FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
自然と人間の話
春の味覚、たけのこをたくさんいただきました。
米ぬかであく抜きしてそのままつけて、またその後水につけてと、
工程も多く、その日には食べれず、めんどくさいものですが(苦笑)
旬のたけのこは、売っている水煮のものとは違い、
歯ごたえもあり、とても美味しかったです。

私は焼きが好きですね~。
いちょう切りにして、フライパンでバターで両面焼き目が付く位焼いて、
だし醤油をからめ、アルミホイルに並べてとろけるチーズを乗せて
オーブンでやくのです。そのあとにブラックペッパーをふって出来上がり。

たけのこご飯や、煮つけもいいですが、これ結構いけます。

旬のものはいいですね~!!
神様が、人間に必要なものを、その季節その季節に
与えてくださっているのだと思います。

いまやハウスや、輸入などで、当たり前に年中スーパーに行くと
並んでいる野菜や果物ですが、
自分の住んでいる土地で、その旬の時に、自然にできた野菜や果物
穀物などは、やはり自分にとってとても大きなエネルギーの素になると
思ってしまいます。

地産地消とよく言われますが、本当に理にかなったことだと思います。
その土地でできるということは、その土地で住んでいる人に合うものだと
いうことです。

季節的にも、夏野菜は体を冷やしてくれるとか、
冬に多い根野菜は体を温めてくれるという作用があるように、
その旬にできたものは、人間の体をケアしたり、元気にしたり、
そんな作用がつまっているのだと思います。

また、自分の生まれ故郷のものは、自分のルーツに重なるものがあるので、
自分のとってやはりいいエネルギーになるのではないかとも思います。

そう思うと自然はすごいですね~。
全てが理にかなっていて、真実がすべてその中にあるという感じがします。
神様は人間もその自然の一部として創ったのだと思いますが、
なぜか人間だけが、横に反れていってしまい、
自然の法則に抗い、そしてそれを壊し、めちゃくちゃにしているような気もします。

最近の天候や、世界的に起きている、色んな自然災害などを見ると、
その人間のいびつさに対して、地球が悲鳴を上げているようにも思えます。

人間は別にえらくないのです。きっと・・・
自然の一部に過ぎないのです。
でも人間は「えらい」と勘違いして、支配しようとして、
自我の赴くままその自然を犠牲にして、自然界のバランスを崩しています。

「自業自得」の現実の出来事が起こる前に、一人ひとりが意識して
修繕していきたいものですね~。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<笑いとばしていこう!!の話 | 色とこころとわたしの話 | 今日の羽ばたきが、未来に嵐を起こす?の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |