FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
個性の話
人それぞれ「個性」があります。
きっと「普通」という人は、此の世にはいないのかもしれません。

そして、一人の人の中にも、色んな自分がいます。
起きている自分もいれば、眠っている自分もいるし、
きっと気づいている自分もいれば、気づいていない自分も
誰の中にもいると思います。

でも、人はなぜか、自分の事を信じれず、
他人に対して、自分を評価してもらおうとします。

また、右ならえで、自分の考えよりも、一般的な考えや
教えられた事、えらい人が言った事、
また自分が嫌われるのを恐れて、皆の意見に同調します。

そうやって、どんどん自分の内から目をそむけ、他人に委ね、
考えたり、感じる事に蓋を閉め、自分をごまかすのが上手になります。

友達ということで、前にブログを書きましたが、
私の中では、友達なんてそうなかなか出来るものではない。
一生のうち、一人でも見つけれたら、儲けもんと思っています。

「個性」だれもが持っている感覚の中、
人間関係の中でも、その個と個の間には、溝があります。

言葉とはとても便利なツールですが、
どの次元で何を話すか、もしくは受け取るかで
その言葉の意味はまったく違って来たり、
次元が違えば、一つの言語であっても、
一切通じていないこともあります。

英語と日本語のように、
外国語がまったくわからない人同士の会話よりも
同じ日本語での会話の方が、
お互いに理解しあえたと勘違いするリスクが大きくなります。

同じ人間は、此の世にはいません。
きっと自分の気持ちもつかみきれないのですから、
相手の気持ちを、その言葉によって掴みきることなど
きっと不可能なのだと思います。

それでも、相手の心に寄り添おうとする気持ちや
相手の言葉を少しでもわかろうとする気持ち、
自分と相手の間にある壁や溝をわかった上で
少しでも近づこうとすることが、きっと必要なのでしょう。

これには、とても大きな労力を使います。
表面的に相手に合わせ、自分の寂しさを紛らわしたり
自分の欲望を満たす手段に使えるものを
「友達」というのであれば、別でしょうが・・・

自分の内の世界のキャパが広い人は、
多くの人と、心を通わせ、その上に信頼関係を築く人もいるでしょう。

私はキャパが狭いので、友達と自分が思っている人は数人です。
本当にありがたいことだと思います。

考え方や意見も違うし、生活も違うし、趣味も違う人です。
でも根っこが似ているな~と思える人です。
そして、何より一緒にいて楽しい!!!よく笑います。

一緒にいても楽しくない、おもしろくない人とは
友達とは呼べないんじゃないかな~と思います。

たくさんの友達がほしくて、SNSをしたり、
嫌われないように、人に合わしたり、
一人ぼっちにならないように、皆といたりする人もいるかもしれません。

「友達はいて当たり前。たくさんいる方が自分のステイタスがあがる」
という幻想は捨てた方がいいと思います。

友達の数なんてどうでもいいことです。
そんなことより、自分の質の方がよっぽど問題です。

自分にウソついたり、ごまかしたりして、誰かと一緒にいるのなら
1人の方が全然マシです。
孤独は怖いものでも、恥ずかしいものでもありませんから・・・
めんどくさい人といるより、1人の方がずっとずっと楽しいし、
他の媒体(本、テレビ、ネット)色んな情報を得られます。

自分のエネルギーを感じて、他人にばらまいているエネルギーを
自分のもとに戻して、充電することも必要です。
でないと、カラッカラのスッカスカですから。

誰もが、自分の事など信じようと思っても信じることはできません。
やはり、何か自分の意思決定の上で行動して、その結果によってしか
自分の事はわからないし、信じることもできません。

失敗を恐れることは、もったいないことです。
失敗をすることで、色々な事は学べます。
そして、その次の事を考えることができます。

失敗と思っていたことが、後々、あのことがあったから・・・
と好転へのターニングポイントだったことにきづくこともあります。

親が、友達が、先生が、夫が、恋人が、
と自分の人生なのにもかかわらず、主語を自分ではなく
誰かに預けてしまっている生き方ほど、つまらないものはありません。

エゴで、自分の意見を押し通せ、自分の自我を相手に押し付けろ
という意味のことではありません。
自分というものを大切にしようという話です。
自分を大切にできない人は、自分以外のすべてのものも大切にできません。

他人と同じが○ではないのです。
他人と違う所を恥じるのではなく、
違う所を、自分なりに光をあてて、伸ばしてみる事で、
それが「才能」に昇華するのだと思えます。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | メッセージ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<この季節体だるくない?の話 | 色とこころとわたしの話 | 友達の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |