FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
魂のテーマの話
「どうしても、思うようにいかない。」
「何をしてもうまくいかない。」
という時はだれでもあると思います。

さて、どうしますか?

夏に「溺れない方法の話」を書きましたが、
焦って自力でどうにか軌道修正しようとすればするほど、
また「助けて~」と大騒ぎすればするほど、呼吸が浅くなり、
人間は溺れてしまうのだそうです。

うまくいかない時こそ、きっとその流れに身を任せながら、
ゆっくりと呼吸をして、力を抜いて、冷静になってみるということが
大切なのかもしれません。

実際に溺れない方法では、深呼吸して身をまかせて力を抜くと人間は浮くので
溺れないのだそうです。

また、いつも走っていると、見落としてしまっている事が
とても多いのだと思います。

高速道路で走っている時を思い浮かべると、視野が狭くなり、
前の一部しか見えていません。
それがスピードが落ち、歩くほどの距離になれば視野が広がり、
道端にそっと咲いている花にも気付くことができます。

人生が、自分に問いかけてきている時もあるでしょう。

「このままの生き方でいいのか?」
「新たに始めることはないのか?」
「この出来事やこの事態は私に何を呼びかけているのだろうか?」
「何に気づけ、何をせよと言っているのだろうか?」
「未来からの呼びかけは何だろう?」
etc...

その時考えることで、答えが見つかる人もいるでしょうし、
答えがわからない人もいるでしょう。

簡単に出る答えもあれば、
人生においての大きく深い問いについては
簡単に答えなんて出るものではなく、
その時に出た答えが後になってまた修正されたり、
死ぬ時まで、何度も何度も迷い悩む事もあると思います。

それでも、普段は放置しっぱなしの自分の内を見つめる事は、
家の整理整頓や掃除と似ていて、デトックスやクリーニングでもあると思います。

私などは、調子よくいってるときなどは、あまり考えず
ただ「楽しい。楽しい。」「やっぱり私ってやるな~。天才!」と(笑)
自分を肯定するのを超えて、自画自賛して調子こいているので
つまずく事はとてもありがたい時間になります。

私の場合、色々考えて、考えて、結局は「よくわからん。」ってなって、
感覚に従って、考えた事とは全然違う行動するなんて事もあります。
悩んで悩んで答えが考えてもでなかったのに、朝歯磨きしていて
「あっ。こうしよ。」と晴れ晴れした気持ちで、瞬時に決めることがあります。

悶々と考えている間に、自分の中にたまった毒の浄化をしているのでしょうかね~。
そして、「出し切る」とすっきりして、次の扉が開くような気もします。

結局は私の大好きな良寛さんの
「災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
 死ぬ時節には、死ぬがよく候。
 これはこれ災難をのがれる妙法にて候」
に至るのでしょうか。

人生の苦しみの90%は、思い通りになっていない事だともいいます。
今生の魂のテーマは、このどうしてもうまくいかないと感じる部分だと
聞いたことがあります。

・精神性
・健康
・仕事
・経済
・家族
・愛情
・職業
・社会的な生活

あなたは何が思い通りになっていますか?
何が思い通りになっていないですか?
どうしてだと思いますか?
それはどこだと思いますか?

もちろん複数ある人もいると思いますが、どうしてもうまくいかせたいと
心が強く思い行動するのにも関わらず、それでもうまくいかない事から
意識していくと、自分の魂のテーマのヒントになるかもしれませんね。

自分の答えは自分の中にしかないですからね。
どっかに解答が貼ってあればいいのにな~と思うこともあります(笑)
また、誰かが答えを教えてくれるのではないかと聞いてみたりしますが、
他人の答えは他人のものであり、自分の答えではないんですよね。

でも答えを知りたいとフォーカスしていると、テレビから、また雑誌から、
ラジオから、広告から、誰かのふとした言葉からetc...
答えと思えるような事が、降り注いでくることもあります。

まぁ、この答え探しを体験の中でしたいから、私たちは「命」をいただき、
この世で、記憶を忘れ、時間を与えられているのかもしれません。
自分の意識は苦しくて仕方ないと思っていても、魂からすると
したかったゲームをやっとすることができて、楽しくて楽しくて
仕方ないのかもしれませんね。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「愛」の話 | 色とこころとわたしの話 | ちょっと元気になる言葉。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |