FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
ヒーリングカラーとしてのピンクの話
ピンクは、女性に味方の心強い色です。
ピンクは子宮内膜の色。
人間が原体験で見たり、感じたりする色です。
女性ポルモンの分泌を活発にさせ、性格もからだつきも女性らしくします。

これを上手に取り入れていくと、「彼氏いない歴何年」という人が、
突然彼氏が出来たり、バリバリキャリアウーマンの人が「出来ちゃった結婚」したり、
離婚の危機だった夫婦が、円満になったりという例もあります。

「ピンク」は「愛」のシンボルカラーであり、自分では無意識に出している
「近づきにくい」「イライラしている」「おっさん化している」という印象を、
ピンクのエネルギーが変えて、そのシンボルである愛で包みこんでしまうのです。

また、生理不順や更年期障害などの、女性特有の症状に役立つと言われています。

<<ピンクの効用>>
・ホルモン系、生殖器、心臓、目、頭、聴力などに影響。
・女性ホルモンを活発にさせ、性格も体も女らしくする。
・ホルモン系全体を調整。
・女性と男性の生殖器の疾患に非常に役に立ち、つわりの時期の吐き気に有効。
・体全体のバランスをとり、必要なものに応じてエネルギーの流れを刺激。
・攻撃的な行動の一因であるホルモンを抑制するノルエピネフリンを放出させる。
・鎮静効果と筋弛緩効果。
・感情のバランスをとる時に有効
・足りないと心身のアンバランスにつながる。
・ホルモンバランスの乱れた時や、愛されていないと不安に思った時などに効果

<<ヒーリングカラーとしての取り入れ方の例>>
・室内のインテリアや、寝具、またはアクセサリーや洋服などに取り入れる。
・全身、または胸や下腹部を中心にローズのものを。メイクにもおすすめ。
・ローズクオーツ・アメジストなどの石をつける。

また、ピンクに包まれているイメージや、
自分の中にピンクのエネルギーが満たされるイメージで、
深く深呼吸をするのもいいでしょう。

そうすることで、あなたの中の女性本来の優しさや、愛らしさ、
女らしさを刺激して、潜在的にあったものを引き出してくれます。
女性ホルモンが増えると、肌や髪も影響を受け、美しくなります。

さぁ、恋愛パワーもアップする「ピンク」を活用してみてはいかがでしょう?
あなたの女性らしさが輝き、光り輝く助けをしてくれますよ。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | ピンク:PINK | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自然の話 | 色とこころとわたしの話 | 溺れない方法の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |