FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
「心配」よりも「行動」の話
急に涼しくなりましたね~。
台風がまた来ています。
今年は猛暑にゲリラ豪雨に雷、そして今は台風と忙しい夏でしたね。

さて、涼しくなってきて、この夏の疲れが出ている人もいるのでは?
人間の心には、日照時間が関係しているので、これからの季節は
ちょっと気分がふさいだり、ちょっと元気がなくなる人もいるかもしれません。

「心配性」の人は、その「心配」が増えて、自分の中で膨らんでしまいやすい時期
かもしれませんね。

「心配」する人の傾向として、頭ばかり使って体を使わないという傾向があります。
実際に「行動」してみないとわからないことは、この世には多いです。
「石橋を叩いて渡る」人はまだいいですが、「石橋を叩いて割ってしまう」人もいます。

見ている人にしかわからないですが、今人気の「あまちゃん」NHK朝ドラの中で、
宮本信子さん扮する海女さんの夏ばっぱが、孫の天野あき(能年玲奈さん)を
海に文字どおり背中を押して飛び込ませた時のセリフが私は好きです。

「しゃっこい(冷たい)とが、足がつくとかつかねぇとが、考える暇なかったべ?
そんなもんさ。飛び込む前にあれこれ考えたってや、どうせそのとおりにはなんね。
だったら,なんも考えずに飛び込め。
なんとかなるもんだびゃ。
死にたくねぇがらな。」

これは人生においても、置き換えれる言葉だと思います。

きっと心配ばかりしても、やってみないとわかんないことは山ほどあるし、
自分の思い通りなんて一切ならないことの方が、断然多いのです。

それに関しての行動ができなければ、他のことでいいので行動した方がいいです。

瞑想などが、自分を見つけれる方法ということを言いますが、私はそうは思いません。
「動いて 動いて 自分になる」のだと思います。

その中で、いつもこうなっちゃうんだよな~ということなども体験して、
自分の法則みたいなものも見つけることができるかもしれません。

自分で思ったり気づいたりしている自分など少しだけなのです。
それだけで終わるのはもったいない話です。
無限の可能性を秘めている自分というものを、色んな試みを試してみて
色んな自分を発見するのは苦しい事もあると思いますが、きっと魂としては
うれしい作業なのだろうと思います。

なかなか行動できないという人もいるでしょう。
自分のペースでいいと思います。
また、停止して少し自分を見直す時期の人もいるかもしれません。
自分にはだれでも甘いものですが、心配する自分を俯瞰から、
または他人からの見方のような意識で見ると、何か発見できるかもしれません。
欠点を発見することで、それが長所に変えることができるのです。

ただ、「心配」で自分をいっぱいにするのは、自分の波動が落ちるだけで、
その波動によって引き寄せるものも、あまりよくありません。
だったら、行動したり、何か夢中になれるようなことに没頭する方が
断然いい方向に向かうと思うのです。

「心配」はすごいエネルギーを消耗しますからね。
「心配」を停止すると、エネルギーチャージができるということです。、
「心配」をする人は「自我」が強いということを自覚しましょう。
裏を返せば、自分の思い通りに状況や相手をしたい心が潜んでいます。
自分の思い通りにならなかったらどうしようという所から「心配」は発生します。
人生、自分の思い通りになどなりません。

結果は自分が決めることはできません。
それは天が決めることです。
自分は行動するのみなのです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のわたしの話 | 色とこころとわたしの話 | 自然と世界と変化の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |