FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
秋の過ごし方と注意する事の話
伊豆大島で台風26号の被害が報道されています。
被害に合われた方々、心よりお悔やみ申し上げます。

今年はとても台風が多いですね。
次々と台風が発生して、日本に向かってきます。

今年から特別警報も始まりましたが、防災意識を各個人が高めて、
「備えあれば憂いなし」という言葉通り、危機管理の意識も必要なのかもしれません。

昨日からぐっと寒くなり、今日は冬準備で、ホットカーペットやストーブを出しました。
一時期はファンヒーターも使っていましたが、物心ついた時に既に我が家にあった
「アラジン」が一番暖かく、灯油も持つので今年はこのストーブで乗り切ります。

とても乾燥する季節にもなったので、火の元には気を付けようと思います。
以前勤めていた所で、お線香から火がついて、家が全焼した方がいました。
これからの季節本当に気を付けようと思います。

今年は暑い日が続きましたが、秋がやってきました。
秋の夜長には「紅茶」のイメージが強く、私はこの季節は紅茶や
ハーブティーを色々試しては楽しんでいます。
「ルピシア」がおいしくて購入したり、ネットで色々試してみたりします。

紅茶以外のフレーバーティーも今年は楽しんでいます。
私はルピシアの白桃烏龍や、
ネットで見つけた黒蜜と黒豆きな粉のほうじ茶
がお気に入りです。

私は秋冬の寒いのが苦手な方です。
が、その季節だからこそ楽しめる事を、思い切り楽しんでいます。
今は秋の味覚も満載ですから、栗ごはんや枝豆、カボチャスープなど
またフルーツも梨、柿、いちじく、ブドウなどなど色々いただいています。

旬のものは、その季節に必要なエネルギーを私たちの体に与えてくれる気がします。
また、おいしいものを食べたり、飲んだりすると幸せな気分になれます。

自然は厳しい一面を見せることもありますが、本当に私たちに恵みを与えてくれます。
今は私の住む町は稲刈りの季節で、黄金に光る稲が太陽の光を浴びて
キラキラと光っています。
その光景を見ると、思わず神がここにいると思わず感じてしまいます。
稲のように頭をたれたい気持ちになります。

昔の人たちが、恵みをいただいた秋に神に感謝の気持ちを捧げて、
お祭りをした気持ちがよくわかるような気がします。

私たちは、私たち先祖がしてきたように、もっと意識的に
自然を壊さない努力と守る努力と、自然への感謝をするべきなのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<食のありがたさの話 | 色とこころとわたしの話 | 鬱病の人へ☆の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |