FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
生きる話
先日、テレビで愛する夫を失い、心境を吐露する姿を見ました。
本当に愛が深かったのだな~と思いました。
愛の深さが深いほど、それに反映して違う感情も大きくなります。

ショックや悲しみを受けた時に、次の5段階を通ると言われます。

①否定・拒否
②怒り
③あがき
④絶望
⑤受容

その出来事を受け入れるまでに、自分の内から
次々と色んな感情がわきあがるわけです。

あと必要なのは、きっと「時」でしょうか。
時とは本当にありがたいものです。

私たちが、時間という概念の中、
順を追って左から右へと流れるように見ているだけであり、
過去も現在も未来もすべて平行に同時に存在する
という説があります。

それがどうなのかは、私にはわかりませんが、
此の世に時間があるということは、
本当にありがたい事だと思います。

その時はわからなかった事が、
自分の中で、時間をかけて、消化吸収され
「あっ!そっか!」とわかることがあります。

辛くて悲しくて、その苦しみが永遠に続くように思えても
時間の経過とともに、それらは薄れ、
心の状態も変化していきます。

時間の経過とともに、変化が生まれます。
良い事も、悪い事も変わっていきます。

変化を恐れることもありますが、
変化は、神様からのプレゼントのような気がします。
英語では「今」を「present」といいます。
この瞬間こそが、プレゼントなのです。

人生は、プレゼントの連続で出来上がっています。
未来の事はわからないですが、
今もわからないことばかりです。

毎日が選択の繰り返しであり、
自分の思い通りなど、いくことは少なく、
思いがけない事が起こり、それによって方向が変わったり、
時間の使い方が変わったり、
気持ちも、出来事によって一瞬で変わります。

そのわからないことが、すべて「プレゼント」の連続。

人生で不思議なのは、その時は「最悪」と思っていたことが
後になって振り返ると、違って見えることです。

その出来事があったから、今の状況になれたとか、
迷いを振り切れる大きな分岐点になったとか、
自分が強くなれるきっかけだったということがあります。

すぐにジャッジをしてしまう癖が、誰にでもあると思います。
いい・悪いに分類して、それで終わりにしてしまうのです。

でも、「いい」「悪い」もその時の自分のレベルでの見方であり、
それから、自分に変化や成長があって、見え方が変わると
全然違う意味を持つことになります。

全ては終わりではないのです。
途中なのです。
プレゼントを毎瞬与えてもらいながら、
「ing」現在進行形であり、最中なのです。

悩みながら、もがきながら、泣きながら、笑いながら
わからない中、その「ing」をし続けていくことが、
生きるということなのかもしれません。

そして、その生きる中で、
何を見て、何を感じ、何を心に収めるか
それが、自分の唯一残される宝になるのかもしれません。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | こころ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<オセロの白?黒?どちら?の話 | 色とこころとわたしの話 | 「恵まれる=幸せ」ではない話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。