FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
風邪をひいてる私と鶯と友達の話
ま、ま、また風邪をひいてしまった・・・・

今年は2月から、健康な時よりも、インフルエンザやら風邪を引いている時の方が
長いような気が・・・

小野田寛郎さんの事もブログに続きを書きたいと思いつつ、
風邪の中でも、仕事やら、誕生日月間で外食やら、そしてお彼岸やらで
なかなか書けず、というかPC自体、家に帰ると、バタンキューで開けないまま・・・
そしてブログも数日書かず、今日久々なのであります。

まぁやはり誕生月は、なんだか毎年よくないな~。
メンタル的にスキっとしない時もあれば、今年は体調にきたな~。

でも先日お彼岸でお墓参りに行っていたら、うぐいすが鳴いていて、
上手なうぐいすもいれば、下手ッピーな子もいて、
いつも掃除も含めて2時間位はお墓にいるので、
「ホーーーホケキョ!」と私もできるだけ高音の声で言っていたら、
ラリーをずっとしてくれた「うぐいす」がいました。

鳴き方に特徴があって「ホーホケキョ?」っていう感じで
語尾があがるので、よくわかったのですが、ずっとラリーをしてくれました。

そうすると、近くに他のうぐいすもきて、上手な子は
「ホーケキョケキョケキョケキョケキョ・・・・・」と連呼し、
下手ッピなうぐいすも負けじと鳴いていました。

風邪で「めんどくさいな~」と思いながら、
小雨の中行ったお墓詣りでしたが
そのうぐいすさん達のお陰でとっても楽しかったのです。

でもその日は携帯電話を忘れていき、体調を崩していたことを心配して
パートナーは、電話に出ないのは、お墓で倒れているのではないかとか、
家で高熱出てぶっ倒れているのではないかと、仕事中色々捜索したらしく、
とっても楽しかった「うぐいすとのラリー話」は
とてもではないけどできなかったです。残念。(苦笑)

誕生日月で、久々に会った友達がいたのですが、
私の友達の中でも希少な、言葉の通じるお友達で、
私なんかよりも、とっても深くそして純粋で、正直な人で
色々話をしていて、とても楽しい時間を過ごしました。

「人生にこれが正解ってものはない」という言葉が印象的でしたが、
今までの人生、まぁご苦労が多い人なのですが、とても聡明な人で
見事にそれをただ無駄にせずに、分析をして、取捨選択し、
磨かれているな~と思える人です。

ただ、やはり純粋な故に、傷つきやすい心を覆うバリアをはり、
正直な分、この世は生きにくく、理解してもらいにくい場所であり、
賢く、色んなものが見え、そして鋭い洞察力でわかってしまうだけに
「鈍感な人っていいよね~、本当鈍感な人って幸せだよね~。うらやましい」と
連呼してました(笑)。

でも、私はその人と話していると、だれと話すよりも「ハッと」したり
「なるほど、その切り口があったか」というような見方を教えてもらったり、
正直に生きるために、その裏に秘めた覚悟や孤独を感じたりします。

私自身、たくさん友達を欲しい、皆に好かれたいという気持ちは薄い方と思うのですが、
それでも、どこかで相手に気に入られておきたい、という気持ちが動いたり
その気持ちから、相手の思いの沿おうとしている自分がいますが、
その人は一切そのあたりの媚がない人なのです。

私以上に、常識的で礼儀正しく、時間に厳しく、会話も相手に合わせた会話もでき、
とても気遣いのできる人なのです。
そして私の中では、とても愛情深い人だといつも感じます。
でも心の中での、相手に対しての媚がないのです。
媚って、相手ではなく自分の為に使うものですよね。
そういうずるさのない、潔さがいつも話していて気持ちよさを感じる人です。

私は自分ではわからないのですが、相手との距離感の定め方が緩いのだそうです。
媚とは違い、きっと相手が困っていたり、癒しを求めていたりすることで
自分が少しでも役立つことに喜びを感じてしまう人間なのだろうと思いますが・・・
自分ではきっちり線引きしているつもりなのに、相手に全然伝わっていないことが
以前は多かったのです。

その人は、吟味して決定するまでは時間がかかるみたいですが、一度始めるとやめません。
今も「ビリー」で体調管理をしているそうです(笑)

「器用な人は、少しやればすぐできるから、飽きるし、長続きしないけど、
不器用な私みたいなのは、努力を重ねて、ずっと続けないと結果が出ないのよ」
と言っていたけれど、ずっと続けることができる力はすごいと思います。

飽き性の私ですが、この「ブログ」は続けるぞ!と思っているのであります。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<正直な心は人生の道しるべの話 | 色とこころとわたしの話 | 「自信」の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |