FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
今日の羽ばたきが、未来に嵐を起こす?の話
「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」
聞いたことはありませんか?

これはバラフライ効果とか、バタフライエフェクトと言われます。

その言葉は、エドワード・ローレンツの講演の題名に由来するそうです。
『予測可能性-ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか』

意味は、極めて小さな差が無視できないほど大きな差を生むことなのですが、
実際の自然界でも、そのような現象が起きるように、
私たちの生活や人生にも、この「バラフライ効果」があると思います。

毎日の小さな事一つ一つが、その後の自分の人生における
大きな事につながっているということです。

ある日突然、大きな出来事があって、驚くことがありますが、
それも、実は自分では忘れている過去に、
小さな種を蒔いていたり、何か小さなきっかけを作っている
そんな事があるのだと思います。

もしかしたら、自分の生まれる前にしていることもあるかもしれません。

日々の毎日の中、大きな変化もないような同じような日だと思っていても、
その日その日に、自分も蝶の羽ばたきをしているのです。
それが時という流れにのり、自分の所に風を起こしてくれるのだと思います。

そう思うと、自分はどんな羽ばたきをしているのだろう?と思ってしまいます。
自分では無意識であっても、それは返ってくるでしょうし、
自分では「良かれ」と思っていても、
それは全く反対のエネルギーを伴って返ってくることもあるでしょう。

まずは、返ってくる出来事に気づくこと。
そして、すべては主語は自分で、自分の羽ばたきがきっかけと考えること。
そう意識するだけで、何かに気づくことがあるはずです。

「意識する」ということは、とても大切なことだと最近痛感します。

そういう意識をもつだけで、今までは通り過ぎていたものに目を向けたり、
そして気づけたりできることも多いのではないでしょうか?

また、「よかれ」と思ってしていることなのに、悪い結果になったり、
自分にとって、よくない状況になる人は、
その「よかれ」の中身を見ることも必要だということなのでしょう。

結構「○○の為」と言いながら、自分のエゴや自己顕示欲がその奥にあったり、
また、自分が周りをコントロールしたい、自分がすべてを知って操作したいという
自己中心的な心があったり、自分の寂しさやコンプレックスだったり、
他者の面倒をみたりすることで、自分を優位に立たせようとしていたり・・・
何か結果には原因があります。

それが自分で全然気付けないのであれば、近しい人に素直に聞いてみましょう。
耳痛いことを言われるかもしれませんが、そういう事を言ってくれる人こそ
自分にとってはかけがえのない大切にすべき人だと思います。

今日の自分は、どんなはばたきをしたかな~?

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自然と人間の話 | 色とこころとわたしの話 | 「心を配る」話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |