FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
こころの皮むきの話
「こころの病」に悩んでいる人は、意外に多いものです。
でも自分で「自分はおかしいのかも?」って思っている人は正常に近く、
「自分はおかしくない!」と思っている人の方が、
深みにはまっていることもあると思います。

昔ほど「こころの病」は恥ずかしいものではなくなったし、
治療方法も色々出てきているのだろうと思います。
私は個人的には「薬」に対してはあまりいい印象はないですが、
ケースバイケースで服用をした方がよくなる方もいらっしゃるでしょうし、
上手に使われると効果があるのだろうと思います。

私は「認知行動療法」はいいと思います。
これも合う人もいれば、合わない人もいると思いますが、
ネットなどでも紹介されているので興味ある方は見てみたり、
ネットで手順にそって、自分自身でセルフでできるHPがあったり、
本などもいろいろ出ていて、セルフでできるワークブックなども
出版されているので、自分が好きなものを選んで一度してみるのも一つだと
思います。

「こころの病」になる方は、まじめできちんとされていたり、
世間体や周りの目を気にして、自分を殺してしまう人が多いと思うので、
何か始めるときも「しなければならない。」と思わずに
自分自身が「楽しい」と思ってできるようなものの方がいいですし、
「きちんとしなければいけない」という気持ちがむくむくと出てきたら、
「好きな時にしてみよう」と思えるまで、ちょっとペースダウンなどして
焦らずゆっくりとできそうなものを選ぶのもいいと思います。

「こころの病」まではいかないのですが、
攻撃的になったり、感情の起伏が激しくなったりする人や、
自己評価が低くて、誰かに高い評価をしてもらっていないと
不安に思ってしまい、必要以上に頑張ってしまう人や
相手の要求に従ってしまいストレスがたまっている人なども
いると思います。

根底には自分への「愛情不足」が絶対あると思うのですが、
矛先を外側や相手ではなく、自分へと変更するしか
根底にある問題は解決できないという事がわからなければ
どうすることもできない問題だろうと思います。

今まで仕事をしてきて思うことがあります。
必要以上に自分は仕事ができるアピールをする人がいます。
そういう人は大概仕事の能力が低い人が多いです。

本当に仕事ができる人は、アピールしなくても周りにすぐわかるので、
能力が低い人は、周りに評価されないことを自分でわかっているからこそ
仕事ができるようにアピールしなければいけないのだろうと思います。

でもその深層心理には、やはり周囲に認められる要求が強く(承認要求)
それを満たされないと不安=自己評価が低いということになります。

またそういう人は、誰かをいじめたり、上から目線で相手に不快感を与えたり
誰かを落とすことで自分が優越感を得たりという行動に出る場合もあります。

まぁ最近は「マジか!」と思うくらい、周囲の評価より
自己評価が高い「勘違い野郎」みたいな人もいますが・・・(笑)

でも金メッキは剥げるので、自分の思うような評価が得られないと傷つき、
エスカレートしていくと、やはり「こころ」が蝕まれていく可能性があります。

相手次第ではダメだと気付いたところから、本当の自分で生きることが
スタートできるのだろうと思います。

でも私自身、本当の自分で生きたいとは思うけれど、本当でない自分がたくさんいて
たまねぎの皮をむくように、本当でない自分を見つけて、むいていくことでしか
本当の自分にはたどり着けないと思っています。

その皮むきはきっと死ぬまで続く作業で、さぁ死ぬまでにどれだけの皮をむき、
本当の自分に近づけているだろうかという位に、色んな固定概念だったり
誰かの期待だったり、世間の風潮だったり、自分のいいと思い込んでる人物像だったり
友達の影響だったり、愛する人の好みだったり etc...
無意識の中で、本当でない自分という皮を、かぶりまくっているのだろうと思います。

もし「苦しい」と思いながらもがいている人がいれば、
本当の自分から「一枚皮をむけ」という指令が出て、
本当でない自分という皮を向く苦しみを味わっているのかもしれません。

その皮むきの仕方はいろいろあります。
自分にあったやり方を見つけて、苦しい中にも少しでも
楽しんだり、おもしろがったりできたらいいですね~。

そしてその皮を向いて脱皮した時は、新たなステージに立ち
今まで経験したことがない清々しさを体験することができるでしょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人事を尽くして天命を待ちましょうの話 | 色とこころとわたしの話 | 心の病と家族の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |