FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
大きな流れの話
私は先月から新しい仕事を始めています。

昨日、ある人から連絡があって、仕事をしているのかと聞かれ、
仕事の話だったら、今しているからと断ったのですが、
今の私のしている仕事が、これから忙しくなる時に欠員が出て、
一人新たに入れる話があったのですが、その話だったようなのです。

今行っている仕事は、それまでも色々仕事のお話はあったものの、
今までの人生でこれほどにうまくいかなかったことがないという位、
全然仕事の話がまとまらず、その後にとんとん拍子に決まった話です。

そして、その時にもし私が断っていたとしても、また同じ話がくることに
なっていたのだと思い、自分で選択しているつもりであっても、
自分に必要な体験というのは、手を替え品を替え、
何度も何度も自分に与えるようになっているのだと思いました。

今回は「どれだけ~!!」(ikko風)と思いました(笑)

過去の選択について、とても後悔する人がいます。
AとBという選択があり、Aを選んで時が過ぎ、あの時にBを選んでいたら・・・と
思いを巡らすのです。

その時の自分が精いっぱい考えて選んだことでしょうし、
実際にその選択をして続いている、もしくは続いたなら、
それはきっと正解だったのだと思います。

もしAでない場合は、うまくいかなかったり、Bの方の体験が必要であったら、
その後、自分では予想だにしない流れになり、Bそのものでなくても
近い体験をするようになるのだろうと思います。

自分の意識で選んでいるようでも、やはり大きな流れというものがあり
それに沿って生きていくようになっているような気もするのです。
「なるようになる」というのは、本当にそうなのかもしれません。

正しい所に正しい時にいる。ということなのでしょう。

今の仕事が、自分の意識ではそんなに向いているとは思えないのですが(苦笑)
これほどに幾つもの筋道があり、流れ着くようになっているのであれば
きっと私自身、この仕事の中で、新たな自分を発見できるのかもしれません。
それはとても楽しみなことです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「成人の日に 谷川俊太郎 」の話 | 色とこころとわたしの話 | 「あれも欲しい、これも欲しい」は大切の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |