FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
深いご縁の話
高松宮家の次女・典子さまと、出雲大社禰宜・祭務部長を務める千家国麿さんの
御婚約の報道がされています。

神話によると、
イザナギ・イザナミの子が天照大御神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)。
素戔嗚尊の子孫にあたるのが出雲大社に祀られている大国主命(オオクニヌシノミコト)
代々出雲大社の祭祀を担ってきた出雲国造家の祖となるのが
天照大御神の二男に当たる天穂日神(アメノホヒノカミ)。
天照大御神の孫、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の孫に当たるのが
初代天皇と伝えられる神武天皇。

出雲国造(出雲大社宮司)を代々つとめる千家家はアメノホヒの子孫で、
家系としてはたぶん天皇家に次いで古いということは、
日本でいちばん古い家系と2番めに古い家系の縁組ということになるわけです。

「私どもの家の初代が皇祖天照大神の次男と伝えられております。
2000年を超える時を経て、今こうして今日という日を迎えたということに
深いご縁を感じております。」と婚約内定会見でおっしゃっていましたが、
本当にこの機での、このご縁は感じ入るものがあります。

時は、60年ぶりとなる出雲大社の平成の大遷宮「本殿遷座祭」と、
20年に1度の伊勢神宮の式年遷宮を、2013年の昨年無事終え
新たな年の今年、このご縁が結ばれたというのが、
やはり新たな時代の始まりのように感じられる気がするのです。

変化はいつもあるものですが、目に見えないエネルギーやパワー
そして変化が、どんどんと目に見える所へ現れている。
それも大きな変化が今起こっているような気がします。

時代とともに、常識や考え方、また教育などによってもそれは変わり、
それを色濃く自分の中での礎になることもままありますが、
ここだけは譲れないとか、人として生きる自分なりの美徳など
大切に守るべきものもありますが、
柔軟な心や、受け入れていくという受容力も、必要になっていると思います。

時代の速度が速まっているような感覚があるなかで、
ずっとその底にあり、短期ではなく長期で流れ続いているもの
そんなものが、日本人の中には受け継がれていて、
その軸を中心に、新鮮でフレッシュな感覚を持ち続けていくというのが
大切なような気がします。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<量より質の話 | 色とこころとわたしの話 | 干支の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |