FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
台風の話
日本列島に台風がきてますね~。
三重では特別警報が出ていますし、四国にも上陸ということで、
本当に警戒が必要になっています。

今更ながらですが、「のぼうの城」を見まして、
その中で「水攻め」のシーンがあるのですが、
自然の水害とは違うとは思いますが、
それでも一気に住居もすべてを飲み込んでいく姿は
とても恐ろしいと思いながら見ていました。

台風の備えももちろん必要ですが、
最近では今までの常識をはるかに超えることもよくあるので、
警戒地域の方は、本当に早めに避難されたり、
今からでも何か備えができるのであれば
していただきたいと思います。

人間はいつも人間様といばりちらしていますが、
自然を前には、本当にちっぽけな存在と思ってしまいます。

台風といえば、秋のイメージでしたが、
最近は次々と日本めがけて、台風がやってきます。

雨は、お浄めや浄化のイメージもありますが、
これだけ強い風とそして水の台風は、よほどのお浄めなのでしょうか?

私の幼い頃は、近所の川が氾濫して、
よく増水して、近所の家や学校などが浸水することがありました。
私の家は少し高い高台にあったので、無事で、
たくさんお米を炊いて、たくさんおにぎりを作って
お父さんが空気を入れたボートで、近所の家の2階に避難している人に
配っていました。

その後、その川は拡げられて、増水することはなくなりましたが、
水が引いたあとの後片付けが、それはそれは大変で、
小学校も床上浸水していたので、皆で雑巾が泥だらけになりながら
掃除を何日もして、使えなくなったものを片付けて、
道には泥まみれの粗大ゴミの山だったのを思い出します。

その中でも、やはり田圃がダメになったり、
畑が水浸しになって、すべてがダメになったりして、
農家の人たちがかわいそうと思った記憶もあります。

わたしの家も、兼業農家でしたが、
周りの家も皆田圃に畑はしている所だったのですが、
やはり私の親にしても、周りのおじさんたちにしても
自然を相手にしている人は、自分の力だけではどうしようもない事が
生きていれば起きるということを、悟っているような所もあり、
「仕方ない」と、できる限りのことをした後で、
自然の流れに沿っていたように思います。

私も心の勉強をしたときに、色々な本を読んだり
心理学を学んでいたり、
知識やスキルはすごいと思った先生はいましたが、
やはり体験とはすばらしいもので、
そんな知識はなくても、何十年も自然を相手に生きてきた
田舎の農家のおばあちゃんや、おじさんは
本当に胸に響くことを言ったりするのです。

神は自然の中にすべての真理を埋め込んでいるとも
言いますが、それを肌で感じ、そして目で見て
その感触を味わい、それこそ自然を相手に生きることで
それが自然と人間にはわかるように、できているのかもしれません。

「あまちゃん」の夏ばっぱが言った
「誰のせいでもねえ。
自然のいいとこばかり利用して、自然の怖ええとこから目(めえ)背けて、
そのうち忘れてまう。それが人間の傲慢さだ。」
というセリフがありましたが、
傲慢にならず、自然のいいところも怖いところも受け止め、
その上で自分にできる限りのことをして、
生きていきたいと思うばかりです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お盆の話 | 色とこころとわたしの話 | 広島原爆の話>>
この記事のコメント
神は自然の中にすべての真理を埋め込んでいるとも
言いますが、それを肌で感じ、そして目で見て
その感触を味わい、それこそ自然を相手に生きることでそれが自然と人間にはわかるように、できているのかもしれません


同感です!
神のメッセージが散りばめられ、ただ体験すること
によってわれわれに教えてくださっているのでしょう

自然に対してわれわれができることは多くはなく、
畏敬すること、感謝して向き合うことでしょうか


ありがとうございます
2014-08-11 Mon 17:29 | URL | ponsun #- [内容変更]
こんばんは
コメントありがとうございます。

自然は時に恵みを、時に試練を与えて、
私たちをも成長させてくれます。
私たちは、その体験を通していろいろな学びをさせてもらえます。
よく四元素といわれる、火、水、地、風(空気)は
私たちそれぞれももっている要素とも言われます。

私たちも自然の一部であり、
また自然の中で生かさせてもらっていることへの
感謝の気持ちはやはり大切なのかもしれませんね。

tattovaa
2014-08-11 Mon 20:57 | URL | tattovaa #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |