FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
マズロー心理学と色
心理学者のマズローの欲求段階説というものがある。
人間の欲求は、5段階のピラミッドのようになっていて、底辺から始まって、1段階目の欲求が満たされると、1段階上の欲求を志すというものだ。

第1段階:「生理的欲求」人間が生きる上での衣食住の根源的な欲求
第2段階:「安全への欲求」:危険から守り、安全・安心な状態の欲求
第3段階:「所属と愛の欲求」:集団、社会に属し、誰かに愛されたいという欲求
第4段階:「尊重の欲求」:集団から価値ある存在と認められ、注目・尊敬を得ようとする欲求
第5段階:「自己実現の欲求」:自己の潜在的能力・可能性の探求と自己成長を図ろうとする欲求

晩年には第6段階として「自己超越」:自分を超えて、特定個人や人々を幸せにしたい欲求も加えられている。

これは色というとマジェンタだと私は思う。「マザーテレサのイメージ」
また、その上は神Godだろう。これは私はゴールドのイメージ。
その上があるとしたら、宇宙の素神、サムシンググレートかな?それは透明のイメージだ。

なんとなくこの段階って色とも似ているなと思ったので、書いてみる。

まず人間は衣食住の根源的なものを満たそうとする(赤:レッド)
それが満たされると他人と関わりたい、交流を求める(橙:オレンジ)
その交流の中で自分という個を確立し、尊敬されたい自我が芽生える(黄:イエロー)
そして、思いやりや心を通じ合う人間関係を築きたいと思う(緑:グリーン)
他人とのコミュニケーションをとり、自己表現をしたいと思う(青:ブルー)
そして自分の人生の目標の方向性や道を見つけたいと思う(藍:インディゴブルー)
そして自分の能力を発揮し、創造性の活動や自己の実現を果たす(紫:パープル)

勘違いしてほしくないのは、赤が好きな人より、紫好きな人の方が人間として成長しているという意味ではない。
それぞれの色はもっと特徴や意味がある。
ただ、チャクラの色の並びも下からどんどん上に行く順が、この順番でもあり、段階説ともリンクしていておもしろいなと思った。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | 心理学 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<現実を見ないポジティブシンキングの恐ろしさ | 色とこころとわたしの話 | アートセラピーの方法と効果>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |