FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
攻撃することは攻撃されること
アルジェリア人質事件で、現在外国人の犠牲者は8カ国37名と発表されていて、
日本人7名も犠牲になっている。
心からご冥福をお祈りいたします。

本当にとても悲しいことだと思う。

この地球を人間の体、私達一人ひとりを一つの細胞と例えると、
同じ体の一部である細胞がその他の細胞を攻撃してるように思える。

そして攻撃すればするほど、その体は弱っていき、
回りまわって自分まで被害を受け弱ってしまう。

それでもやめずに攻撃をし続けると、その体は死んでしまうかもしれない。
そうなると、必然的に自分も死んでしまうわけだ。

人を攻撃するという事は、そう考えると結局は自分自身を
攻撃することになるのかもしれない。
その原因が何であれ、誰かを攻撃することは、
自分を攻撃し、傷つけていることになるのだ。

こういう報道が出ると、私はブルーハーツの「青空」を思い出す。

THE BLUE HEARTS 青空(you tube)

「生まれた所や皮膚や目の色で いったいこの僕の何がわかるというのだろう」
という言葉には、大きくうなずかされる。
本当にいい唄だと思う。

またブルーハーツの「チェインギャング」も好きな唄の一つだ。

THE BLUE HEARTS チェインギャング(you tube)

「・・・世界が歪んでいるのは僕のしわざかもしれない
・・・・キリストを殺したのはそんな僕の罪のせいだ」
という歌詞がある。

それを傲慢ととる人がいるかもしれない。
でも、私は体の一部である細胞の自分が、その体に影響を与えているという意味だと思う。
一人ひとりが、その体を創り上げいる大切な一部なのだと。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<外見にこだわりすぎるあなたへ | 色とこころとわたしの話 | マザーテレサの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |