FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
自然と世界と変化の話
台風が温帯低気圧になりましたね~。
結構覚悟してたのですが、私の街は今は雨が降っていません。

最近のお天気は、本当に予測不能なことが続きますね。
気を付けようと思ってもなかなか無理なことはありますが、
特別警報の運用もはじまり、
「ただちに命を守る行動をとってください。」というセリフも
今後聞く機会も増えてくるのかもしれません。

「自然の変化が激しくなり、私たちの生活の変化も速度を速めている」
そんな気がします。

昨日までの常識が、今日には新たな常識に塗り替えられていったり、
新たな製品や技術、発明が出てくるスピードも早まって、
変化が加速していき、色んな情報とともに色んな意見も出てきて
それを知ることが簡単にできる世界になってきたと思います。

いい面としては、不透明だった事がどんどん透明化してきたり、
今までは知ることができなかった分野だったり、地方のことも
知る機会が増えたり、同じ悩みや同じ趣味をもつ人とも
コミュニケーションをとることになったり...etc...

でも、この情報の時代になってきて、悪意をもっての発言を簡単にできるようになり、
また秘密の漏えいや、人を傷つける言葉が氾濫するようなこともあります。
今2チャンネルの個人情報が流出したことがありましたが、
それによって使用していた人の中で、自分の発言を知られてしまったことで
匿名の為に自分の会社の情報を流していたり、差別発言や悪意のある発言をした人は
社会的立場を危うくなったり、嫌がらせをされている人もいるといいます。

自分とわからなければ、負のエネルギーや悪意のある言葉をまき散らしてもいいと
思っている人が多いともいえますし、見方を変えると、そういう人たちを作り出す
ストレスをかかえてしまう社会を私たちが創り出しているともいえます。

なんでもそうですが、素晴らしいものであっても、使い方次第では、善にも悪にも
なるものは多いと思います。
変化とともに私たちの生活はとても便利になってきました。
その見返りに、私たちはストレスを感じやすい社会をつくっているのかもしれません。

今の時代、もちろん今の時代の情報を知ることは今を生きることにとっては大切です。
ただ、その情報を得て、自分がどう思うか、何を考えるかをきちんと見張ることは
とても必要です。

色んな人の意見が氾濫していて、その事実よりもその人たちの意見や、世間の風潮に
どうしても流されそうになりますし、それが自分の意見と刷り込むを無意識にしている
場合もあると思います。

他人に自分が考えるべきことを委ね切ってしまうのは、自分を生きていないという
証明をしているようなものです。

「人間は考える葦である」という有名な言葉がありますが、
そのことについて「自分は」どう感じるか、どう思うのかが
今ここに自分が生きているという事なのだと思います。
自分が考え、悩み、考えないと自分には何も身につかないし、
どうするか考えない人に、どうなるかなど見えないのです。

というか、自分で考えたり悩んだりして自分を磨くために
この世に生まれ、肉体をかぶり、ここに生きているわけですから、
毎日起こる色んな事を他人に考える事をまかせ、自分はしないなんて、
そんなもったいないことはないのです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「心配」よりも「行動」の話 | 色とこころとわたしの話 | 人事を尽くして天命を待ちましょうの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |