FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
日本人女性の特性の美の話
ちょっと面白い記事を見つけたので、紹介します。
3月10日、中国のネット上に「日本人女性と中国人女性の違い」と
題するブログが掲載され、注目を集めているのだそうです。

1.児童教育の違い
 日本の女性は子どもに勇気を持って悪と戦うよう教育し、
 たとえ犠牲になってもそれを栄誉なことだと教える。
 中国の女性は子どもに悪と出会ったら逃げるように教育し、
 神様が悪を懲らしめてくれると教える。

2.愛国心の違い
 日本の女性は、日本が世界で一番素晴らしい国だと考えている。
 中国の女性は、ほかの国に魅力を感じる。

3.恋愛の違い
 日本の若い女性は自分と年があまり変わらない男性と付き合い、一緒に奮闘する。
 中国の若い女性は金持ちの年寄りを探す。

4.婚姻感情の違い
 日本の女性は普通、外国人に嫁ぎたくないと考える。
 中国の女性は、外国人と結婚することに無限の栄誉を感じる。

5.母親の教育の違い
 日本の母親は娘が嫁ぐ際に、夫に尽くし、姑に孝行するよう教える。
 中国の母親は娘が嫁ぐ際に、何としても夫の財産を管理するようにと教える。

6.夫への態度の違い
 日本の女性は夫を励まし、気にかけ、
 遅くまで仕事をして疲れて帰宅すると「お疲れさま」と言って迎えてくれる。
 中国の女性は夫に文句を言い、遅くまで仕事をして疲れて帰宅すると
「どこをほっつき歩いてたの?」と言う。

7.金銭感覚の違い
 日本の女性は男が貧乏なのを我慢できるが、意気地がない男には我慢できない。
 中国の女性は意気地がない男には我慢できるが、金のない男には我慢できない。

あなたは日本人ですか?
中国人ですか?

一昔前の日本人女性というのは、
このような特性を皆持ち合わせていたような気がします。

人の心がよく分かり、謙虚でありながら支えてくれ、
一本筋が通っていて「かっけー!!」ということを言い、
カラっとして、辛抱強く、いらん事は言わず、苦労も笑い飛ばし
よく働き、そして芯の通らないことに対しては頑固なまでに反対して
厳しいなかに、本当の愛情をもつ、そんなおばあさんが、
私の田舎にもいます。

畑仕事で、顔はしわくちゃで、よく仕事した手はごつごつしていても
それはそれは美しく、私も年を重ねた時に、あのような人になれたらいいと
思えるような、そんな日本人女性がいます。

でも最近は、周りを見ると、中国化現象がブームのようで(苦笑)
日本人女性特有の「美徳」が失せているように見えて、
本当に残念で仕方ない気がします。

でもこの記事が中国で発表され、そして大きな反響を呼んでいるということは
やはり、このような特性を持つ女性というのは、国を超えて、
全世界の男性からは支持を得、魅力的ということなのでしょう。

誇り高く、凛として、愛情深く、芯が強く、労を惜しまず、一本通った女性は
それだけでこれほどに美しい輝きをはなち、魅了されるということですね。

外見も大切ですし、肩書なども大切なのかもしれませんが、
美魔女と言って、若く見えることを誇るようなことが一時期ありましたが、
20代は20代の、30代は30代の、40代は40代の、50代は50代の・・・・
それぞれの年代に応じた魅力というものがあります。

同じ30歳に見える外見であれば、30歳に見える50歳の人より、
本当の30歳の人でいいのではないかと思います。

先日テレビで、面白い実験をしていて、
自分では若く見えると思って、若作りのメイクやファッションをしていても、
周りからは10歳近く老けて見られていて、
年相応のメイクと服に着替えると、本人は嫌がっていましたが、
実際周りからは、実際の年齢相応もしくは若く見られる結果が出ていました。

年を重ねていくと、顔が変わってきます。
メイク塗り重ねようが、やはり人間性が顔に出てきます。
しわくちゃであろうと、いい顔はいい顔ですし、
いくら若作りのメイクをしても、顔のつくりや肌はきれいだけれど、
薄っぺらく、一切魅力を感じない、味のない顔もあります。

日本人女性として生まれたことを誇りに思い、
恥じない生き方ができるよう、努力したいと心から思うばかりであります。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「自信」の話 | 色とこころとわたしの話 | 3.11の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |