FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
潔い生き方の話
先日映画を見ていたら

「私があんたに幸せにしてなんて頼んだ?
こんな無様な状態だけど、私は今幸せだよ。
自分の足で立ってるもん。
自分の人生の落とし前、自分でつけることができたらそれでいいよ。
誰かに褒めてもらおうなんてつもりないから。。」

というようなセリフがあった。

そのセリフを聞いて、父が亡くなる前に私に言った
「お前が、わしの人生をどう思うとんかしらん。
馬鹿にしとんかもしれんけど、そりゃーわしの人生はええ人生じゃったぞ。」
という言葉を思い出した。

そして癌の告知をした時に、自分の死期を悟ったであろう父は、
大分前から食事ができない状態で、食べても嘔吐しているにも関わらず
「寿司が食いたい」
と言って、急いで買ってきたお寿司を
「うまいな。あーうまい。
何がどうなろうが大した事ありゃせん。」
と私に向かって、何とも言えないカラっとした笑顔を見せてくれた。

私はそんな父の事を、ずっと小さいと思っていたし、
本当に父の思っている通り馬鹿にしていた。
私自身がつくづく馬鹿者だと思う。

こんな潔い生き方には憧れる。

父も結構感情を表す人だったが、私も喜怒哀楽が激しい。
嬉しい時は、テンションがとってもあがるし、
辛い時は、凹む。
近しい人以外にはポーカーフェイスを決め込むので
「飄々としている。」と言われるが、近しい人には素直に見せる。

昔はポジティブシンキングで、空元気を出して明るく振舞って、
その問題を無視していたが、いくら他でごまかそうとして
友達と馬鹿騒ぎしたり、お酒を飲んで忘れようとしても
その時は楽しく過ごしても、一人になると楽しかった分
ドーンと落ちるような気持ちになっていた。

ので、最近はその喜怒哀楽の感情を、
ごまかさずそのまま抱きしめようとしている。

感情は魂の言葉なので、心の言葉に耳を傾けたいと思う。

人間、相手の為と思ってすることは、結局相手のせいにしてしまう。

父とは反対に母は、良妻賢母で愚痴も悪口も言わない人だった。
それが、難病になって亡くなるまで、自分の内にたまったそれらが吹き出し
それだけではなく、自分の事の悪い事全てが父と私のせいになった。
病気になったのも、自分の人生が悲惨な人生になったのも、
こんなに辛い思いをすることになったのも、家族のせいだった。
そして、何をしても褒めてもらいたがったし、
「私がしてあげた」「してあげる」が口癖だった。

本当に両極端の生き方を、私は両親に見せてもらった。
同じ家に住んでいても、家族であろうが、やはり個々の生き方なのだ。
自分がどう生きるかは自分で決めるしかなく、同じ事をするにしても
相手の為と思うのと、自分がしたいからするのでは違うのだと思う。

コーヒーカップの話をご存じですか?
人間一人ひとりをコーヒーカップに例えている話です。

他人のコーヒーカップを満たそうと、
自分のコーヒーを他人のカップに入れても、
実はそのすべてのコーヒーカップの底がつながっていて、
見える世界で自分が人に与えていても、
自分が足りなくなると、つながっている底から
他人のカップのコーヒーを吸い上げています。

だったら、まず自分のコーヒーカップを満たす事を考えましょう。
すると、せっせと他人のカップにコーヒーを入れなくても、
底から他人のカップに、自分の満たされてあふれるコーヒーが
自動的に流れていき、他人も満たすことができるという話です。

あなたの心のカップは満たされていますか?
自分のカップを満たしていきましょう。
そうすることで、きっと潔い言葉に乗せれる生き方ができそうな気がします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<そうだ京都に行こう!の話 | 色とこころとわたしの話 | 叶う夢を見る話>>
この記事のコメント
初めまして!
数日前にこのブログの存在を知り、ブログスタートから遡って読ませて頂いてます。

実は…
自分の身に突然のハプニングが起きて無職となってしまい、大きな不安に襲われています。
先の見えない不安から、夜中に何度も目が覚め激しく脈打ち、気分が落ちたままでした。

そんな時に『マゼンタ色』の繋がりでこちらに辿り着きました。

色々と読んでいく中で
『今起きている出来事は、自分を見つめ直す機会』
『何事にも感謝の心を持つ』
『ありのままの自分を受け入れる事』
等、今まで何度か耳にした事があり『なるほど』位しか思っていなかった言葉でも、今回ブログを読んでいて自然と涙が出ている事がかなりありました。
これも何か自分の中で変化があっているという事なのでしょうか…
(不安から来るものが大きいとは思いますが)

これから自分の道を新たに決めなければなりませんが、自分のステージを上げる事が出来る様に毎日ブログを拝見させて下さい!!!

このブログに出会えて、少し心が軽くなった様な気がします。
出会わせてくれてありがとうございます☆

これから寒くなりますので、お体には十分お気を付けてご自愛くださいませ。
2013-11-06 Wed 10:17 | URL | くま #- [内容変更]
コメントありがとうございます。
くまさんへ

こちらこそ、とても嬉しいコメントありがとうございます。
そして、ブログ読んでいただいてありがとうございます。
それもスタートからなんて・・・(+o+)
長文のだらだらした文章なのに、有難い限りです。

無職になると、本当に不安に苛まれますよね~。
私も今までの人生でも無職の時はありましたし、
仕事に関しては本当によく迷い、よく悩みます。

思い通りいかない事もしばしばですし、仕事は他人の評価を必要とする世界ですから、
相手に受け入れられなかったり、拒否されると、悔しいし、凹みます。
そして、自信がなくなることもあります。

私の場合は、何もなく順調な時は、調子に乗るので(苦笑)
思い通りにいかない時や、ハプニングがあるときに、
立ち止まって色々見つめることができ、その時は辛くて仕方なかったりするけど、
後に、それが自分の糧になっていたり、自分の智慧や強さになっていたりします。

だから人生には無駄な事はないんだと思います。

生みの苦しみであったり、手放す恐怖だったり、先行きの不安だったり
それはきっと誰にでもあることです。

そして、自分の道や自分の答えは、誰かに手助けしてもらったとしても
自分で見つけるしかないのです。
それは自分の痛みや苦しさをともなうこともあるかもしれません。

自分の中に「不安」が多くあるということは、
その反対の「愛」も多くあるということだと思います。

両手がいっぱいだと、次の扉を開くことができませんから、
今は両手いっぱいにある不必要なものを手放す時なのかもしれません。
手放す用意がくまさんに出来たから、現実が動いたのでしょう。

苦しい時は苦しんで
哀しい時は悲しんで
しっかり浄化をして・・・
そのあとには笑顔になれる日が絶対きます。

近所の90歳以上のおばあちゃんが、
「何でかな~。ええ事の前には絶対に辛いことがあるもんなんじゃ。」
と言ってましたが、私も経験から「本当だ」と知りました。
くまさんも体験できると思います。

「やまない雨はない」ですから。

こちらこそ、出会いをありがとうございます。

tattovaa
2013-11-06 Wed 23:31 | URL | tattovaa #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |