじゃん!と正直思っていて、
全然興味がありませんでした(苦笑)

カラーセラピーを習いに行ったスクールで、スタッフとして働かないかと声をかけられ
お世話になる事になった時、そのスクールの仕事で必要だからと強制的に
何十万もする受講料を払い、受講してパーソナルカラーを習得させられました。

実際に習得してみると、診断をはじめ、セミナーやイベントなど本当に需要が多く、
また皆さんがとても興味があり喜ばれる姿を見て、驚きました。

女性だけでなく、イベント等では男性も興味をもたれて、
「面白かった。」
「見てもらって良かった。」と言われます。

簡単にパーソナルカラーの説明をすると、先ほども言いましたが、
パーソナルカラーとは自分に似合う色です。

自分に似合う色とは、顔の近くにその色を持ってきた時に、肌がきれいに見えたり、
若々しく見えたりする色です。
反対に似合わない色は、老けて見えたり、疲れて見えたり、くすんで見える色です。

「お好きな色や、自分に似合うと思う色はどんな色ですか?」と尋ねると、
「赤が好きです。」とか
「青はよく着ます。」という風に色で言われる方が多いですが、
赤という色一つとっても、深いワインレッドもあれば、朱赤もあれば、原色の赤もあれば、
ピンクのような薄い赤もあります。

色指定ではなく、赤の中でも、自分に似合う赤を探していこうというのが、パーソナルカラーです。

基本的な考え方は、人間の肌には、黄みベース(イエローベース・ウォーム)と
青みベース(ブルーベース・クール)の二種類があります。

黄色人種だから黄みベース、白人は青みベースというわけではありません。

あらゆる人種の中に、黄みベースと青みベースの人は存在します。

日本人でも、黄みベースの人と青みベースの肌の人がいて、
黄みベースの人は黄みベースの色が似合いますし、青みベースの人は青みベースの色が似合います。

同じ色でも黄みベースと青みベースがあります。

分かりやすく極端な例を紹介すると、

黄色では、黄みベースはマスタードや山吹色、青みベースはレモンイエロー。

赤色は黄みベースは朱赤、青みベースはワインレッド。

ピンクでも、黄みベースはアプリコットピンクやサーモンピンクなどオレンジよりのピンクで、
青みベースはローズピンクなど紫よりに近いピンクになります。

黄みベースと青みベースの見分け方は、メラニン色素も関係していて、
日焼けしてすぐに茶色く焼ける人は黄みベース、
日焼けして赤くなって戻る人は青みベースの可能性が高いです。

パーソナルカラーでは、黄みベースと青みベースを、それぞれ2つずつに分け、
4つのグループを作り、一つ一つにシーズンの名前をつけています。

黄みベース(イエローベース・ウォーム)
Spring(春)
春の新緑、例えばチューリップの色とりどりの明るい色、
光が強くなり、明るくはっきりと色が輝くような春の色は、
明るい純色の濁りのない生き生きした色です。

Autumn(秋)
紅葉や山々が色づいてくる実りの秋は、紅葉のオレンジや
渋みを増してくる山々のブラウンやオリーブグリーンやマスタードなど
アースカラーのような落ち着いた色です。

青みベース(ブルーベース・クール)
Summer(夏)
梅雨の時の紫陽花の薄いサックスブルーや淡いピンク、
日差しが強く蜃気楼のようにぼやけて見えるようなグレーやサンドカラーなど、
パステルカラーのような淡くグレイッシュなはっきりしない優しい色です。

Winter(冬)
冬は空気が澄み、また夜の闇も深く長くまばゆく輝く星も美しく見えます。
その闇の黒や夜のイメージの深いバイオレットをはじめ
ダークな色や濃い色、真っ白などはっきり見える色です。

白や黒は無難だからとよく使う色ですが、それが似合う人は冬の人だけで、本当は難しい色なのです。

黄みベースの人は黒より茶系、白よりアイボリーの方が、
夏の人は黒より薄いグレー、真っ白も人によって似合う方もいますが、
少しグレイッシュな白の方が似合います。

次回は色見本を載せて、各シーズン別にもう少し詳しく説明していきます。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます 
スポンサーサイト



別窓 | パーソナルカラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<赤が好きな人と嫌いな人の話 | 色とこころとわたしの話 | 空海の話から変化の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |