FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
叶う夢を見る話
人は叶う夢を見るといいます。
叶える人と、叶えれない人がいます。
この違いはなんでしょう?

人によってはあきらめない心というかもしれません。
人によっては行動力というかもしれません。

もちろんそれも必要です。
それにもう一つ私は、自分を信じるという信念なのかな~と思います。
自分の内の神は「必ず求めるものを与えてくれる」という信念。

私は、自分の心の奥深くが神とつながっていると思っています。

でも、ついつい「不安」にさいなまれます。
現実的には・・・
あの人だってできてないし・・・
など、できない理由を探してしまって、もっと不安を増幅させてしまいます。

よく夢をかなえるためには、プロセスではなく、その結果を考えなさいといいます。
そしてそうなった時の様子をイメージしなさいと・・・。

自分の夢が叶った時ですよ。
そりゃ嬉しくてニコニコですよね~。
そして、その夢が叶った事に、思わず感謝してしまうのではないでしょうか。

この「今」は「過去」の自分が想い、創り上げた現実です。
どんな現実であろうと、誰のせいでもなく、自分の人生は自分のエネルギーで
日々創り上げられています。ある意味思い通りになっているのです。
ということは、「今」の自分は「未来」の自分の現実を創り上げています。

波動の法則をいうと、人間関係でも何でも、同じ波動のものを引き寄せます。

「こうなればいいのに」「これが欲しい」「こうなりたい」というのは、
「足りない」「満たされてない」と宣言しているようなものです。

「ありがたい」「嬉しい」「満たされている」気持ちで、
「感謝」をすると、その感謝の波動と同じものを引き寄せます。

本当の正しい祈りは、求めたりすがったりすることではなく、
感謝の祈りなのでしょう。
求めるのではなく、望みがかなっていることを素直に感謝するのでしょう。

それでも叶わない夢もきっとあるでしょう。

その願いが他人の不幸を願うようなものであったり、歪みのあるものは、
同じ波動が自分に返ってくるので、自分が苦しむことになります。

自分の「自我」「意識」「肉体」の願いに対して、
「真我」「潜在意識」「魂」が必要ないと却下する事もあるでしょう。
現実を創っているのは「潜在意識」ですから・・・

でも、頑張ったことは決して無駄にならず、回りまわって何か他の形になります。
質量保存の法則というか、出したエネルギーは返ってきます。
直接具体的な夢を描いていたとして、それにエネルギーを注入すると、
たとえ、それが叶わなくても、回りまわって別の形で別の何かが手に入り、
結果としてそれは自分にとって嬉しいことになる事もあります。

自分からエネルギーを出さないと、自分にも返ってきません。
そのエネルギーの一つが自分の発心であり、信念なのだと思います。

無私の心のものはきっと叶いやすいような気もしますが、まずは自分。
自分が幸せになり、周りも喜べるようならそれは最高ですが、
そうでないとしても、自分の人生の答えを知っているのは自分だけです。
それを信じて、自分の道を模索しながらも、創っていきましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<潔い生き方の話 | 色とこころとわたしの話 | 今日はさそり座の新月で日食の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |