FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
季節の変わり目の話
7月が終わります。
26日に新月を迎え、土用の時期を過ぎると、
新たな季節の始まりです。

簡単に『土用』の意味を説明すると
『土用』とは四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことです。

一般的な『土用』 は
立春(2/3、4、5のどれか)の前約18日間
立夏(5/4、5、6のどれか)の前約18日間
立秋(8/6、7、8のどれか)の前約18日間
立冬(11/6、7、8のどれか)の前約18日間

この土用というのは、“五行”で定められた暦で、
五行とは、木行・火行・土行・金行・水行。

春  木気 (1~3)月  
夏  火気 (4~6)月  
秋  金気 (7~9)月 
冬  水気 (10~12)月 
それぞれの季節の終わりの18日 土気
になります。

土用の期間はその季節を終了するにあたって、その季節の疲れを取り、
次の季節への準備をする期間が土用の時期にあたるということを
書いてあったような気がします。

ですから、土用の丑の日は、鰻を食べて栄養をつけましょうと
いうことなんだと思うのですが、
この期間は、体も心も、その季節の疲れが出やすかったり、
それを解消する期間というイメージが私の中にはあります。

今回私はまさにまさに、肌にその浄化が出てしまいましたが、
これをきっかけに、ちょっと肌に対してもう少し気を使おうと思い、
いい皮膚科を見つけて、化粧品なども販売したり、施術もしてくれるので
これからすこしケアをして、あの時肌がボロボロになったから
あれからケアするようになって、きれいになってよかったと
思えるような、今回チャンスに変えようと思っています。

まぁ、毎日暑い日が続き、疲れも出やすいですが、
季節の変わり目である今、しっかり浄化したり解消して
新たな季節にはリフレッシュして、スタートをきれるようにしたいものです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト



別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<粋な話 | 色とこころとわたしの話 | 浄化?の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |