FC2ブログ
色とこころの勉強を通して、わたしが思う「こころ」がテーマのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
無視はダメ!!の話
梅雨もあけ、毎日暑い日が続きますね~。
夏になると、なぜか我が家の愛猫は、早朝に起こすようになります。
大体5:00位(日の出の時間???)4:00とか4:30とか・・

トイレとごはんをしても、私を起こすのが自分の仕事とばかりに
もうそれはそれはしつこく、耳の横に口を持ってきて
大きな声で鳴きまくります。

猫だと侮るなかれ
きちんと話すと通じて、普段は話をするとよく言う事を聞いてくれるのですが
早朝の大騒ぎは何度話しても、もうやめてと何度言ってもダメで、
毎日続くと、寝不足がピークになり、イライラして
とうとう一昨日、いくら鳴こうが無視して早朝は寝たふりをして、
起きた後も、ごはんとトイレはきちんとするものの、話しかけず、
いくら鳴こうが返事もせず無視するという行動に出ました。

20年同居していて初めての、この私の「無視」攻撃に対して、驚いたのか
不思議だったのか、いつも以上に鳴きまくり、ずっと後を追ってきて、
最後にはおたけびのような、今まで聞いたことのない悲壮な声をあげ、
廊下の真ん中で座り込み、鳴いていました。

猫でも、こんなに「無視」されるということは辛いものなのかと驚きました。
「愛」の反対は「無関心」と言いますが、「無視」もなんだな~と思いました。

相手がいることでもですが、自分自身に対しても、
自分の内の声を「無視」し続けるのは、自分を苦しめてるんだろうな~と
つくづく感じてしまいました。

そのあと声をかけると、大喜びできて、喉をゴロゴロならし、
普段は説教をしだすと、どこかにさーっといなくなるのですが、
その時ばかりは、ずっと目の前にいて、聞いていました。
次の日からは、朝の大騒ぎは無事おさまりました。

でも、夏のこの暑さで、疲れがたまったり、忙しかったりすると、
「イーッッ」となってしまいそうになります。
小さい奴だな~と我ながら思いながらも、
仕方ない、イーッッてなりそうなんだもん!!!と自己弁護し、
結局は、いくらいっぱいすることがあっても、
一つずつ片付けるしかないと、深呼吸して、手をつけていきます。

焦ったり、早くやろうとしたり、効率よくこなしてやろうと思うと
私の場合は、パニくって訳わからなくなったり、ミスしたりと、
結局時間がかかり、自分もストレスを感じてしまうことになってしまいます。

一番よくない結果になるのは、誰かにいい恰好を見せようとしたり、
すごいと思われたいと思ったり、他人の評価を得ようと打算的にすると
私の場合、うまくいかないことがとても多いです。

だれでも、他人の評価は少なからず気になりますし、
仕事は特に他人の評価によって、色々左右されることもありますが、
それが癖になってしまい、自分の幸福だったり、自分自身のことも
他人に評価されたい、すごいと思われたいという意識が強いと
自分の内の自分にとっての幸福が見えなくなってしまう気がします。

他人の評価ばかり気になり、他人がいいと思う状況を
自分が手に入れたとしても、あれっ?というように幸福感や達成感がなく
何か違うと違和感を感じたことはありませんか?

私はあります。
だから、いくら他人がすごいとか、うらやましいとかと称賛されても
全然自分は幸せを感じず、間違った所に身を置いたような
居心地の悪さを感じて、そこから身を引いたこともあります。

なぜ、ものすごく頑張って手に入れたのに
自分は満たされなかったのかと、今振り返ってみると、
その頃は、どこかで自分は幸せになる資格がないと感じていて、
それを補うためには、他人が思う幸福を手に入れることで満たされるのでは??と
他人の幸福を、自分が目指してたからだったように思います。

「幸せになってもいい。」「自分を幸せにできるのは自分だけ」
「自分を許したらいい。」「自分を許すことができるのは自分だけ」
心の勉強の時から、少しずつ、時間をかけて
自分の内に溶け込むように入り込んだような気がします。

やっと、自分の幸福を、誰かに認めてもらいたいと思わなくなりましたし、
きっと今の状況は、自分にとっては幸福でも
周りからみたら幸福には見えないかもしれません。

でも周りからみたら幸福に見える状況の時には、
私自身は幸福を感じるどころか、苦しくて仕方なかったのは事実です。

幸福の基準や、幸福の状況は誰もが違うということですよね。
でも、やはり一番は、幸福を感じる心を育むことなのでしょうが・・・

最近、安保法制の事もあり、8月が近づくとともに戦争についての番組が
増えてきているように思います。
きっと70年前の日本の状況を考えると、今の日本の状況は
夢のような幸せな状況なのではないかと思ってしまいます。

愛する人を戦争に奪われ、財産を奪われ、生きていく事さえ
大変だった時代からすると、今の不平不満の内容を聞いたら
呆れられそうな気もします。

既に手にしている幸福に気づき、それに感謝できるようになりたいものです。
また、自分の内の声に耳を傾け、自分の幸福を自分のものにできるように
他人の目や、評価より、自分を許し、自分を信じ、自分の声を無視することをやめ
幸せをなっていい許しを与えたいものです。

読んでいただいてありがとうございます。
生かしていただいてありがとうございます。
あなたとの出会いにありがとうございます。


スポンサーサイト
別窓 | わたしの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<実るほど、頭をたれる稲穂かなの話 | 色とこころとわたしの話 | 自分の問題⇒他人の問題=×の話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 色とこころとわたしの話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。