FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
失敗した時の反応の話
何か間違ったり、失敗した時に注意されたり、指摘された時、
あなたはどのような反応をするでしょう?

私は「すみません。」
とまず謝り、どこかどのように間違っていたのか、どのようにすればいいのかを聞く。

間違った自分にちょっと腹を立ててしまい、ムカっとしたり、
きつい言い方で怒られると、萎縮してしまったり、
ボンミスとか、以前と同じ間違いだったりすると「あー。やってもうた」と
「私の馬鹿、馬鹿、馬鹿」とちょっと凹み気味になったりする。

人の怒られ方はマチマチだな~と思う。
間違いを指摘されて
「あっ本当だ~!気付かなかった~」とか「やっちゃった~」と笑う人がいる。

人によっては、とても嫌な反応かもしれないが、私は羨ましく思ってしまう。
その後、繰り返し同じ失敗をしたり、「ぬかにクギ」で全然その注意が効かないのは困るが、
その後、その間違いを起こさないようにするのであれば、そうやって自分の失敗を
他人に指摘されて笑えるっていいな~と思ってしまう。

たまに萎縮してしまって、反省ばかりするわりに、同じ失敗を繰り返す人がいる。
その注意の内容よりも、自分が怒られてしまったことに対して萎縮して、
いわゆるビビッてしまって、緊張してしまい、集中できず、失敗を繰り返すのだろう。

私自身も、今までの経験から、妙にその失敗が気になってしまって、
「失敗してしまったらどうしよう」と心配するあまり、目の前の事に集中できずまた失敗する。
そしてまた気にしてしまい失敗が失敗を呼ぶという、マイナススパイラルに陥ってしまうのだ。

そうなると萎縮してしまい、自分がする事に対してどんどん自信がなくなってしまい
効率は悪いわ、失敗したくないという気持ちにエネルギーを注いでいるもんだから、
心ここにあらずで、集中を欠き、結果目の前の事を節穴の目で見ているものだから、
また間違った事をしているにも関わらず気付けず、また注意される。
そしてまた萎縮してしまい・・・・・というスパイラルにどっぷりはまるのだ。

私が出会った、指摘をされて笑って「本当だ。間違ってました。」という何人かの人は、
その後も萎縮せずリラックスしていて、その後は間違わないよう指摘した人を質問攻めにして
同じケースの場合は「これでいいですか?」とチェックをしてもらい、OKだと
「分かりました。これからはバッチリです。」と豪語し、その後本当にきちんとしていた。

とはいえ、何か指摘された時の対応で一番気持ちいいのは、
「申し訳ありません」とまず謝り、口出しせず相手の指摘を聞く。
そして相手の話が全てすんだ後で、自分の意見やそのことに対する言い訳をするのが
一番いい対応の仕方だとは思う。
(絶対相手の心証はいいし、相手が何に対して指摘しているのか、
相手のツボはどこなのかを知るには、相手の話や言い分を聞かないとわかんないからね~。
人によっては、結果は同じでも、自分のやり方でさせたがる人とかいるし・・・)

ただ、相手に対しても自分に対しても失敗を責めるのは簡単だが、
失敗した時、どのような対応をするかの方が、本当は大切なのではないかと思ったりする。

客商売をしている時は、クレームを言われると「ピンチだけど、チャンスだ」と思っていた。
そのクレーム対応によっては、上得意客様になっていただけるからだ。

プロボクサーの辰吉丈一郎さんの幼少期のお父さんとの話で、
当時3歳の辰吉さんが家の近くの池で遊んでいた時、
普通の親であれば「落ちると危ないから池に近づくんじゃない」と言いそうだが、
父、粂二(くめじ)さんは「丈一郎。池に落ちたら上手く泳げよ」と言っていたそうだ。

誰もが苦難と思えるようなことに出会うし、失敗や間違いを犯すものだ。
その失敗をするなと言われて、チャレンジ精神を挫き萎縮するのであれば、
失敗した時対処するよう教えられた方が、よっぽどいい。
だって、この世に失敗した事のない人なんて一人もいないはずだから。

さあ、失敗した時にあなたはどうしますか?
失敗はピンチのように見えるけど、チャンスでもあります。
上手く対処して、自分の世界を広げていける人になっていこうではありませんか。

そしてもし嫌な上司に何か怒られたり、指摘されたりして「ムカっ」とした場合。
先回りして完璧に何も指摘できない仕事をして、その上司の口を封じてやりましょう(笑)

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<この世の帳尻合うようになってる?の話 | 色とこころとわたしの話 | 誰もが今は成長途中の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |