FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
原爆から68年の話
広島の原爆の日から、68年が立ちました。
そしてそんな日、昨日午後に起きた米軍基地キャンプ・ハンセン敷地内で起きた
米軍ヘリコプターの墜落事故の報道を朝からしていました。

戦争について考えさせられる日だな~と思ってしまいました。

広島の原爆の被爆者は平均年齢が78歳を超えたそうです。

私は戦争を知りません。
自分の身に起こることはない世界の話のように思えます。

でも、今現在、この地球上で、戦争をしている所はあり、
実際にテロリストなどもいるのです。

なぜ戦争をするのでしょう?
でも人間が誕生した昔から、争いは続いているので、
人間の本能なのでしょうか?

争いから、憎しみや悲しみが生まれ、そしてその報復をしたり、
自分の宗教のみが正しい、自分の文化が正しいという世界観の違いからの
争いもあるでしょうし、または利権がかかった戦争などもあるのでしょう。

殺戮しあい、破壊を繰り返し、その中からは何が生まれるのでしょう?

今日の広島市長の話の中で
「無差別に罪もない多くの市民の命を奪い、人々の人生をも一変させ、
また、終生にわたり心身を苛(さいな)み続ける原爆は、
非人道兵器の極みであり「絶対悪」です。」
とありました。

「絶対悪」という言葉が、印象的でした。

時代と共にどんどん風化していくことがないよう、
わたしたち日本人が、原爆の痛み、戦争の苦しみを学び
後年に伝えていき、対極にある平和の素晴らしさやありがたさを実感して
それを守る民族として生きていけたら、幸せだと思いますし、
また、それを課せられた民族なのではないかとも思えます。

原爆の被害者の皆様方のご冥福を心よりお祈りいたします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新月(ちょっと過ぎたけど)の話 | 色とこころとわたしの話 | 運・ツキの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |