FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
伊勢神宮への参拝の話
昨日伊勢神宮へ参拝してきました。
外宮にまず参拝して、その後内宮に行かせていただいたのですが、
やはり遷宮後の初めての土曜日ということで、人は多かったです。

外宮に行った時も豊受大神様の正宮のあとに、多賀宮にも参拝をと思ったものの
長蛇の列ができていて、内宮への参拝の時間を考えるとあきらめました。

その後内宮へのご参拝をさせていただきましたが、正宮の前の階段の下から
もう人・人・人の行列ができていました。
撮影禁止であろうが、パシャパシャ写真を撮ったり、帽子やサングラスを
取ることなく身に着けたままの人がいたりで、ちょっと驚きました。

やっとお賽銭箱の前にたどり着いた時にも、中央に人が群れている中、
端の方から手を合わせて参拝をさせていただきました。
木の香りがとてもいい香りで、藁葺屋根がとても美しく、
光を浴びている新しいお宮がとても気持ちよさそうで、
これからの20年間の天照大御神様の新宮に、お参りさせていただけて
とてもうれしい気持ちでいっぱいでした。

その後、荒祭宮に行かせていただいたのですが、そこでも正宮まででは
なかったですがやはり行列ができていました。
その列を無視して横から前に出て参拝される方や、後ろから
お賽銭を投げつけている人もいました。

昨日はとてもいいお天気で、少し気温も下がっていたので暑さもあまり感じず
特に伊勢神宮内は神木が豊かに満ちているので、とても気持ちよかったのですが、
その荒祭宮の列に並んでいるときに、パラパラっと何か霧のような、
本当に微細なしずくのようなものが、体全身に降りかかるように落ちてきて、
一緒に参拝していた友人や、周りの人を見まわしたけれど、
皆は何もそんな事はないようだったので、あれは一体なんだったのかな?と
今でも思っています。

無事、その後荒祭宮にもご参拝させていただいて、伊勢神宮を後にしました。

以前行かせていただいた時は、寒い冬の日だったのですが、
気候のいい季節での参拝で、とても気持ちよかったです。
また、内宮では正宮から吹き抜けてくる風が何とも気持ちよく、正宮の階段で
待っている時に空を見上げると、雲一つない青空が広がっていて、
私たちのいる階段は暗いけれど、正宮へは日の光が柔らかく広がっていて
その光景を、列に並んだからこそゆっくり感じられた気もします。

その後帰途で、前歯で食べ物を噛んだ時に、一本の歯に亀裂が入りました。
何か障りの出来事だろうか?と
何か無礼をしたのだろうか?と
もしそうであれば、私は何をしたのだろうか。申し訳ない。と思い、
色々振り返り考えてみたものの、思い当たる事がない中、ショックだったのですが、
その歯は以前から気持ち悪くて、どうにかならないかと思っていて、
歯医者に行くたびに相談してみるものの、異常がないから治療はできないと
言われていた歯だったので、これで治療してもらえることになった事に気づきました。

意味を考えてみたところで、自分のものさしでの身勝手な解釈にしかならないので、
とりあえず、連休明けに歯医者に行きます。
自分に必要だから起こる出来事であり、そのタイミングだったのだろうとも思います。

天照大御神様はやはりとても素晴らしい神様であり、伊勢神宮へ今参拝させていただき
心より感謝でいっぱいです。
「ありがたい」という神恩感謝の気持ちを直接捧げる機会を与えていただいて、
本当にうれしくとても素晴らしい一日でした。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お母さんの話 | 色とこころとわたしの話 | 神様と私の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |