FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
天国と地獄の食事
天国の人は満たされていて、ふくよか。
地獄の人は満たされず、ガリガリで、痩せこけている。

そんなイメージはないですか?

こんな話を聞いた事があります。

天国も地獄も食事方法は一緒なのだそうです。

その食事方法とは、
丸い大きなお釜にたくさんのご飯があり、その周りに長い長いしゃもじが何本も置いてあります。

天国の人は誰かがご飯を食べたそうにしてると、その長いしゃもじでご飯をすくって、その人の口元に持っていき食べさせるのです。
その人がお腹いっぱいになるまで、繰り返すのです。
今度自分が食べたいときは、誰かがその長いしゃもじで自分の口元にご飯を持ってきてくれます。
だから、皆いつもお腹いっぱいで、ふくよかなのです。

地獄の人は、そのお釜に入っているご飯を、誰にもあげずに独り占めしたいと思います。
だから、その置いてある長いしゃもじを使って、自分の口にご飯を入れようと試みます。
でも、しゃもじが長すぎて、自分の口元にはご飯は持っていけず、結局食べる事ができません。
皆が皆、自分だけ食べようとして食べれないので、痩せこけているのです。

私たちが住んでいるこの世界は、どちらの世界でしょう?
どちらの世界に住みたいですか?
私は天国に住みたいと思います。

私は今天国の人だろうか?
地獄の人になっていないだろうか?
いつも自問自答です。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自分の波動 | 色とこころとわたしの話 | うつ病について>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |