FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
想いの強さの話
ゴホゴホ・・・風邪をひいてしまいました。
風邪というか・・・気管支炎だそうで、発熱やら、のど、咳でしんどいです。

昨年、仕事を変え、その仕事をするようになって、
本当によく風邪をひくようになりました。
今までは、空気清浄器がある所が多かったので、
私の免疫はそれに慣れてしまっていたのでしょうか・・・
手洗い、うがいをしっかりしても、すぐウイルスに感染されます。

まぁ熱が入るということで、自分の脳の中の不必要なものが
鼻水だったり、のどの痰などになり出てくると思い、
これも浄化だと思っていますが・・・

私の父の命日は11月23日なので、そのせいかもしれませんが
この季節、旅立つ人が多いイメージがあります。
季節の変わり目で、体調を崩しやすいということもあるかもしれません。

今月、高倉健さんの訃報が報道されていました。
私は、高倉健さんのファンでもなく、映画など数本見たことはあるものの、
任侠映画は見たことがなく「自分、不器用な男なので」の
朴訥で寡黙、その中に凛とした男らしさと優しさをたたえている・・・
そんなイメージを持っていました。

最近の報道で、あれだけのビッグスターでありながら、
周りの人たちへの心遣い、気配り、
そして謙虚であり、自分を創り上げるために、食、運動、
感じやすい心を持ち続けるための努力、
その上での、ユーモアさ、素晴らしい人だと、
だれも悪く言う人がいないのも、人徳のたまものだと感じ入りました。

きっと昔のインタビューを、最近放送していて、うろ覚えなのですが、

「大臣やそんなえらい肩書きを持っているかではなく、
自分の想い、この時の想いがどうかということが、その人の価値である。」

他のインタビューでは

「主人公が「いいことをするためには悪いこともするんですよ」と名言を吐いた。
なるほどなあって。
俳優が作られた話を演じて、他の人と比べて高いお金をもらっているのは、
やっぱり想いを伝えるってこと。」
などのお話をされていました。

人間の想いの大切さ、強さをとても知っていて、
それを自分の人生においても、実践された人なのだろうと思いました。

人間は失敗もしますし、過ちも犯してしまいます。
そこで何を得て、その後どうするかということの勉強にもなります。
ただ、そこで他者に非難され、他者のせいにして、歪んでいき、
その後殻に閉じこもったり、もっと失敗や過ちにつなぐ人もいます。

行動にも、その内にある想いがのっているとしても、
自分はいい想いをのせて発信しても、
受信する相手の判断で、そのいい想いが届かないこともあります。

でもそれは、相手の問題であり、自分の問題ではない事で、
自分が出した想いは、回りまわって自分に戻ってくる
因果応報の法則があてはまると思っています。

でも、心遣い、気遣い、心配り、気配りができる人は、
仕事の中でも営業などは、この賜物でしょうし、
仕事でも、プライベートでも、家庭でも、この心持ちがあれば
必ず、相手に伝わり、その人は
健さんのように、人徳が得られるのだろうな~と思ってしまいます。

最近は、自分ばかりで、
自分さえよければ人などどうでもいい。
人を蹴落としても、自分はよくなりたい。
自分が、自分が!で相手の心を想像しようともしない。
そのくせ、自分を好きになってほしい、かまってほしいと
思う人がとても多いような気がします。

そして、そのような気持ちが強くなればなるほど、
その気持ちとは正反対に、人が自分から離れていったり、
大切にしてもらえないと、傷つき落ち込む人もいます。

人は、やはり自分が役立つことによって幸せを感じるように創られ、
そして、自分の想いや気持ちが、反射して自分に返ってくるように
創られているような気がします。

高倉健さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いい人ほど生きにくい世界?の話 | 色とこころとわたしの話 | 努力の先の辛抱の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |