FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
コーラルの話
コーラルは、桃色珊瑚の色です。
薄いオレンジの色でもあり、オレンジの色の「依存から自由になり自立する」という
メッセージも強い色です。

珊瑚は海が汚れると生きていけません。
傷つきやすく、繊細さを持っています。
その反面、母なる海で育った美しい珊瑚は、苦しみや哀しみを癒してくれるエネルギーを
持っています。

コーラルには、ショックや過去の悲しみを癒してくれる優しいエネルギーを持っているのです。
そのエネルギーを借りて、ショックや悲しみから立ち直ろうではありませんか。

今まで、きちんと泣いてきましたか?
悲しみを感じるのは、とても苦しいことです。
それは痛みを伴ないます。
でも、悲しみは手放さないと、心に深い傷を残してしまいます。

避けていても、ずっと心の奥でその悲しみはシコリのようにあります。
時間をとって、過去を振り返り、思い切り泣いてみるのも良いでしょう。
また泣ける映画や、泣ける唄を聴いて泣いてみるのもいいでしょう。

涙は、すばらしい「浄化」の力を持っています。
涙も、海の水も同じですね。
塩も浄化に役立ちます。

思い切り泣いた後は、すっきりする事が多いです。
そうなったら、過去は過去として、新しい時代を生きていく事ができます。
悲しみを解放したら、自分を愛し自己価値の確認もできるでしょう。
そのように、誰かに価値を判断してもらうのではなく、ほかの何かに人生をあずけるのではなく、
自分の持っている価値に気付き、自分を愛して生きていくことが、新しい時代の生き方です。

自己犠牲の上に誰かを愛するのはもう過去のルールなのでしょう。

過去は過去です。
いくら悔やんでも、考えても、その過去は変える事はできません。
でもその過去を肯定して、その時の苦しみや悲しみを手放して、「今」を生きることを
このコーラルはサポートしてくれるのです。

悲劇のヒロインにはさようならして、そして涙で浄化して、
生きている今は楽しんで、自分のやりたい事をたくさん自分に体験させてあげましょう。
そうする事で、傷つきやすさも気がつけば克服しているでしょう。

コーラルの反対色(補色)はターコイズブルーです。
海は癒しのエネルギーに満たされているのですね。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | その他の色:OTHER COLOR | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱者に支えられている話 | 色とこころとわたしの話 | 「怒る」「怒られる」の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |