FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
おじいちゃんの話
先日のブログにも書きましたが、伊勢神宮への参拝の帰りに歯が折れました。
連休あけた今日歯医者に行ってきました。

あっという間に仮歯を入れてくれたのですが、医師曰く歯の中が虫歯になっていて
今も少し歯茎までその影響が出ていたのだそうです。
このままだと、もっとひどくなっていて、治療も難しくなったのかもしれません。

今日は15日でした。
朝、近所の氏神様に行き、伊勢神宮に参拝させていただいたお礼を言いました。
氏神様に行き、鈴の紐をふって、お賽銭をお賽銭入れに入れて正面を見ると
そのちょうど奥の上側に丸い鏡がこちらに向かって祀られています。

私の心がその鏡に映るようで、八幡様に手を合わせていると同時に、
自分の中の神に手を合わせている気持ちになります。

以前カラーセラピーを習いに行った時の講師に、
「神様はいると思う?」と問われ
「いると思います。」と答えたら、
「どこにいると思う?」とまた質問され、
「ここにいます。」と自分の心臓のあたりを指すと
「皆上を指すのに、そんな事言った人はじめて」と言われました。

私は、誰もが自分の心の奥底で神とつながっていると思っています。
自分の意志で神に近づく人間にもなれれば、獣のような人間にもなれるのだと思います。

17日がおじいちゃんの命日なのですが、早いのはOKですし、
今日はちょうど15日なので、お墓参りに行ってきました。
行くときは雨が降っていなかったですが、着いた頃はすっかり雨でしたが、
ちょうど墓石がみがけていいや!とおもって、たわしで磨き、
そのあと拝んで帰ってきました。

私は幼いころ、「おじいちゃん子」でした。
一度も怒られたこともないし、本当に私のすべてを受け入れ愛してくれた人です。
いつも微笑みをたたえ、いつでも私の味方になってくれ、いたずらをしても
笑って許してくれ、将棋でも何でもわざと負けてくれる、本当に私には優しい人でした。

町会議員などを何期もしたこともあり、晩年やめてからも、
おじいちゃんが後ろ盾すると当選するという噂が広がり、選挙の頃になると
色んな人が家に訪れるので、小学校の頃から門の所に
「選挙関係の方ご遠慮ください。」という札が立っていました。

だから外では口もたち、人の心をつかんだり、根回しも上手な人だったのかも
しれませんが、私にはただただニコニコしていて、大切に大切にしてくれた
優しいおじいちゃんで、小学校低学年まではおじいちゃんにべったりでした。

そんなおじいちゃんと一緒に過ごしていたので、夏は蚊帳、そして冬は火鉢で
寒くなると夕飯が終わると布団にもぐりこんで温まっていました。
本当に居心地のいい柔らかい波動で、おじいちゃんの布団にもぐりこんでいると
まゆに包まれたような安心感があり、ほっとできる空間でした。

全てを受け入れてくれるという人が私にいた事が、その後の人生において
私のとても大きな力になっています。
無条件に愛されているということを実感させてくれたおじいちゃんには
ただただ感謝です。

豪快な所もあり、物を見る目があり、何か買う時はその店で一番高いものを出せと
言って買っていたらしいですが、その後の支払いは家族任せで知らんぷりだったり、
人の面倒を、自分にお金がないのに見て、その後は家族の丸投げだったりと、
家族にとっては「困ったちゃん」だったらしいですが、母も言っていましたが、
母も私もおじいちゃんが声を荒げて怒っている姿を一度も見たことがありませんし、
本当に賢く、人が集まってくる不思議な魅力を持った人でした。

筆まめで、色んな人によく手紙を書いていましたし、毎日日記をつけていました。
仲人もしていて、何組もの結婚を取り結んでもいました。
人間が好きだったのだろうと思います。

自分の父親が早く亡くなり、8人兄弟の長男として年の離れた妹などはおじいちゃんが
育てたようなものだったらしいですが、本当は東京でバリバリ仕事をしたかったのだろうと
思います。

今兄が半分以上東京にいて、東京を中心に仕事をしているのを見ると、おじいちゃんが
兄についているのだろうと思ってしまいます。
兄の仕事を通して、おじいちゃんも自分が今生で果たせなかった夢を味わえていたら
それはそれでうれしいことだなと思います。

皆、知らない神様にお金を投げてお願いしますが、見返りを求めず自分の為に
力を惜しまず頑張ってくれるのは御先祖様です。
親が子供にすることを、他人にしろと言われたらきっとできないでしょうし、
するとしたらお金などの見返りを要求すると思います。
その親が子を愛しみ育ててくれるように、先祖様は子孫を無償で応援してくれます。

ですから、先祖様に対しては供養をしっかりすることで、先祖様のパワーは強くなり
そしてその先祖様にお願いすると、見返りも求めず動いてくれるのです。

色んなパワースポットに行くより、自分の先祖のお墓参りする方が、
自分という木の根っこに水を撒くようなものですから、
自分が強く豊かになる事にもつながります。

宮本輝さんの本の中で
「わしは親孝行の人間が不幸になったのを見たことはあらせん。
 お前はきっと幸せになるぞ。」
というセリフがあって大好きなのですが、

「わしは先祖供養をする人間が不幸になったのを見たことはあらせん。
 お前はきっと幸せになるぞ。」
とも言いたい私であります。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鬱病の人へ☆の話 | 色とこころとわたしの話 | お母さんの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |