FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
悲しみの5段階
私は海外テレビドラマが大好きです。
捜査系では「メンタリスト」「フリンジ」「BONES」「lie to me」「CSI」「クリミナル・マインド」「NCIS」「ホワイトカラー」「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」「NIKITA」など
コメディ系では「gree」「アグリベティ」「デスパレートな妻たち」「SEX AND THE CITY」「ブラザーズ&シスターズ」「私はラブリーガル」など
医療系では「Dr.HOUSE」「グレイズ・アナトミー」などなど・・・

それらのドラマを見ているときに、悲しみの5段階を言っていました。
一つはフィアンセを事故で亡くしたお葬儀の場面。
もう一つは本人が原因不明の病気にかかった時。

「悲しみの5段階」

①否定・拒否
②怒り
③あがき
④絶望
⑤受容

これを聞いてなるほど!ととても納得しました。
今までの人生で、悲しみを受けたとき、照らし合わせると、実際この段階を経たからです。

例えば、両親の死や、自分の病気、失恋や仕事での移動、人間関係など・・・

悲しみを忘れるためには、ある程度の時間が必要です。
家族や親しい人が亡くなったり、失恋・離婚などの悲しみを経験すると、この精神的プロセス(段階)を誰もが経験することになります。

この段階をトントントンと進める人もいれば、一歩進んで二歩戻る人や、そのスピードは違うでしょうが、最後にはこの5段階を全て体験すると思います。

最後の「受容」は「受け入れる」ことで「あきらめる」こととは違います。
全てを認識した上で、我慢せず受け入れるということです。

そうすると今までは自分ひとりで抱え込んでいた苦しみや悲しみも、表面に出していけるようになり、自分を苦しめていた枠が解き放たれ、癒されるのではないかと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<夢について | 色とこころとわたしの話 | こころの元気をなくしてる人へ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |