FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
美しい心の持つ人の話
今年入って、とてもきれいな心の持ち主と出逢った。
「悪意」というものがないのだ。
これは先天的でもあり、後天的でもあるのだろうと思う。

自分の心の内に「悪意」がないので、人が話す言葉の中にもそれが見えず、
その言葉通りに受け取るのだ。
なので、空気を読めなかったり、行間が読めなかったりするので、
「変な人」とか「変わっている人」という烙印を押されているらしい。

でもなぜ自分がそういう風に言われるかは、ピンとくるはずもなく、分からないらしい。

数人でいた時に、一人の人がその悪意のない人を自分より格下に見て、
馬鹿にしたような失礼な態度や言動をしていたが、本人一人が全然気付いていなくて
「今日は本当に私楽しいです。」と言っていた。

その日に「今日は楽しかったです。また次回皆で集まりましょう」というメールが来たので、
本当に気付いていなかったんだという事を知った。

では、その人が恵まれた人生だったかというとそうでもない。
話を聞くと、暴力をふるう父と新興宗教に熱心な母との間に生まれ、
裕福だったので、小学校の時から私立に通ったが、いじめを受けて
中学校の時は1年間不登校になり、ひきこもっていたらしい。

その後大学に進むが、両親が離婚して、母親が慰謝料請求の裁判を起こしたらしいが、
慰謝料どころか、成人であるということで養育費も一切もらえず、貯金もなかった為
授業料が払えなくなり大学を辞めて、その後は新聞配達などのバイトを転々としている
という状態だそうだ。

母親は相変わらず新興宗教の布教に熱心で、実家には縁を切られていて、
夫にも拒絶された分、彼女にべったりくっついていて、
「私が死んだら自由にしたらいいけど、私が生きている間はだめ。
私が信仰している宗教はすごい力があるから、私を裏切った人は皆不幸になっている。
そして私が毎日祈ったので、○○さんは全身癌になっている」
と脅されている毎日で、その中姉は県外に逃げ、その人も一人暮らしをしたらしいが
新居の住所を教えたら、すぐに同じアパートのそれも隣の部屋に母親が越してきたという。

姉は一生父には会いたくないと、幼少期からグーで全身殴られたり蹴られた恨みと
最後に自分達を捨てお金持ちなのに一銭もくれず、自分は再婚して一人幸せでいる父親を
絶対許さないと言っているらしいが、その人は父に会いたいと慕っている状態だ。

父親=男性という事になっているので、男性は怖いと思っている所もあり、
また小中学校の時に好きになった男の子にも、いじめを受けたらしく
あまり男性と付き合いたいと思うこともないようだ。

でも本当にその中、やさぐれるわけでもなく、ひねくれるわけでもなく
自分を見失うことなく、とても美しい心の持ち主のままなにの、驚かされた。

悪意がないというのは、何と美しいことかと思うとともに、
自分が薄汚れているような気にもなってしまった。

なぜなら、人の悪意や嫌味、感情の起伏が見えてしまうからだ(苦笑)
またエネルギーまで、たまに感じてしまうから困ったものだ。

でも、そのとても美しい心の持ち主の人を見ていて、今の世はとても生き難いだろうなと
思わざるをえなかった。

摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、アダルトチルドレンetc...
きっと、病院に行ったら、これらの病状には当てはまると診断されるだろうと思う。

でも自分自身では、困ってないという。
そして、色々と文化(音楽や物語、ドラマ、映画などなど)はとても詳しくて、
同年代の友達はいないが、年上の知り合いの人はいるし、独りで遊ぶのも苦ではなく
一人で色々することは、苦どころか楽しいという。

人がどう思い、その人を判断しようとも、本人が困っていないのであれば、
全然問題ではないと私は思う。
雑談で、魂や心の話をすると、とてもよく分かり、深く理解する人で、
この人は魂の高い人なんだろうなと、会うたびに思う。

そして慣れると明るくてとても面白いのだ。
目線や見方が一般の人とはずれているので、とても新鮮な驚きとともに
いろんな物事を見返すことができる。
自分では「当たり前」と思うことが、「当たり前ではない」という事を気付かせてくれる。

(そんな事全然言われないばかりか、受け入れてもらえずいじめられたり
何もしていないのに怒られる事が多いと言っていたので、皆の目は節穴なのか?と驚いた)

素直で、悪意がなく、毎日毎日を一生懸命生きていく姿勢があり、
クヨクヨすることもあるが、毎日の生活の中で嬉しいことを見つけていき、
自分で立って歩いていくという覚悟と、当たり前のことを喜び感動する感性を持つ
その人を、私は今まで生きてきて出逢った人たちの中で一番美しいと思った。

思わず「どぶねずみみたいに、美しくなりたい」というブルーハーツのリンダ・リンダを
思い出してしまうような、そんな出逢いだった。

最近会ってないけど、元気かな~?

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ターコイズの話 | 色とこころとわたしの話 | ダイエットはほどほどにの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |