FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
量より質の話
友人と食事に行く時のお店選びの話をしていた時、
「年齢を重ねると、あまり量を食べれなくなってきたから、
質のいいものを少しづついただきたいわ~」と
ふと、呟いていて・・・

食事もそうだけど、すべてにおいて、そうなってくるのかな~?と
ちょっと思ってしまったのです。

「一年生になったら、一年生になったら
ともだち100人 できるかな・・・・」
という童謡がありますが、
幼い頃はたくさんのともだちを欲し、
それ以降の学生時代も、友達が多い=○みたいな価値観があり、
その後、就職、結婚、女性なら出産、育児・・・の過程においても
友達が多い人、知り合いが多い人が○のような価値観が
どこかにあるような気がするのです。

だからこそfacebookやtwitterなどのSNSも、人気があるのでしょうし、
LINEなども、いろんなコミュニティに参加している人もいると思います。
(ちなみに私は未だガラケーで、何もしていませんが・・・(苦笑))

知人の中には、その登録数を誇る人や、知り合いが多いことを自慢する人、
そして誰かをけなすときに
「あの人、あまり友達いないのよ。」
などという事も聞いたことがあります。

年齢とともに、どんどんと自分の意思や価値観などが、定まってきます。
もちろん社交的でコミュニケーション能力が高く、たくさんの人の中で
輝けるような人もいると思いますが、そうでない人もいるわけです。

知人で、社交的で知り合いが多いといつも吹聴している人の中には
ただただ、とてもさみしがり屋で、知り合って間もなく、
私の側ではただの「お知り合い」という関係性と思っていると、
「私しか何でも話せる友達いないから、ずっと仲良くしようね。」と
親友のような距離感にまで迫っていて焦ったことがあります。
というか、何でも話せない人も友達って・・・??と思った記憶もあります。

でも、やはり食事も量より質と思うように、自分の身の回りのものにおいても
私は元々「キャパ」が狭いからかもしれませんが、
自分にとって「心地いいもの」「疲れないもの」「楽しいもの」「寛げるもの」と
いうように、量より質でなんでも選ぶようになってきた気がします。

一人という「孤独」というものに対して、
決して嫌なものではなく、仲良くなったという感じもありますし、
ある意味「孤独」になりたくても、深く広い意味では
自分という存在は決して一人になりたくてもなれないわけですし、
気の合わない疲れる人と、時間を共有するのであれば、
自分のエネルギーの中、一人でいた方がいいと思うようにもなりました。

以前は、やはり寂しさから、誰かれかまわず、かまってほしいというような気持ちや
皆がそれぞれ友達と過ごしている時に、一人でいることが、
他者から劣っているような気持ちになったり、
また友達が多いと色んなメリットがあると、友達を損得勘定で考えていたところや、
自分を楽しませたり、癒したりするためには、
他者が必要と思っていたところもあります。

他者からしてもらおう。自分に得なことを与えてもらおうとばかり思っていると、
鏡のように、それが自分に跳ね返り、自分の内側が枯渇してしまいます。

まぁそんな薄い付き合いの友達は、こちらの調子のいい時はまぶりつきますが、
下降気味になったり、不調になると自然に消えてしまいますが・・・(苦笑)

皆でいるときに楽しいのは、他者が楽しませてくれているのではなく
自分自身が楽しんでいるわけで、同じシチュエーションでも、
自分の心次第で、全然楽しくない苦痛にもなるわけです。

一人の時間の中で、自分の好きなことを時間を忘れてしているときは
とても楽しいうえに、癒しの時間にもなるわけです。

知人で社交的で、人間が好きなんだな~と思うような人が先日、
「友達なんて数いらないよね。
ほんの数人、自分の本音を語り合える人がいたら、それでいいよね。」
と言っていて、何か嫌な思いをしたのかもしれませんが、
以前から私もその意見なので、とても共感しました。

でも、意外に周りを見ると、数を欲しがる傾向にあるな~と思います。
そしてスケジュール帳もパンパンに予定を埋めておきたいというような人もいます。

人それぞれ考え方はあるでしょうし、多くの友人と深いお付き合いやご縁を結ぶ
そんな人もいるのだと思います。

あなたはどうですか?
あなたにとって、友達とはなんですか?
たくさん必要な人は、なぜですか?

自問自答で、自分のいつもは見過ごしている心のひとかけらを見つけることが
できるかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<忍耐と我慢も必要の話 | 色とこころとわたしの話 | 深いご縁の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |