FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
人間も自然の一部の話
古代ギリシャでは、「物質は、火、水、土、空気の四元素からなる」という説があり、
私たち人間を創り出している要素も、この四元素に関係あると思います。

パーソナルカラー(肌の系統を4つに分けて似合う色を見つける)も
この四元素の考え方が根底にはありますし、星占いも各星座がこの四元素に
おおまかにみると分けられたりもします。
血液型も4つですね。傾向としてみると、当てはまる所があるかもしれません

誰もがこの四元素の要素は皆そなわっています。
でも傾向として強くでるものや、多いものがあるのだと思います。

例えば、嫌な事が起こったとき
火:烈火のごとく怒る。
水:涙を流して、悲しむ。
土:落ち込んでじっと動かなくなる。
空気:風が吹くように動きまくり、気分転換をする。
という感じです。

でもある時は涙を流し、ある時は気分転換をし、ある時は怒り、
じっと苦しみや悲しみが楽になるのを待つこともありますし、
同じ時に複数の行動をすることだってあります。

あなたはどのタイプですか?

また、中国では木・火・土・金・水の五要素が世界のあらゆるものを
構成する基礎となるという五行という考えに基づいた思想があります。

のちに陰陽思想と結びついて陰陽五行思想となって日本に伝来し、
日本では陰陽道として展開していきました。

一度本を読んだり、その陰陽五行を基に考えられた食についての話や
陰陽五行を基礎の考えとしたマッサージなどをしている知人に話を聞いたことが
ありますが、とても奥が深かったような記憶があります。
また陰陽五行の占いもありますね。

人間も自然の一部ですから、このような考え方には私は一理あると思っています。
誰もが傾向というものはあります。

「自分を知る」事は一生かけて行う、とても深いことだと思っています。
一つでも多くの「自分」を知ることの為に、いろいろな出来事がある気がします。
でも、なかなか「自分」を知ることや、認めることが難しいこともあります。
どうしても、ジャッジをしてしまうからです。
いい自分=私にある、悪い自分=私にはない
と思いがちで、見てみないふりや、責任転嫁をするように人にせいにしがちです。

いい自分も一つの自分を知ることならば、
悪い自分も一つの自分を知ることになり、
どちらも一つに違いはないのです。

本当に強い人は自分の弱さやダメさを知っている人だと思います。
それを知ってなかったり、認めてない人ほど、傲慢な態度をしたり
そこを指摘されると攻撃的な態度をしがちです。

何か言われて「わたしはそんなことない」と、心が動き
怒りの感情が生まれるようなら、それは自分の中にあると思った方がいいです。

本当にないなら、心は動かないものですから。

生活の中で、そして他人にうつる自分を見つめる中で、
体験の中で、色んな自分を知っていくことが一番だろうとは思いますが、
自分を知るために、傾向をつかむために、ツールを使うのも面白いと思います。
色もツールの一つですね。

ジグゾーパズルを埋めていくように、色んな自分というピースを埋めていき
自分の人生のパズルを創り上げたいものです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<相手と自分の間の話 | 色とこころとわたしの話 | 幸せってなんだっけ?の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |