FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
恥を知る話
仕事をしていて、特に男の人ですが
「そうッスね」
「~ッス」
「あざ~ッス」
というように「ス」をつける人がいます。

とても感じが悪く思えます。
若い人もですが、30代位の人で言っている人をみると
「仕事できないんだろうな~」
と思ってしまいます。

実際に知識はあっても、重要な仕事はまかされていない人も
知っていますが、その理由もわかります。

どこか信頼ができないというイメージを持ってしまいますし、
軽く、本当に理解しているのかという疑問もわきます。

そして恥ずかしくないのだろうかと、思ってしまうのです。
上司に対して、大切な取引先に対して、もしくは社会人としてその社会の場で
「~ッス」というのは
決して敬語でも、丁寧語でもありません。

最近「恥」をどんどんと感じなくなっている人が増えてきている気がします。
いわゆる「クレーマー」という人たちの増加も言われていますし、
色んな職業の人たちから、その現状を聞くと、信じがたい事も多くあります。

それを聞いた時に、それをする人が
「本人はそんなことを言ったり、したりして、恥ずかしくないのだろうか?」
と思い、口にしますが、いつも
「恥ずかしいと思えるような人は、しないよ。」
という答えが返ってきて、なるほどと思います。

そして、年齢を聞くと、若い人と思いきや、年を重ねていたり、
いい大人が・・・・という人や、お金がないのかと思いきや
恵まれている人も多いのです。

若い時は、馬鹿をしたりしますし、それをして、大目玉をくらったり、
怒られて、気づくこともあります。

ゆとり世代が色々と言われていますが、ゆとり世代よりも
そのゆとり世代を創り上げている、大人たちが自分自身のことを
振り返り、もっと見つめることも必要ではないかと思います。

「武士道」というものが、ずっと根底にあった日本という国ですが、
全くもって、恥ずかしい事をする人が増えたものだと思います。
子供は大人の真似をしたり、大人を見て育つものです。
「ゆとり世代は駄目だ!」
「学校教育がダメだ!」
と他人事にしてしまいますが、日本に住む一人ひとりの大人が
子供に対して、胸をはれる恥を知る大人であり、
そういう人が創り上げる国になれば、
その背中を見て、子供は育つのではないかと思います。

他人に見られるからとか、ばれるから、しては駄目と思うのではなく、
「自分がどのような自分でありたいのか」ということが
大切なのだと思います。

全ては自分に返ってきますし、
その時に得をしたと思っていても、目に見えない世界での自分は落ちて、
その後の運気が落ちてしまうこともあります。

またその時その時の、自分の思いや行動が、自分自身なのです。
人間ですから、欲があったり、色んな邪念があったり、
悪意をもったり、よくない思いに惑わされることも多いですが、
それを実際にする人としない人には大きな壁があると思いますし、
結局は、どこに自分を置きたいのかという所に尽きるのだと思います。

もちろん、清濁すべてを飲み込むような時も必要ですし、
光を知るためには闇を、
善を知るためには悪を、
上を知るためには下を知る必要があったり、
その体験となるような出来事もあるかもしれません。

その時々で、もしかしたら流されたり、
自分がその体験を受け止めきれずに、悪や闇に身をまかせてしまったり
どん底に自分から落ちるようなことになるかもしれません。
でも、その体験から学び、自分の体験から恥を知ることができ、
気付くことができたならば、その体験は活きることになり、
その体験から、そこから恥を知る人生を送ることを始められます。

それよりも、自分は恥などないと思って、
知らぬは自分ばかりで、自分は正しいと思い込み、
恥ずかしい行為を重ねている人の方が、たちが悪いのです。

豊かで恵まれている人の中で、恥を恥と思わず、言う事だけは立派で、
驚くような行為をする人がいますが、
その人がいくら恵まれていて豊かな状況であろうとも、
本当の姿は醜く、貧相で、浅ましい、低い次元のものだろうと思います。

自分が「どのような人間でありたいか」がやはりとても大きいと思うのです。
誰にも知られていなくても、自分は知っているのですから・・・

恥を知る人というのは、何とも言えない奥ゆかしさと
凛とした美しさと、にじみ出る強さがあります。

その時は負けたり、損をしたり、貧乏くじをひいたように見えても、
後にはそれ以上の大きな徳であったり、信頼であったり、
お金では絶対に買うことができない素晴らしいものを
手に入れることができるのだろうと思います。

自分に恥じぬ自分でありたいと思います。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スポーツマンシップの話 | 色とこころとわたしの話 | 幸せになるための条件の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |