FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
自分が自分の人生を創造してる話
今日は寒いですね~。
寒いのはとっても苦手ですが、山々を見ると紅葉が美しくなっていて、
秋が深まっているのを見ると、日本の情緒を感じることができます。

新緑の輝く夏もいいですが、深みのある秋の色も美しいです。
自然は、全ての真理を含んでいて、目に見せて教えてくれます。

それぞれの植物がそれぞれの違う色に染まることによって、
調和のとれた美しい風景になります。

そして同じ植物であっても、変わりゆく姿を見せてくれます。

他人の色が美しく見えて自分と比べてしまいますが、
自分自身の色を精いっぱい出すことで、
美しい調和のとれた世界を創り出すことができるのでしょう。
また違うということを認め合う世界はいいな~と思います。

そしてこの世はうつりゆく「時」があります。
変わるということだけが変わらない世界なのです。

意識しようが、無意識だろうが「変わる」のがこの世です。
すべての状況は一時的で、どんなこともいつまでも
同じままではいないし、静止してはいない。
どちらの方向へ変わるかは、自分次第なのでしょう。

今の現状は、過去の自分が創造したものです。
自分の人生は、思い⇒言動⇒行動、そして選択の連続で各々が創っていっています。
自分が何を思い、何を言い、どんな行動をして、
どんな選択をしているかを、皆さんどれだけ意識しているでしょう。

意識しようが、無意識だろうが、結局は自分が創り上げていっています。

自分の前で起こる出来事はただの状況であり、
「良い」状況でも、「悪い」状況でもないのです。
それをあるがままに捉えて、自分の価値判断はやめましょう。

それでも感情が湧き上がる時は、その状況ではなく、
あなたの価値判断をみつめましょう。
何があったかとか、相手のここが悪いというよりも、
できるだけフラッとに客観的に出来事と見て、
自分がどういう受け止め方をして、どういう気持ちになり、何を思い、何を考え、
または何を言い、どんな行動をしたか・・・そして何を選択したか
これを見つめましょう。
自分のエネルギーと言動、行動が自分の人生を創っていっています。

もし、今の現状を「こんなはずじゃなかった」と思うのであれば、
まず自分がこうありたいと望む自分と、現状の自分の違いを見つめましょう。

そして「変えよう」と決心しましょう。

そして自分に問いかけてみてください。
あなたはどうなりたいですか?
なにをしたいですか?
そう考えた時、ハートはうきうきしますか?わくわくしますか?
重くしめつけられたり、もやもやするものは違います。

自分の魂が何を追及しているかはっきりさせましょう。
そしてそれに対して批判することをやめましょう。
はっきりするまで考えましょう。

そして意識的に自分の考えと言動と行動を見張って、
自分がこうありたいと望む自分に意識的に変えていきましょう。

創造のプロセスに必ず大切なものは「信念」です。
願いは当然叶えられると信じることです。
願うだけではなく、確実にそうなると信じる気持ちが強くなれば、
強い感謝の気持ちが生まれます。感謝せずにはいられません。

一部でも否定すれば、自分を否定することになり、
非難するのは自分を非難することになります。
自分を信じる事からすべては始まるのです。
そして、わくわくしながら、楽しみましょう。
楽しめないものがあれば、選びなおしましょう。

もし行き詰れば、最初に戻りましょう。
不安が心に広がるようなら、逃げずにそれと対峙しましょう。
何が不安なのか?
その不安が現実になると、どのような状況になるのか?
その状況になった時、何が自分にとって悪いのか?自分はどうなるのか?

不安って、結構漠然としてもので抽象的だから恐怖に思えるけど、
実際に具体的に考えてみると、大したことないなって思えることも多いものです。

学生時代、先生の質問に「あたりませんように」と思うと、当たったことありませんか?
「不安」に思えば思うほど「不安」が大きくなり、その「不安」な現実を引き寄せます。

誰もが、何の根拠もないけどこうなるに決まってるって思い込んでた事が、
現実にそうなったって事ってありませんか?
無意識にきっとそういう体験している人もいると思います。
それを意識的に使えば、自分で自分の人生を豊かに創造していけるのでしょう。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<どんな自分でいたいかの話 | 色とこころとわたしの話 | 「愛」の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |