FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
本当の自分を知る話⑧
今年の3月9日の自分のブログにも書いたC・R・ロジャースの言葉です。

私が自分自身を受け入れて
自分自身にやさしく耳を傾けることができる時、
そして自分自身になることができる時
わたしはより良く生きることができるようです・・・。
言い換えると、私が自分に
あるがままに自分でいさせてあげることができる時
私はより良く生きることができるのです。


なんと優しい言葉でしょう。
自分という存在そのものを肯定できる素晴らしい言葉です。

そして、ロジャースは心の声に耳を傾け始めたときの変化を10あげています。
1、偽りの仮面を脱いで、あるがままの自分になる
2、「こうすべき」「こうあるべき」といった「べき」から自由になる
3、他者の期待を満たし続けるのをやめる
4、他者を喜ばすために、自分を型にはめるのをやめる
5、自分で自分の進む方向を決める
6、結果ではなく、プロセスそのものを生きる
7、変化に伴なう複雑さを生きる
8、自分自身の経験に開かれ、自分が今、何を感じていくのか気づいていく
9、自分自身を信頼する
10、他人をもっと受け入れるようになる

自分で自分の人生を創っていくためには
「いい人になって人の期待を応えすぎるのをやめること」
「他人の目を気にするのをやめる決意をすること」

が必要とも述べています。



何度読んでも、とても心が軽くなるようです。

喜怒哀楽の感情は誰にでもあります。
でも幼いころに、しつけられる中でその感情に○×をつけてしまうことがあります。
例えば
「喜ぶと思ってしてあげたのに、かわいくない子ね。」
「お姉ちゃんなのに、何怒ってすねてるの。いい加減にしなさい。」
「男のくせに泣くな!!」
「せっかく旅行連れてきたのに楽しまないなら、もう帰るよ。」
って感じです。

そのうちに、
「人に何かしてもらうと喜ぶべきだ。」
「お姉ちゃんなんだから、我慢して怒るべきではない。」
「男は泣くべきではない。」
「どこかに遊びに行くと、楽しまなければいけない。」
というように、いつの間にか色んな「べき」ができています。

「全ての苦しみの根源にあるのは、
「きちんとしなければいけない」と思っていることだ。」
という言葉を教えてもらったことがあります。

そして大人になるにつれ、
「大人なんだから」
「子供じゃないんだから」
とその喜怒哀楽を表現することや、感情によっては自分がその感情を生む事を
恥ずかしく感じるようになります。

そしていつの間にか、自分自身に対してもごまかすようになります。

大人だろうが、男だろうが、女だろうが、
嬉しいことは嬉しくて、喜びがあふれるし、
嫌な事や、腹立つことがあれば怒るし、、
悔しいことがあったり、辛い時には哀しいし、
心がうきうき弾むように楽しいと、
自分の心が感じるのは当たり前で、それが人間だと思うんです。

人間に必要だからこそ、喜怒哀楽という感情が与えられているのです。
どれもが、とても大切な感情なのです。
そして、その感情の奥に、本当の自分がいるのです。

もちろん、社交の場や、仕事の場、ご近所との付き合いなどで
対人関係の中で、その感情をあらわにできない事は多々あります。
でも、その感情を自分にはないと無視したり、恰好つけたり、いい人ぶったりして
自分自身をごまかすと、その感情が自分の中で溜まって発酵して大変な事になります。

ある感情にシャッターを下ろしてしまって、何も感じないようにしていると
必ず歪みが出てきて、何かのきっかけに自分の中に混乱をきたします。

そして溜まっていったその感情が発酵して、自分のキャパを超えた時に
原因不明の(自分が無視しているだけ)もやもやの感情や、
理性ではどうしようも抑えられない気分の落ち込みや怒りなどが噴出します。

先日美智子様のテレビを見ていた時に、ピアノがお好きな話の中で
「音楽は自分の内に流している涙や苦しみを、外に出して浄化する事ができます。」
という事を言ってらっしゃいました。

本当の自分を知るためには、理性ではなく、知識でもなく、
まずこの「感情」を無視せず、ごまかさず、意識的にみつめていくことです。
悔しい時は一人で泣けばいいし、嬉しい時は一人踊ってもいいんです。

全ての感情をそのまま受け入れられたら、これほどいいことはありませんが、
大体受け入れられません(苦笑)
自分にはそんなものないと否定したり、昔の浄化されていない感情に、
自分の中で封印しているその時の思い出がくっついていることもあるからです。

でも、思い出す事ができるものは、受け入れることも浄化できることもできます。
「べき」というものは何もないんだと思いながら、その時その時の感情や
昔流せず自分の中にたまった涙なども思い出す度に、外に出して浄化していくことで、
本当でない自分を見つけていけて、本当の自分を知る事につながるのだと思います

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | 本当の自分を知る話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日はさそり座の新月で日食の話 | 色とこころとわたしの話 | 本当の自分を知る話⑦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |