FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
巡り合いの話
最近、東京都議会の一般質問で、みんなの党の塩村文夏議員が
子育て支援等に関する質問中に性差別的なヤジを受けた事に対して
毎日報道がされています。

人それぞれ考え方はあると思います。

私は、「永田町の常識は国民の非常識」という言葉が浮かびました。
人は生きていくうえで、自分というものを創り上げる過程で
色んな人、そして環境などの影響を受けます。

生まれてすぐは家族や身の回りの世話をしてくれる人。
そして近所の人や、その生まれた地域での常識。
その後、進学する学校や、その時に出会う人たち。
そして、友達になった人。
大人になってからは、仕事の環境や、その仕事での人間関係、
また仕事を持たず、育児に専念している人は、子供関係の人間関係、
などなど・・・
自分の考え方、物の見方、そして、自分の信念などにまで、
少なからず影響を受けているのだと思います。

私はずっと民間企業で働いていましたが、
大企業と中小企業では、やはりやり方や考え方などは違いました。
自分でフリーでカラーやアロマの講師や、個人で講座や
カウンセリングをしていた時に、主婦の方がよく来られましたが、
主婦と、未婚で一線でずっと仕事をしている女性も、
立場が違うので、付き合う人も、物の見方も考え方も違いました。

仕事といっても、銀行員の人はやはり銀行員らしくなりますし、
自営業の人や、事務の仕事の人、営業の人、アパレルの人、
医療関係の仕事の人、モノづくりの人、公務員の人etc...

きっと、仕事柄によっても、それぞれの常識があり、
また自分の身を置く会社によっても、それぞれの考え方など
それを何年もしていくうちに、自分の内面の考え方になることも
多いと思うのです。

一度だけ、国が運営する機関で働いた事がありますが、
ずっと民間企業で働いていた私にとっては、驚きの連続でした。
民間企業では、掃除は皆社員でしていましたが、掃除を外注に頼んでいたり、
コピー用紙も湯水のように使っていたり・・・

働き盛りの30代、40代は定時きっかりに帰り、
仕事が結局少ないからか、だらだらとどうでもいいような事を会議して、
暇だからか、「いじめ」「セクハラ」などが横行していたり、
一日ネットサーフィンして買い物を楽しむおじさんや
民間企業からきた人がまっとうな意見を言って、喝を入れると、
役職についているいい大人なのに、出勤拒否の人が続々と出てくるという、
ちょっと考えられないほどのレベルで、正直本当に驚きました。

まぁそういう所にたっぷり税金は使われているわけで、
私自身、今までした仕事の中で一番楽でしたが、
暇だと人間、周りの人へ興味がわくのか、
毎日本当にお粗末な人間関係の問題が、色んなところで勃発していて、
もうあきれかえるのと、自分のレベルがひっぱり下ろされそうで
期間があったので、その期間が終わった時にすぐ辞めました。

皆が皆そうではないでしょうが、公務員や議員など、
自分が苦労せずとも、お金がもらえるような人たち、
自分の身が痛くもかゆくもないという危機感がない人たちの仕事とは
そんなもので、一般の人たちとの常識とは違ってきても仕方ないのかとも
本当に思ってしまいます。

そう思うと、やはり、自分の付き合う人、そして身を置く環境というものは
自分で選んでいくことも大切なのかと思います。

20代の人は特に影響を受けやすいんだな~と思うことが、
数件、最近ありました。
仕事を変えて、驚くほどに付き合う人も変わり、服装や話し方も変わり
楽しい、楽しいと自分でははしゃいで楽しそうにしていましたが、
客観的にみると、こんな短期間でこんなに変わるのかと、
まっさかさまに落ちて行ってるような人もいます。

反対に勇気をもって、一歩を踏み出し、最初本当に同じ人かと見間違うほど
キラキラを光り輝いていて、嬉しくて泣きそうなほど、
いい方向へ変化することもあります。

どんな人と巡り合うか、どんな場所に身を置けるか、
それで大きく自分の人生だけではなく、自分の生き方も変わってきます。

そのために必要なものは、自分の「命の器」(この言葉は宮本輝さんの言葉です)
だと思います。
大人になれば、色んな悪さをしたり、器用に立ち振る舞うための技を得たり、
ずるがしこくなったり、色んなダークな心などが出てきたりしますが
心根がきれいでいると、困ったときに助けの手が差し伸べられたり、
肩書きや見た目などではなく、自分を高めてくれるような心の持ち主と
出会えたり、自分の才能を引き出せるような場所と巡り合う・・・
そんな気がします。

たくさんほしいと思う人は、エネルギーが分散されてしまいますし、
自分が正しいと思う人は、素直さや正直さが欠けて、批判や非難ばかりなので、
自分の成長できる人や場所は与えられないでしょうし、
自分はいいと自信たっぷりの人ほど、自分の心の目が浅くて、
自分では見えていない部分を他人の目にはたくさん映っていることもあります。

自分の心はどんな心でしょうか?
あなたは、あなたと巡り合いたいと思うような自分でしょうか?
どんな人と巡り合いたいか?

まずはそんな人に自分がなりましょう。
同じ波動は引き寄せあいますから・・・

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。



ポチっとクリックありがとうございます
スポンサーサイト



別窓 | こころ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「大切なものはなんですか?」の話 | 色とこころとわたしの話 | 自分で創る人生の今の話>>
この記事のコメント
>皆が皆そうではないでしょうが、公務員や議員など、
自分が苦労せずとも、お金がもらえるような人たち、
自分の身が痛くもかゆくもないという危機感がない人たちの仕事とは
そんなもので、一般の人たちとの常識とは違ってきても仕方ないのかとも
本当に思ってしまいます。

はじめまして、なにげなく寄らせていただいたこちらのブログ、何回か読ませていただいていました。上記の言葉、公務員の私としては耳の痛いお話でした。
確かにそのような職場もありますが、身を粉にして毎晩おそくまで働いている人間もおります。おわかりの上での言葉でしょうが、やはり一面的なとらえ方だという感じがぬぐえませんでした。
もし不愉快な気持ちになられたら申し訳ありません。
どうしても、コメントせずにいられなくなったものですから。。

失礼しました。
2014-07-08 Tue 22:11 | URL | kodama #6x2ZnSGE [内容変更]
こんばんは
kodama様

コメントありがとうございます。
一面的という言葉、そうだと思います。
こちらこそ、不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。

私の祖父も町議会の議員を何期も勤めまておりましたし、
親戚や知人も公務員として勤めている人もいます。

皆ではないということは、お伝えしたつもりでしたが、
頑張っている方に対して、嫌な思いをさせてしまい
本当に申し訳ありません。

ただ、私が出会った中で、今までの民間企業ではなかった
驚くほどに常識を逸した方もいることも事実であり、
私の周りで、自営業している方も多く、
私自身も自分で独立してやっていた頃の意識と
自分が勤めた先の方々との意識の差があまりにも大きく、
現在報道されている事などのこともあり、
ブログで話をさせていただきました。

でも、常識が違うのは当たり前であり、
その安定の中で、一般の人にはできない仕事をしてもらえるのが
公務員や議員の方だと思っています。

一面をとらえただけの経験で、自分や私の周りの人の共通の感想を書いた事は、
申し訳ないとも思いますが、そのような職場があることも事実という現状は、
やはり問題だと思います。

その環境の中で、頑張っていらっしゃるkodamaさんに対しては
本当に頑張っていただきたい気持ちでいっぱいです。
それこそが、泥の中に咲く蓮の花のようなものにも思えます。

私のような考えを持っている人を、一転させ
議員や公務員に対して誠実さを感じ、尊敬の念を感じる
そんな状況にしていただきたいと、願うばかりです。

tattovaa
2014-07-08 Tue 23:47 | URL | tattovaa #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |