FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
グレイズアナトミーから
<<グレイズアナトミーから>>

人生で死と税金をのぞくと

確実なことはただ一つ

どんなに頑張っても

どんなに心構えがしっかりしていても

誰もが過ちを犯す

人を傷つけ、人に傷つけられる

立ち直りたいと思うなら

言えることは一つしかない

「許して忘れよ」

よく言われる言葉

いいアドバイスだけど、あまり役に立たない

誰かに傷つけられたら、その人に仕返ししたい

不当な扱いを受けたら、正当な態度をとりたい

許せなかったら、過去のしこりは消えない

過去の傷は癒えない

期待できることは一つ

運がよければ、いつか忘れられることができると思う事だけ




距離が近ければ近いほど、傷は深くなったり大きくなったりする。
許したと思っても、何度もその痛みが浮上してくることもある。
受け入れたと思っても、その時の記憶は消し去らない。
ずっと自分の一部となり、自分の中にあるものだ。
体の傷跡と同じように、心の傷跡も残るものなのだ。

昔子供の頃は、大人になると過ちは犯さなくなるだろうと思っていたし、
大人はもっとしっかりしていると思っていた。

実際に大人になっていくうちに、選択肢が広がり、悩みも増え、
その分過ちも増え、迷う事が多くなったり、
孤独や寂しさと仲良くする術は上手になっても、その思いが消えるわけではない。

傷を癒したと思っていても、ずっと心の底に沈んでいただけで、
ひょっこり浮かんできて、びっくりすることもあるものだ。

「忘れる」という能力を人間に与えてくれた神には、感謝するべきなのかもしれない。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます

スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<父の日の話 | 色とこころとわたしの話 | ヒーリングカラーとしての黄色の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |